【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第10話(最終話)。タッグを組んだのは意外な2人、様々な闇が浮き彫りとなっていく! | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第10話(最終話)。タッグを組んだのは意外な2人、様々な闇が浮き彫りとなっていく!

「ウェントワース女子刑務所」出典:www.amazon.co.jp

作品紹介

【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第10話(最終話)ネタバレと感想。ファーガソンの予備尋問の日が迫り、焦るヴェラ。刑務所内ではルーが密告者アリーに復讐心を燃やすのですが……。

© FremantleMedia Ltd.|© Hulu, LLC

オフィシャルサイト

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2021年4月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

関連記事を検索 ➤

関連作品
スポンサーリンク

【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第10話「内なる敵」あらすじ

ファーガソンの予備尋問が近づき、ヴェラはナーバスになっていました。

ミラー医師が予備尋問でファーガソンが記憶障害を患っていることを証言してしまうと、ファーガソンは無罪放免で釈放されてしまう可能性があるのです。

なんとかミラー医師に診断結果を考え直すように説得するも、2人の意見は対立したまま平行線が続いてしまいます。

刑務所内では、ルーに自分が所長襲撃犯を密告したと知られたアリーは身の危険を感じています。

密告者の名前は伏せられることとなっているのにどうして漏れてしまったのか、アリーは仲間に対し不信感を募らせていました。

そんな中、アリーはブーマー達からルーを襲った犯人がブーマーとルビー、ジュディだったと打ち明けられます。

今までの恨みが積み重なってアンに暴行を加えてしまったとジュディが謝罪し、反省の色を見せました。

一方で、ルーが隠し持っていた携帯電話が何者かに盗まれる事件が発生。

更に、レブの手術費用を溜めていた銀行口座からお金が全てなくなっている事も発覚します。

ルーは取り乱しレブを責めましたが、マリーから最後にファーガソンが使っていたのを見たと聞き、ファーガソンの部屋へ押しかけていきます。

全く身に覚えのないファーガソンは無実を訴えるも、ルーは無視して部屋の中を探します。

すると、ファーガソンが大切に隠し持っていた金魚が見つかったのです。

動揺するファーガソンとルーはもみ合いになり、金魚の入った瓶は床に落ち割れ金魚も死んでしまいました。

取り乱し割れた瓶で手が血だらけとなってしまったファーガソンでしたが、この一件が幼少期の記憶を取り戻すきっかけとなるのです。

【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第10話のネタバレ解説

シーラとマリーVSルー

ルーは、レブの周りをうろつくシーラを目障りに思う一方で、シーラは自分が無実だという事をレブに証言してもらいたいと思っていました。

レブは自分が施設でレイプされたことを、ルーはもちろんのこと他の誰にも知られたくないので協力しようとするのですが、ルーに対しての気遣いもあり悩んでしまいます。

シーラが9人も毒殺したという事に興味を示していたマリーは、シーラに近づいて詳しく話を聞くことに。

するとシーラは、医者が集団自殺を指揮して療養所に放火して自殺した、自分は冤罪なのだとマリーに訴えかけます。

マリーはシーラに理解を示した上で、ルーの存在はレブへの影響が大きすぎると話しました。

ルーに反感を覚えているシーラとマリーの距離が少し近づいていきます。

レブは、ルーの事を全面的に信頼していましたが、マリーから「ルーはレブの性転換手術を望んでいないからいつも邪魔ばかりし計画をダメにしている、一緒にいるとレブ自身もダメになる」と忠告を受けます。

更に、シーラからレブがレイプされていたのをルーは傍観していたのだと聞かされ、ショックを受けたレブはルーを追求します。

ルーは、今まで隠していた秘密を知られてしまいました。

ルーはレブに、「施設にいた自分は臆病で医師の事を救世主だと信じていたが、レブへの行為がきっかけで考えが変わった。自分が医師を殺した」と打ち明けます。

更に全員に毒を飲ませ、療養所を焼き払ったとも話しました。

そう、シーラに着せられていた罪は全てルーが犯人だったのです。

何もかも自分のためにやったのだと知ったレブは、再びルーへの信頼を取り戻していきます。

そして絆が戻った2人の怒りは、自分たちのお金を盗んだと疑うアリーに向けられていくことになるのです。

内なる敵は誰!?

ルーが独房にいる間、携帯電話が何者かに盗まれる事件が発生し、ルーは預けていたレブの不注意だと責めマリーが仲介に入ります。

マリーは、レブと自分の息子を重ね合わせていて、放っておけないようです。

マリーの証言により、犯人がファガーソンだと疑ったルーはファガーソンを攻撃しました。

しかし、犯人は別の人物でした。

アリーはヴェラに頼んで監視カメラを見せてもらい、部屋に出入りしていたのがジュディであると確認します。

犯人はジュディだったのです。

ハッキング能力に優れているジュディは、ルーのお金を自分が政府に引き渡されないよう戦う資金にしようとしていました。

反抗がバレてアリーにブチ切れられたジュディは、すぐに返金する手続きをするといいます。

それを聞いたアリーは、イライラしながら携帯をベットに投げ部屋を出て行きますが、この行為はトップ・ドックとしてちょっと詰めが甘かったのです。

その場で返金するのを確認し、電話を取り上げていたら……。

この詰めの甘さが、アリー自身を危険にさらす伏線となってしまいます。

ジュディはお金を返金するどころか、自分のために使います

暗殺者を雇い、自分をアメリカに送還させようとしている米国防長官を射殺させ、ルーの4万ドルを暗殺者に支払ったのです。

そして、遂にはシャワー室でアリーをナイフで突き刺して殺害を図るのでした。

ファーガソン完全復活か

大切な金魚を失ったファーガソンは、金魚の入った瓶で手が血だらけとなってしまいました。

しかし、血で染まった手を見て、幼少期に父が母を殺すところを目撃したことを思い出します。

ヴェラは、これで記憶障害の診断も覆せると思いましたが、「幼少期のトラウマは思い出すが、近い過去を思い出すことは難しいのが記憶障がい者の特徴だ」と、ミラー医師は診断を覆す意思を示しませんでした。

それでもヴェラは諦めきれず、予備尋問当日にも車に乗り込もうとするミラー医師を引き留め、診断結果をもう一度考え直すよう説得します。

今まで散々ひどい目にあわされてきたヴェラと、直接被害に遭っていないミラー医師の間には、かなりの温度差があり、ヴェラがどんなに頑張っても溝は埋まりそうにありません。

結果、予想通りミラー医師は予備尋問でファーガソンの記憶障害の診断に同意してしまいました。

落胆したヴェラは、待機室で着替えているファーガソンをガラス越しに眺めながら、リンダにファガーソンの頭に袋をかぶせるよう指示を出します。

ファガーソンは袋を被せられて錯乱状態となり、その中で過去がフラッシュバックしていきます。

そして、袋を外されたファーガソンは鏡に映った自分の姿を見て、「私はジョアン・ファーガソン。私は怪物だ。」と呟いたのです。

【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第10話の感想

最後の最後でファーガソンの記憶が蘇りました

予備尋問で記憶障害と認定されたファーガソンが、裁判となった時にどのような行動に出るのかドキドキです。

今まで散々悪だくみを重ねて色々な人を不幸のどん底へ陥れてきたファーガソン。

次回から彼女の本領発揮となりそうです。

アリーはかなりの重症を負ってしまいましたが、このままいなくなってしまうのか?

トップ・ドックとしては優しすぎたアリーですが、元気に復活してくれることを願います。

記憶が薄れる中アリーが目にしたのは、アリーを殺す気満々で来たルーの姿でした。

結局ルーは何もしていませんが、この一瞬見た記憶により、次のシーズンで荒れる予感がします。