【贅婿[ぜいせい]】31話・32話・33話のネタバレ感想|寧毅が2度目の結婚!? | Dramas Note
スポンサーリンク

【贅婿[ぜいせい]】31話・32話・33話のネタバレ感想|寧毅が2度目の結婚!?

アジアドラマ

【贅婿[ぜいせい]~ムコ殿は天才策士~】31話・32話・33話のあらすじ。方天雷は寧毅がスパイかどうかをテストするため、劉西瓜と結婚させることにしました。そして結婚当日になり……。この記事では、ネタバレ感想をお届けします。

「贅婿[ぜいせい]」公式サイト(BS11)

スポンサーリンク

31話のあらすじネタバレ

©New Classics Media

耿直を弔った後、寧毅は彼の書いたロマンス小説を読み始めました。

それは、耿直と楊女将の物語でした。寧毅は読みながら声を震わせて泣いてしまいます。


方天雷の妻は、寧毅と劉西瓜の婚姻を提案しました。しかし、方天雷の妹は「寧毅は董将軍のスパイかもしれない」と反対します。

方天雷はスパイかどうかをテストするため、寧毅と劉西瓜を結婚させることにしました。

もしも寧毅がスパイならば、8陣営すべてが集まる婚儀の隙をついて董将軍に攻めさせるはずです。

方天雷はすぐに寧毅を呼び出し、檀児と離縁し劉西瓜と結婚するよう命じます。

一方で、結婚を知った劉西瓜は乗り気ではありませんでした。

しかし、方天雷から「寧毅は8陣営全員に命を狙われているが、お前の婿になれば誰も手出しはできなくなる」と説得されます。

それでも、劉西瓜は 寧毅と檀児の仲を引き裂きたくはなかったので、寧毅に「ことが済めば、お前と夫人は元の関係に戻れる」と言いに行きました。

寧毅が部屋に戻ると、檀児は怒ったふりをして結婚について問い詰めます。寧毅は結婚と見せかけた芝居だと説明しました。

翌日に結婚を控え、8陣営の全員に結婚招待状が配られます。

そんな中 方天雷は陳凡を投獄し、婚儀が終わるまで出すなと命じました。

スポンサーリンク

31話の感想

寧毅が耿直のロマンス小説を読みながら泣いて声を震わせる姿に、こちらももらい泣きしてしまいました。

寧毅にとってただの護衛ではなく、かけがけのない友人のような存在だったのでしょう。

そしてまさか、寧毅と劉西瓜が結婚することになるとは!

もちろん、寧毅にとってはただの芝居でしょうが、それを知らない陳凡にとっては辛いはず。

陳凡は投獄までされてしまい不憫すぎます。

劉西瓜は本当は寧毅のことが好きだろうに、寧毅を困らせないために告白は嘘だったと言ったり、寧毅を家族ごと守ろうとする姿にキュン。本当にかわいくていい子です。

一方で檀児が2人の婚姻を知っても冷静でいられるのは、寧毅への揺るぎない信頼があってこそでしょうね。

スポンサーリンク

32話のあらすじネタバレ

©New Classics Media

寧毅は陸紅提に、警備が手薄になる明朝に霖安を攻撃するよう董将軍に伝えさせました。

一方で、方天雷は攻撃に備えて各城門に火薬を運ばせていました。


檀児は、足かせがない方が寧毅がしっかり務めを果たせるだろうからと離縁状を用意します。

寧毅は離縁状にサインしたあと、「いつか君に償う」と誓って抱きしめました。

婚儀が始まると、参加者たちは賑やかに2人の結婚を祝い酒を飲み交わします。

寧毅が劉西瓜の待つ部屋へ送られた直後、方天雷は部下たちを連れて城門で攻撃に備えました。

寧毅は部屋に入るとすぐに婚礼服を着替えました。

そんな彼を見て、劉西瓜もこの結婚は芝居だと再認識したのかすぐにいつも通りに戻ると、亡き両親のことなどを語り明かします。

そうこうしているうちに朝になりました。

方天雷は、一晩経っても董将軍の攻撃がなかったため寧毅はスパイではなかったのだと思い、部下に撤収を命じ、投獄していた陳凡も解放しました。

外は大雨。陳凡はすぐに劉西瓜の元へ向かおうとしますが、部下から「寧毅を殺せば、劉西瓜が寡婦に」と止められます。

次の瞬間、陳凡が外の異変に気づくと、門から官兵(董将軍の軍)が押し寄せてきたのです。

スポンサーリンク

32話の感想

ついに董将軍が乗り込んできました。結婚式の夜ではなく早朝に仕掛けさせたのは、寧毅の読み勝ちでしょうね。

ただこれで、劉西瓜と陳凡がどうなってしまうのか……。

寧毅のことだからなるべく犠牲を出さないよう手を打っているとは思いますが、それでも、彼がスパイだと知ったら劉西瓜は傷ついてしまいそう。

一方の檀児は、結婚は芝居だと理解していても胸中はつらいはずです。早くこの一件が落ち着き、2人がまた夫婦に戻れると良いのですが。

スポンサーリンク

33話のあらすじネタバレ

©New Classics Media

*一部、シーンが前後しています。

城門が破られ、董将軍の軍が霖安に突入。

方天雷は陳凡に「劉西瓜を見つけてここを出ろ」と命じた後、倉庫へ向かうと雨漏りで火薬がダメになっていました。

方天雷は火薬に頼らず戦うしかなくなり、大軍に立ち向かうが敗北して投獄されてしまいます。

その後、董将軍は倉庫で水浸しになった火薬を見つけました。

しかしよく見てみると、ほとんどの火薬は防水布でガードされていたため無事だったのです。

倉庫を雨漏りさせたのも、防水布でガードしたのも寧毅。
方天雷に火薬がダメになったと思わせるため、入口付近の火薬だけ水浸しにし、他の火薬は武王朝が使えるよう防水布で守っておいたのです。


宣威営で幽閉されていた女性たちを解放しようとした楼舒婉は、その部屋で鲍文翰の隠し財産を見つけました。

楼舒婉は女性たちを連れ、宣威営の賊数名とともに逃げます。

その頃 寧毅は、陳凡と劉西瓜を馬車に乗せ霖安を脱出しました。

山中で目覚めた劉西瓜は、自分たちが惨敗したのは寧毅がスパイ(密偵司)だからではないかと感づきます。

劉西瓜が問い詰めると、寧毅は密偵司だと認め 彼女の平手打ちを受け止めました。

劉西瓜は「軍師になってから本心を言ったことはあるのか。自分に言ってくれたことは全て嘘だったのか」と問います。

寧毅は「確かに自分の行動には裏があったが、劉西瓜や陳凡に対する情義は本物だ」と答えます。

劉西瓜は絶対に寧毅を許さないと泣き崩れ、「去れ」と叫びました。


霖安は平和を取り戻し、その知らせは皇帝に届きました。

また、方天雷に霖安を占領するよう命じたと思われる賀太師にも知らせが届きます。

賀太師は配下から「方天雷を始末しておくべきでは?」と進言されましたが、すでに捨て駒だから気にすることはないと答えます。

一方、寧毅たちはようやく蘇家に帰ることができました。

スポンサーリンク

33話の感想

結局、方天雷がどんな人物だったのかよくわからないまま捕まりましたが、劉西瓜を守ろうとしていたことから本当の娘のように思っていたみたいですね。

それにしても、劉西瓜が傷つく姿には胸が痛みました。これは、寧毅は恨まれても仕方ありません。

こんなに劉西瓜を傷つけた寧毅を、陳凡も許さないでしょう。

ただ、寧毅も国のために間違ったことはしていないようにも思えますし、誰が悪いわけでもないのに友情が壊れてしまったこの展開は辛いものがあります。

そんな中でも笑えるシーンがあったのが救いで、次男父子の役割が倉庫の屋根を壊すことだったのが面白かったです。

かつて、彼らが檀児への嫌がらせで倉庫を雨漏りさせたことが今になって役に立つとは!

残り3話は蘇家での穏やかな暮らしが描かれると良いのですが、果たしてどうなる!?

©New Classics Media

本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービス公式サイトにてご確認ください。