ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第3話のあらすじと視聴率。後ろ向きな”新人類”にどう向き合うのか!? | Dramas Note

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第3話のあらすじと視聴率。後ろ向きな”新人類”にどう向き合うのか!?

わたし定時で帰ります/朱野帰子(出典:Amazon)
ドラマ『わたし、定時で帰ります』3話。

平成最後の日に放送された『わたし、定時で帰ります。』昭和、平成、令和と移り行く働き方改革。

今回は、誰にでもあった新人時代を思い起こさせるエピソード!?

『わたし、定時で帰ります。』3話のあらすじと視聴率をお伝えします。

『わたし、定時で帰ります。』

スポンサーリンク

『わたし、定時で帰ります。』3話あらすじ

巧からプロポーズされた結衣は、巧と待ち合わせして実家へ挨拶に向かおうとしていまいした。ところが、新人の来栖がファイヤーストロング社のCM撮影時に撮影した動画がSNSで拡散され炎上していることが発覚。両親との挨拶をドタキャンし、クライアントへ謝罪に向かいます。

連絡の取れない来栖でしたが、翌日何事もなかったように出社してきた来栖。みんなから責められるも、自分も被害者のような態度にあきれる結衣。しまいには、会社を辞めると言い残して去ってしまいます。

結衣は新人の扱いに悩んでいましたが、賤ヶ岳から結衣もかつては変わった新人だったと言われ、当時の自分と重ねつつ、レッテルをはらずに来栖自身を見て行こうと思い直します。

幸い、動画を見た人達が、興味本位で購入する人が続出。売れなくなるどころか、在庫がなくなるほどの売れ行きとなり、契約も続行してもらえることになりました。

そんな中、ランダースポーツという大手のスポーツウェアメーカーの創立20周年を記念したキャンペーンサイトのコンペに参加することになったネットヒーローズ。その担当に結衣が抜擢され、来栖も結衣のアシスタントとして参加することに。

社内会議で、来栖は”1歳から100歳まで、まとめてランダー”という、赤ちゃんからお年寄りまでランダーのユーザーに商品を着てもらって100人並ぶというアイデアを出しますが、ランダーにベビーやキッズの商品がない事からあっさり却下されてしまいます。

種田の企画で進んでいく中、結衣は、来栖のアイデアから種田とは違った視点のコンセプトを考え出しました。そして、そのプランをもってコンペに挑むのでした。

スポンサーリンク

『わたし、定時で帰ります。』3話の見どころ

新”新人類”来栖VS旧”新人類”結衣

今回は、新人の来栖がメインとなるストーリです。春に3人の新人が入ってきたネットヒーローズでしたが、2人はすでに退職。唯一生き残っている来栖ですが、事あるごとに「辞めようかなー。」という言葉を口にします。

そんな来栖が今回会社倒産の危機ともなるようなやらかしをしてしまいます。慌てる周囲をよそに、来栖は友人だけしか見れないグループチャットに動画を上げたところ、友人が勝手に転載し、拡散したと責任転嫁。反省の色を見せるどころか、自分は悪くないアピール全開です。

さすがの種田も「自分のせいじゃないと思ってるの?新人だからって許されるわけないじゃない。会社によっては即クビだぞ。」とお説教口調になってしまいます。そこでも来栖は、反省するどころか「分かりました。じゃあ、やめます。」と逆切れ状態。来栖の態度に頭を抱える結衣なのでした。

もうこんな社員だったら勝手にやめちゃえ!と思う人も多いと思いますが、結衣は来栖を見捨てませんでした。かつて、自分も賤ヶ岳から”新人類”と思われていた結衣は、来栖の良い所を挙げて励まします。

結果、ランダーのコンペを勝ち取った結衣。来栖も会社を辞めずに結衣と共に頑張ることを決めたのでした。

結婚へ向けても一歩進展の結衣

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第2話の見どころと感想。悩み多きワーキングマザーを結衣が救う!?
わたし定時で帰ります/朱野帰子(出典:Amazon) ドラマ『わたし、定時で帰ります。』2話。 ...…

改めて巧の実家を訪れる結衣でしたが、手作りにこだわる母にちょっと引いてしまいます。

シュークリームもケーキも手作りするという諏訪家。そんな家庭だと知らなかった結衣は手土産にシュークリームを持って来てしまうという、かなりベタなやらかしをしました。

「それでも、お店のシュークリームも美味しいわね!」と、温かい態度で接してくれる巧の母でしたが、もしこのまま結婚して嫁姑関係になった時に、結衣にかなりのストレスが押しかかってくるような未来が見えてしまい、ちょっと心配になりました。

3話の最後には、巧が他の女の子とバーベキューをしている姿をSNSで見てしまい動揺してしまう結衣。

今後2人の関係も波乱の予感!?

スポンサーリンク

『わたし、定時で帰ります。』3話の感想

会社を辞めたい新人がメインとなった3話。平成最後にふさわしいストーリーでした。ちょうど、そろそろ五月病になる人が出てくる時期。このドラマを見て、自分も頑張ろう!と元気をもらった人も多かったのではないでしょうか。

自分は、何も役に立たないと思っている来栖に、いる意味はある!と、来栖を勇気づけた結衣。

先輩から、褒められるってやっぱり嬉しいですよね。最後まで、悩んでいた来栖でしたが、社内だけでなく、クライアントからも気に入られたことで、モチベーションが一気に上がったようで本当に良かったです!

ラストは巧と結衣の関係に暗雲ただよう雰囲気となりました。結衣との電話を切った後の巧の表情や、結衣が仕事でドタキャンしたことを、体調不良だと両親に嘘をついていたりと、少しずつ2人の関係にズレが生じてきている気がします。

結衣とフットサルを楽しんだ種田の存在も気になります。今後三角関係に進展していくのでしょうか?結衣の恋愛事情もドキドキしながら見守りたいと思います。

『わたし、定時で帰ります』1話の視聴率は9.5%で2話の視聴率は10.4%で0.9%アップ。

3話の視聴率は6.5%でした(ビデオリサーチ調べ、関東地区)