『TWO WEEKS』9話のネタバレ感想。はなちゃんが誘拐されて視聴者悲鳴!? | Dramas Note

『TWO WEEKS』9話のネタバレ感想。はなちゃんが誘拐されて視聴者悲鳴!?

TWO WEEKS(出典:Amazon)
 

『TWO WEEKS』9話。

柴崎は、大地のことをただ殺すのではなく、一番苦しみ方法で殺そうと考えていました。

そのために、すみれとハナをそれぞれに誘拐し……!?

ネットでは、2人とも助かってほしいと願う声で溢れています。

この記事では『TWO WEEKS』のネタバレ感想をお届けします。

『TWO WEEKS』ネタバレ感想

スポンサーリンク

『TWO WEEKS』9話のあらすじ

柴崎(高嶋政伸が事情聴取を受けている隙に、デジカメ動画のコピーを盗み出そうと自宅に忍び込んだ結城(三浦春馬

しかし、早穂子(黒木瞳が手を回したことで柴崎は早々に釈放され、結城は戻ってきた柴崎と鉢合わせてしまう。

ところが予想に反し、結城は無傷のまま部屋を出ることを許される。

去り際に柴崎がつぶやいた「お前が一番苦しむ方法で殺してやる」という不気味な一言が気になるも、急いで部屋を後にする結城。

灰谷(磯村勇斗の一件といい、黒幕・早穂子の権力の強さをまざまざと見せつけられた結城。

楓(芳根京子から、早穂子に重度の心臓病を患った息子がいると聞いた結城は、楓の力を借りて早穂子と直接交渉することに。

その結果、早穂子との間である取引を成立させるが、その様子を何者かが見ていて……。

出典:公式サイト

スポンサーリンク

『TWO WEEKS』9話のネタバレ解説

大地を一番苦しませる方法とは?

柴崎は、柏木愛を殺した容疑がかけられ、有馬刑事に任意同行されました。

柏木愛は、柴崎の元愛人。柴崎は柏木愛を殺した(1話)が、その罪を大地に着せた

有馬刑事が柴崎を取り調べている間、大地は柴崎の家に忍び込んで動画コピーを盗もうと試みます。

動画には、柴崎と久我議員の悪事の証拠が映っており、それがあれば大地の無罪が晴らせる

しかし、有馬刑事は上司から「これ以上、柴崎を拘束できない」と言われました。

上司が言うには、久我議員が柴崎のアリバイを証言したとのこと。

有馬は「ですが、柴崎が柏木愛のマンションから出てきた映像があるんです」と主張するも、柴崎は釈放されてしまいました。

すぐに釈放された柴崎が家に戻ると、なんと、動画コピーを盗もうとしていた大地と鉢合います。

大地を見た柴崎は「クズのお前が娘のためにここまでするとはなぁ。8年前にあれほど堕ろせと言っていた娘のために。ね、お父さん」と意味深な笑みを浮かべました。

続けて「行けよ。お前のことは一番苦しむ方法で殺してやるから」と言い、大地を逃がすのでした。

久我議員との取引き

柴崎から逃れた大地は、その後月島検事と合流。

月島は、これまで柴崎との関わりを隠してきた久我議員が、なぜアリバイ証言をしたのか不思議に思っている模様。

大地が「そもそも何で久我と柴崎は関わりがあるんだ?」と聞くと、月島は、久我議員の息子のことを話し始めました。

・久我には、重度の心臓病を患う息子がおり、今はアメリカで治療中

・久我が今進めている医療プロジェクトも息子のためだろう

・過去には、治験者が死亡しており、おそらく久我がもみ消した

話を聞いた大地は、久我に直接合わせてくれと月島に頼みました。

その後、大地は久我に直接会うことに成功。

大地は「何とか娘の命だけは助けてほしい。移植手術が終わったら、俺の命を自由にしていいから」と頼み込みます。

病気の子を持つ同じ親として、分かってくれるはずだと踏んだのでしょう。

・今後、久我のプロジェクトを一切邪魔しない

・過去の治験者死亡の件を公にしない

上記2点を条件と引き換えに、久我は大地の要求をのむのでした。

残酷な選択

柴崎は、大地が一番苦しむ方法で殺そうと考えていました。

まず手始めに、部下の灰谷にすみれを捕えて拘束するよう命じます。

灰谷は、すみれを捕らえた後、すみれの携帯から大地に電話をかけ「助けたければ地図の場所まで1人でこい」と脅しました。

大地はすぐに向かうも、そこには誰もおらず。

またすぐに灰谷から連絡があり「次はここに来い」と振り回される大地。

その頃、柴崎本人ははなの入院している病院に忍び込み、はなを外に連れ出しました。

柴崎は、大地にはなの声を聞かせ「すみれとはな、どっちを助ける?」と残酷な選択を強いるのでした。

黒木瞳のビンタに感銘!?

第1話から完全なる悪人として、怪演を見せている柴崎。

柴崎を演じる高嶋政伸さんの話によると、悪は悪でも、序盤と終盤では違いが出てきたと言います。

序盤は、高見の見物とばかりに、部下に指示をして操っていただけの柴崎。

しかし後半になると、焦りゆえに自ら行動をするようになっていき、その心境の変化を演じることにやりがいを感じたとのこと。

また、前回8話での黒木瞳さんのビンタについては「本気でぶつかってこられる演技に感銘を受けました」とインタビューで語っていました。

スポンサーリンク

『TWO WEEKS』9話の感想

今回の9話はとんでもないところで終わりましたね!

まさか柴崎が、病室からはなちゃんを連れ出すとは……。

はなは今、移植前の準備のために無菌室にいなければいけない状況。

それなのに連れ出されてしまって、とにかくはなの体調が心配です。

柴崎から「すみれと娘・はなのどちらを助ける?」と言われて、絶叫する大地の姿に胸が痛みました。

あまりにも残酷すぎる柴崎に、視聴者からも多くの悲鳴が上がっています。

どうにか2人とも助かってほしいですし、早くも最終回が待ちきれません。

ドラマ全体はヒリヒリした展開が多い中、撮影の合間には、こんなにほっこりする2ショットも♡

それにしても、ここ数話は大地が逃亡中だということを、つい忘れそうになります。

今回の9話でも、灰谷に指示されている時の大地は普通に町なかを走っていました(笑)

次回はいよいよ最終回!

絶体絶命の状況からどう逆転して2人(すみれとはな)の命を救うのか、とても楽しみですね。