【ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド】第8話ネタバレと考察。徹底的に暴かれたサイラスの過去!! | Dramas Note

【ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド】第8話ネタバレと考察。徹底的に暴かれたサイラスの過去!!

出典:www.amazon.co.jp

作品紹介

【ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド】8話ネタバレと解説。手品師トニーが惨殺され、パーシーは行方不明に。サイラス以外に犯人が見当たらないので、フェリックスはサイラスを縄につないで公園に放置するのだった。果たしてサイラスは本当にトニーの殺人犯なのか?

© 2010-2020 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.
オフィシャルサイト

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2020年11月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

予告動画

スポンサーリンク

第8話「空の墓場」のあらすじ。

今回は前回の続きから。

トニー惨殺の嫌疑をかけられ、両手をブランコに縛りつけられて夜の公園に放置されているサイラス。

サイラス以外の5人は、彼の処分を巡って話し合いを行う。

ホープとハックは、サイラスの疑問行動を指摘していくのに対し、エルトンだけがサイラスの無罪を信じる。

サイラスは自分の身に危険を感じた時にしか暴力を振るっていないと。

だが、肝心のサイラスは事件の時にブラックアウト(記憶喪失)を起こしていて何も覚えていないという。

スポンサーリンク

第8話「空の墓場」

超ドメバ男だった? サイラスの父親。

サイラスは日常父親から暴力を受けていた。

そんなドメスティック・バイオレンスを振るう父親にも良い所はあった。

幼少期のサイラス。

彼の父はサイラスをラジカセの傍らに寝かせると、AC/DCの音楽を大音量にしてサイラスに聞かせ、その迫力を教えた。

だが、ある日父親の暴力に反撃したサイラスはやりすぎてしまった。

血まみれになった父親。

そしてサイラス一家の日常を知る隣人がサイラスを保護しようと訪ねて来たがそ、サイラスは追い返してしまう。

時間が経過して、サイラスが気付くと父は死亡してエンプティーと化していた。

その後、父親はサイラスの母を襲う。

サイラスは元父親を何回も殴って倒したが、そんなサイラスの姿を見ていた母親の目にサイラスは脅威としか映らなかったのだった。

別れ別れになる2人。

サイラスが、父親との事件に思いを巡らしている所を1体のエンプティーが襲いかかる。

ホープがエンプティーを倒してサイラスを助けた。

翌朝、アイリスがサイラスに「無実だと言ってくれたら信じる」とサイラスを庇おうとしたが、サイラスはただ「何も覚えていない」と繰り返すだけだった。

その結果として、サイラスはグループから離れて元の場所に戻る決心をする。

更に、エルトンも2人でいる方がサイラスの生存率が上がるとして、サイラスに同行する決意を固めた。

その決意をホープに語っている時、ついにホープはエルトンに自分がエルトンの母を殺したという真実を語る。

それは母を諦めきれず探そうとしているエルトンに、時間の無駄をさせないようにというホープのエルトンに対する思い遣りからだった。

母の死を知ったショックを隠しきれないまま、サイラスを無実だと信じるエルトンはサイラスの後を追う。

こうしてサイラスとエルトンはアイリス達一行から別れたのだった。

スパイだったハック。

クーブリック中佐の部屋に報告に訪れるハック。

時間より多少遅れて到着したと覚しきハックに、クーブリック中佐は「父さんの…」と言って時計を渡す。

違う可能性もあるが、ハックとクーブリックは母子なのか?

アイリス(とホープ?)は、アセット(資産とか財産)と呼ばれてCRMの監視対象となり、クーブリック中佐がハックに同行を監視させているのだった。

原題The Sky Is a Graveyard 邦題 空の墓場 2020年11月20日配信

スポンサーリンク

第8話の感想と考察。

視聴者の予想のはるか斜め上を行く回でした。

6、7話とようやく面白くなってきて視聴者の期待が高まり、アイリスとホープの父親、もしくはリック主演の映画につながるストーリーが見られるのかと思いきや、今回は何と第3話では謎だったサイラスが過去にどんな事件を起こしたが明らかにあるというストーリーでした。

視聴者が知りたいのはむしろ、何故パーシーは消え、トニーは惨殺されなければならなかったのか?という点だったと思います。

クーブリック中佐が「お父さんの」と言って渡している時計は、第7話でハックが海兵隊員の死体をしている時に、また今回も少しハックの腕時計が見えますが、どうやらそれと同一の物のようです。

また最後の数分だけが面白い、に逆戻り。

Forbes紙のレビューでは

but the pacing is terrible and the show keeps flirting with the worst Walking Dead tendencies by making characters act like morons for no reason.

最悪のウォーキング・デッド、理由もなく馬鹿のように行動する、などと手厳しい。

馬鹿、間抜けを指すmoronはキツい英語表現。

またテンポが遅いのは視聴者が誰もが納得する所。

しかしながら

Maybe I just have Walking Dead fatigue, or maybe this one is just a really slow burn and will pick up toward the end and into Season 2. I’m still curious about the CRM stuff and the characters have grown on me. It’s slower but less aggravating than Fear The Walking Dead, which just offered up a truly mediocre midseason finale.

テンポが遅いのはエンディングとシーズン2に向けてであろう、そしてCRMの動向には関心があるとし、【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド】のミッドフィナーレ、つまり第8話よりマシとしています。

日本ではまだ【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド】シーズン6は配信されていませんが、現地では酷評されている様子。

果たして【ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド】残り2話はどういう展開に?