『アンダー・ザ・ドーム』シーズン2【超ネタバレ】次々と変化するドームに翻弄される!一体そこで何が起きてる!? | Dramas Note

『アンダー・ザ・ドーム』シーズン2【超ネタバレ】次々と変化するドームに翻弄される!一体そこで何が起きてる!?

アンダーザドーム

© 2019 CBS Interactive. All rights reserved.

『アンダー・ザ・ドーム』シーズン2のネタバレ。

突如として巨大なドームに覆われたチェスターズミルという小さな町を舞台に、住民たちの秘密が次々と暴かれていくミステリードラマ。

そしてチェスターズミルが謎のドームに隔離されてから2週間。

謎は深まるばかり……。

住民たちが不安になるなか、外へ通じる道を見つけるも……。

『アンダー・ザ・ドーム』ネタバレ

スポンサーリンク

『アンダー・ザ・ドーム』シーズン2のあらすじ

ドディを殺した罪を着せられたバービーは、住人たちの前で絞首刑台に立たされていました。

死刑が執行されようとしていたその時、突然ドームがうなり声をあげ、次々と住人たちが気絶して倒れてしまいます。

ジュニアは、ドームがバービーの死刑に反対していると感じ、執行を取りやめます。

時を同じくして、ジュリアは湖で溺れている少女を救出していました。

見知らぬ少女が突然現れたことで困惑するジュリア。

そんな中、ドームが強力な磁気を発生させ、あらゆる金属製のものがドームに引き寄せられていく事態に陥り、死人やけが人が続出します。

次々とドーム内で起こる災害の中、バービーたちは生きる道を必死で探るのです。

スポンサーリンク

『アンダー・ザ・ドーム』のネタバレ解説

次々と変化するドーム

シーズン2からは、ドームが生きているかのように次々と変化し人々を混乱に陥れていきます。

1話では、強力な磁気を発生させてあらゆる金属類がドームに次々とくっついていきました。

死刑を執行されかけていたバービーは、手錠を掛けられたままだったので、ドームに手錠がくっついて身動きが取れない状態になってしまいます。

そこへ、保安官のリンダが手錠を外してバービーを助けますが、磁気に引き寄せられてきた自動車に挟まれてリンダは死亡。

次に、大量のイモ虫が発生したことでドーム内は作物ピンチに……。

食糧難が続く中、ドーム内に人体に有害な 真っ赤な雨が降り出しました。

科学者のレベッカによって赤い雨はやみましたが、次は 砂嵐が発生。

こちらは、巨大風車によって収めることに成功しました。

しかしドームの変化はまだまだ止まりません。

なんと今度は、 ドームが回転しはじめたのです。

それにより、上空の冷気が下がり街全体も冷凍庫のように気温が下がってきました。

ここで、ジュリアが大けがを負いますが、この気温を利用してバービーが救うという少しラッキーなこともありました。

最後はドームが収縮しはじめ、人々が圧迫死しそうになってしまいます。

生き残るには、どうにかしてドームを脱出しなければなりません。

バービーが出口を見つけ、人々の救出に乗り出すも、ビック・ジムが余計なことをして……と、1話から最終話までドームの動きにドキドキハラハラです。

シーズン2も主要キャストが犠牲者に

シーズン1に続き、シーズン2でも主要キャストが犠牲になっていきます。

中でも一番視聴者を悲しませたのは、アンジーの死だと思います。

ドームを発生させていると思われる卵を触れることが出来るのは選ばれし4名。

その中にアンジーも含まれていたのですが、アンジーがいなくなってしまったことで、彼らの手が必要な時に足りない!というちょっとしたトラブルも起こってきます。

リンダもアンジーと一緒に1話で姿を消してしまいました。

街のために、時に自分を犠牲にしてまで貢献していたリンダをここで死なせてしまうとは……とショックを受けましたが、ストーリーは意外にもリンダ抜きでもすんなりと進んでいきました。

死亡したと思われていたビック・ジムの妻ポーリーンも実は生きていて、バービーが一瞬外へ出た時に、一緒にドームの中に戻ってきます。

しかし、彼女もたくさんのヒントを与えてくれるという活躍の後、今シーズンで元カレ・ライルに刺されて命を落としてしまいました。

更にビック・ジムが暴走し、死人を増やすことになりますが、当のビック・ジムは度々窮地に陥るも生き残っているタフな男です。

謎の少女メラニー

突如湖に現れたメラニーは、ビック・ジム、ポーリーン、ライルと同級生で25年前に失踪した少女だったことが発覚。

昔の姿のまま現れるとは、どう考えてもつじつまが合いませんが、物語としてそこのところはあまり問題視されずに、みんなに受け入れられている感じで進んでいくのが少し不思議でした。

メラニーの健康状態は、ドームや卵と深くつながっているようなので、「絶対に本物のメラニーじゃない」と思うのですが、メラニー自身もなぜ自分が今この時代に蘇ってきたのか分からないようです。

外へとつながる道を発見するも…

アンジー殺害犯が特定できず、ジュリアは自分かも知れないと悩んでいましたが、実はサムが犯人でした。

サムは、ポーリーンが描いた絵を見て、ジュニア、ジョー、ノリー、アンジーの4人が死ねばドームが崩壊すると思い、アンジーを殺害していたのです。

サムの胸に引っかき傷を見つけたバービーは、彼が犯人だと気づきましたが、サムは「もう疲れた」と言い残し、崖から飛び降りてしまいました。

バービーは、サムを救出するために崖を降りましたが、見えない力に引っ張られて落下。

しかし、落ちた先はバービーとジュリアの故郷ゼニスだったのです。

ここで、思いがけずバービーの素性が明らかに……。

なんとバービーは大企業アクタイオン社社長の息子、いわばボンボンだったのです。

そして、バービーの父親も卵を追っているらしく、息子のバービーに対しても色々と裏工作してきます。

ドームの外へ出る道と、ドームの中へ入る道を見つけることに成功したバービーでしたが、ビック・ジムが勝手に卵を崖から投げ入れて自分たち家族の救出を優先したため、脱出口である崖が塞がってしまいました。

スポンサーリンク

【ミニ情報】バービー役のマイク・ヴォーゲルの私生活が素敵

バービー役を演じたマイク・ヴォーゲルは、モデルの仕事からスタートしました。

”リーバイス”の広告塔となっていた時期もあるイケメン俳優で、俳優として少しずつキャリアを重ね『アンダー・ザ・ドーム』で一躍スターの仲間入りを果たしました。

2017年に放送された『ザ・ブレイブ:エリート特殊部隊』では、メイン・キャストとなるアダム・ダルトン役を熱演。

戦場で戦う兵士を演じ、男らしさに拍車がかかりました。

端正な顔立ちの”ザ・ハンサム”なマイクですが、私生活ではデビュー間もない2003年1月にモデルで女優のコートニー・ヴォーゲルと結婚しています。

その後、3人もの子宝に恵まれ充実した私生活を送っているようです。

インスタグラムでは、子ども達とのプライベート写真をたくさん載せているようなので、こちらで素敵なパパぶりを見ることができますよ。

マイク・ヴォーゲルのインスタグラム→

スポンサーリンク

『アンダー・ザ・ドーム』シーズン2の感想

状況が目まぐるしく変わっていったシーズン2。

ドームの発生源を探るよりも、ドームで生き残る術や、脱出方法などがメインとなっていました。

そして、メラニーはじめ、ポーリーンやサム、レベッカなど新キャラクターも登場しましたが、サム以外は今シーズンで姿を消すことに。

ビック・ジムが容赦なくバッサバッサと自分に不利益な人物を殺していく姿が脅威です。

しかし、このビック・ジムのようなキャラが今後人々が生き残るキーマンとなっていくような気もします。

住人たちを連れて新しい出口へ向かったバービー。

そこに現れたメラニーに「ついてきて。帰るのよ」と言われてシーズン2が終了となりました。

果たしてその先に出口はあるのか?それとも……

シーズン3で打ち切りとなっているため、次のシーズンではすべてが明らかになるはずです。