【ヴァンパイア・ダイアリーズ】シーズン3のあらすじ・解説・感想 | Dramas Note
ホラー 恋愛ドラマ 海外ドラマ

【ヴァンパイア・ダイアリーズ】シーズン3のあらすじ・解説・感想

出典:www.amazon.co.jp

【ヴァンパイア・ダイアリーズ】あらすじとネタバレ感想。

シーズン3では、エレナとデイモンの距離が少しずつ縮まりデイモン派歓喜の展開となっています。

一方のステファンは闇落ちして殺人鬼に!?


クラウスの真の目的も浮き彫りになっていき……!?

スポンサーリンク

【ヴァンパイア・ダイアリーズ】シーズン3のあらすじ

【ヴァンパイア・ダイアリーズ】シーズン1あらすじと解説。キャストはイケメンづくし!?
【ヴァンパイア・ダイアリーズ】あらすじ・キャスト(シーズン1)。本作は、ヒロインとヴァンパイアの情感あふれる恋模様が見ど…
【ヴァンパイア・ダイアリーズ】シーズン2のあらすじ・解説・感想
【ヴァンパイア・ダイアリーズ】シーズン2のネタバレ解説。エレナとデイモンのキスシーンという衝撃的なラストで幕を閉じたシー…

エレナの弟・ジェレミーは、ある時から死んだビッキーやアンナの幻覚を見るようになりました。

ですが実は、ビッキーやアンナは幻覚ではくゴーストだったのです。

ジェレミーはボニーと交際中ですが、過去に愛したアンナが(ゴーストとして)現れたことで気持ちが揺さぶられていきます。

そしてついに、アンナとキスをしてしまうのです。

2人のキスを目撃したエレナが親友のボニーに報告すると、ボニーは深く傷つきます。

しかしボニーは、まずはゴーストが出入りできる扉を閉じることが優先だと判断し、扉を閉じることに専念するのです。

一方、クラウスに暗示をかけられたステファンは殺人鬼と化してしまい……!?

スポンサーリンク

【ヴァンパイア・ダイアリーズ】シーズン3のネタバレ解説

ステファンの闇オチ、再び

ステファンはクラウスに感情のスイッチを切るよう暗示をかけられてしまいます。

ヴァンパイアは感情をオン・オフできます。ただし場合によっては、一旦オフにするとなかなか感情を取り戻せないことも。

感情をオフにしたステファンは、クラウスの命令でエレナを襲って吸血し、エレナの心を傷つけてしまいます。

その後、クラウスの命令により殺人鬼と化したステファンは、次々と殺人事件を起こしてしまうのです……。

何とかステファンを見つけて助けたいエレナは、デイモンと共にステファンを探すことに。

ところがデイモンは、エレナを危険な目にあわせたくないという思いから、ステファンの手がかりを見つけても秘密にしていました。

新たな手がかりを入手したデイモンは、友人のアラリックを連れて事件現場に向かいます。

現場に残された遺体のあり方や残虐な手口は、過去(殺人鬼時代)のステファンが起こした事件と全く同じ。

よって犯人がステファンだと確信したデイモンは、エレナに「ステファン探しはもう諦めろ」と話します。

それでも諦め切れないエレナはステファンを探し続けますが、彼に直接「もう君には会いたくないから探すな」と言われてしまうのです……。

クラウスの狙いとは?

シーズン2でムーンストーンの呪いを解き、狼人間(以下、人狼)の能力を手に入れることに成功したクラウス。

クラウスは自分の仲間(ハイブリット)を増やすため、人狼を探すことに注力します。

ハイブリットとは、人狼とヴァンパイアの能力を同時に持つ者のこと。人狼にクラウスの血を飲ませて死亡させると、目覚めた時その人狼はハイブリットになります。

ステファンを連れて人狼のたまり場に赴いたクラウスは、次々と人狼に自分の血を飲ませては殺しました。

クラウスの血を飲んだ人狼たちは、目覚めた時にハイブリットになるはずですが一向にその気配はなく、皆そのまま死亡してしまいます。

手順どおりに仲間(ハイブリット)を作ったはずなのに失敗してしまったクラウスは怒り心頭。

なぜクラウスは、ハイブリットを作るのにこれほど必死なのか。

その理由は、オリジナル一家を撲滅しようとする父親から身を守るためでした。

クラウスは長年の間父親に追われており、戦力を整えるために多くのハイブリットを作ろうとしているのです。

そしてもう1つの目的は、家族を全員蘇らせてもう1度家族としてやり直すこと。その一心でクラウスは、これまで様々な悪事に手を染めてきたのでした。

一度はハイブリット作りに失敗したクラウスでしたが、その後正しい作り方を知ります。

①……人狼にクラウスの血を飲ませる

②……①の人狼を殺す

③……②の人狼が目覚めたあと、ドッペルゲンガーの血を与える(少量でOK)

③でドッペルゲンガーの血が必要だと知ったクラウスは、エレナを捕らえて大量の血を抜き取り血液パックに保存します。

クラウスは、今後もエレナの血が必要だと判断し、エレナの命を狙うことをやめるのでした。

ちなみに、ハイブリットになった者は、クラウスに対してサイヤの念を抱くことになります。

サイヤとは、自分をハイブリットに変異させた者に逆らえない呪縛のようなもの。ヴァンパイアの場合も、稀にサイヤになることがあるようです。

ハイブリット1号となったタイラーもやはりクラウスのサイヤにかかってしまい……!?

ステファンの過去

クラウスは初めからステファンに特別な何かを抱いている様子でしたが、実はそれには理由がありました。

かつて、クラウスとステファンは友人でかなり親しい間柄だったのです。

ところが、当時父親から追われていたクラウスは、ステファンと一緒にいるところを父親に襲撃され、逃げる間際にとっさにステファンに暗示をかけました。

「次に会う時まで、今日のことも俺のことも忘れろ」と。

友人だったクラウスに、今また暗示をかけられ感情をオフにしたステファン。

ステファンの感情を取り戻したいエレナは、ゴーストのレクシー(ステファンの親友)にステファンの感情を取り戻して欲しいと頼みます。

その後、無事に感情を取り戻したステファンでしたが、感情オフの時にやらかした数々の言動に罪悪感を抱き、以前のようにエレナと向き合えずにいました。

何よりステファンは、エレナがデイモンのことも愛し始めていると気づき、そのモヤモヤが消せずにいるのです。

スポンサーリンク

【ヴァンパイア・ダイアリーズ】シーズン3の感想

ついに!デイモン派歓喜の展開になってまいりました!♡

ステファンがクラウスに暗示をかけられ闇落ちしたことで、エレナの心に少しだけ隙が生まれます。

ほんの少しずつですが、エレナの心にデイモンが入り込んでいるのは間違いありません。

エレナはシーズン2のラストで、死の淵にいたデイモンに優しいキスをしていましたしデイモンのことが好き(Like)ではあるんですよね。

ステファンとの穏やかな愛を大切に思う一方で、きっとエレナにとってデイモンという存在は、衝動を突き動かす男性なのだと思います。

普段は意志を曲げないエレナが、2話でデイモンの身を案じて意志を曲げたこと。

6話でデイモンに戦い方を教わった時、デイモンに体を触れられるたびにエレナの心が反応していたこと。

デイモンとレベッカの密着場面を見て嫉妬したこと、10話でデイモンのキスを受け入れたこと。

中盤では、エレナの気持ちがデイモンに揺れているのが見るからに明らかでした。

デイモンに触れられたりアプローチをされるたびにエレナの心が動いているのが見て取れましたし、何よりエレナのトキめいた表情が巧くて見ているこちらもドキドキしました。

ただエレナは完全にステファンと別れたわけではないので、闇落ちから戻ったステファンとまた恋人関係に戻りかけます。

けれども、ステファンに「目を見てデイモンを愛してないと言ってくれ」と言われ、言うことができなかったエレナ。

19話にいたっては、気持ちを抑えきれず自分からデイモンにキスをしていましたし、このままだとエレナはデイモンと結ばれそうな予感がします。

シーズン4ではエレナがヴァンパアになってしまう展開とのことで、恋愛模様はもちろんのことストーリー自体もとても楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Dramas Note