【贅婿[ぜいせい]】28話・29話・30話のネタバレ感想|霖安での戦い | Dramas Note
スポンサーリンク

【贅婿[ぜいせい]】28話・29話・30話のネタバレ感想|霖安での戦い

アジアドラマ

【贅婿[ぜいせい]~ムコ殿は天才策士~】28話・29話・30話のあらすじ。またしても霖安を脱出できなかった寧毅は、秦嗣源に重大な任務を依頼されこの町に残ることにしましたが……。この記事では、ネタバレ感想をお届けします。

「贅婿[ぜいせい]」公式サイト(BS11)

スポンサーリンク

28話のあらすじネタバレ

©New Classics Media

方天雷は鲍文翰が私腹を肥やした証拠として帳簿を持ってこさせるが、楼舒婉がひそかに帳尻を合わせていたため帳簿に問題はなかった。命拾いした鲍文翰は楼舒婉を信用し、彼女に帳簿の管理を任せることにした。

劉西瓜は方天雷に、寧毅の友人たちを霖の町から出してやりたいと相談する。しかし、方天雷は「董将軍が軍を率いて霖に向かっている緊急事態の今は 誰であっても外出は禁止」だと言う。

その頃、蘇仲堪と文興は、陳凡に寧毅の親戚だと訴えるが信じてもらえず痛い目に遭っていた。そこに耿直が助けに現れ、寧毅や檀児とも再会。

文興たちはこれまでの苦難を語り「馬車を奪った女(陸紅提)を見つけたら八つ裂きにしてやる」と言った瞬間、ちょうど陸紅提が現れる。

だが、陸紅提は寧毅の姉ということになっているため、文興はこれ以上の追及ができなかった。その後もずっと、文興は陸紅提のことが気になって仕方なかった。

そんな中、寧毅の知人一同と劉西瓜と陳凡が集まり真実ゲームを楽しんでいた。

そこへ楼舒婉が訪ねてくる。檀児は楼舒婉に「一緒に江寧に帰ろう」と誘うが、楼舒婉はここに残って生き抜くと決めていた。

一方で寧毅は方天雷に呼び出され、家族を助けて欲しければ俺の力になれと強要される。

スポンサーリンク

28話の感想

楼舒婉は短時間でどうやって帳簿を合わせたのだろうと少し疑問でしたが、もともと商家の娘なので帳簿に詳しいのでしょう。

このおかげで鲍文翰の信用は得られたものの、彼女自身は鲍文翰に心を開いていないように見えました。そんな状態で鲍文翰のもとに残るなんて、本当に大丈夫なのだろうかと心配してしまいます。

一方、ずっと踏んだり蹴ったりだった蘇文興たちがやっと寧毅らに再会できました。

文興が陸紅提のことを、例の刺客じゃないかと疑うくだりはとても面白かったです。周囲の演者もよく笑わずに演技できるなと感心してしまったほど。

これからも文興のコメディパートに期待したいところです。

スポンサーリンク

29話のあらすじネタバレ

©New Classics Media

方天雷は寧毅に、家族を町の外に出してほしければ、民のリーダー的存在である銭希文の降伏を説得しろと強いる。説得に失敗すれば家族を殺すと言われた寧毅は承諾するしかなかった。

銭希文の牢屋。寧毅は外の見張りに気づかれないよう銭希文に霖の状況を伝え、とりあえずこの場では降伏するフリをしてもらった。

それにより、方天雷は寧毅の家族を霖の外に出すことを許可する。

銭希文は民の前で方天雷に降伏することになっていたが、結局投降を拒んだため方天雷に殺される。

その頃、寧毅一行は霖を出ようとしていたが、到着した董将軍の軍が攻撃してきたため出られなくなった。

(董将軍は秦嗣源の配下)


方天雷は単身で董将軍のもとに乗り込み、董将軍の部下の首をいくつか届けた。そして、自分に手を出せば軍需庫と町全体が無事では済まないと脅して帰る。

一方で、秦嗣源派の者が賀太師に買収され情報を漏らしていた。それに気づいた左大臣は、賀太師の屋敷に乗り込み暴言を吐いたところを皇帝に見られて投獄される。

秦嗣源は、7日以内に霖を取り戻せなければ北伐の望みは薄くなるため寧毅に頼ることにした。


寧毅は霖から出られなかったことを鳩に八つ当たりしていたが、檀児から「ここに残った以上は力を尽くしたらどうか」と助言される。

また、陸紅提経由で秦嗣源から以下のことを依頼された。

  • 董将軍と協力して霖を攻略すること
  • 軍需庫を奪還すること

とはいえ、寧毅と陸紅提の二人だけでは何もできないため他の密偵司を集めることに。

寧毅は密偵司の合図となる匕首の図案を衣に刺繍し、楼家布店を開店した。図案を目にした密偵司が楼家布店に集まり、さらに楼舒婉も数人の部下を連れてやってくる。

スポンサーリンク

29話の感想

文興たちは1台しかない馬車に真っ先に乗ろうとする小物っぷりが、彼ららしくて笑えました。

寧毅は秦嗣源から霖を攻略するよう頼まれていますが、もし実行すれば劉西瓜や陳凡と対立してしまうことに。せっかくこれまで良い友好関係を築いてきたのに、それが壊れてしまうかもしれないと思うと少し辛い展開です。

ただ方天雷に関しては、平気で人を殺めたりする残酷な面や野心もあり あまりいい人には見えないため、結果的に寧毅が秦嗣源サイドについて霖を救うことは正解なのかも!?

それにしても、方天雷と董将軍が知り合いなのは意外でした。元々は仲間だったのでしょうか。

スポンサーリンク

30話のあらすじネタバレ

©New Classics Media

檀児の刺繍だと気付いて楼家布店にやってきた楼舒婉は、織り機と夢を檀児に託す。そして、自分の力で生きのびるつもりだと改めて檀児に語った。


劉西瓜は約束通り寧毅の家族をすぐ外に出してやると言う。しかし、秦嗣源から重大な任務を依頼されている寧毅は、いまは霖を出る気はなかった。

その後、寧毅は部屋の外で会った耿直に、もしも自分がいなくなっても檀児だけは守ってくれと頼む。

その会話をたまたま聞いてしまった檀児はその後1人で涙を流し、翌朝は寧儀のために料理を作り、彼を見送った。

夜。密偵司たちと合流した寧毅は、計画どおりに軍需庫を奪還しようとするが中は空だった。罠だと気づき外に出ると、鲍文翰たちに包囲されていた。

寧毅は自分だけが仲間に逃がされるが、追ってきた鲍文翰にやられそうになってしまう。そこへ、耿直が現れる。

耿直は必死で寧毅を守ろうとしたものの、鲍文翰にはかなわず殺されてしまった。ほぼ同時に、寧毅は銃で鲍文翰を撃ち殺した。

この一件の報告を受けた方天雷は寧毅を殺そうとするが、劉西瓜が寧毅をかばう。

「なぜ寧毅を守ろうとする」

「好きだから」

それを聞いた方天雷は寧毅を殺すのをやめた。

鲍文翰が死亡した今、宣威営の大半の者は楼舒婉に忠誠を誓っていた。地道に買収していたおかげで、今や陣営内での発言権は楼舒婉にある状態だ。

一方で、耿直の死を知った一同は悲しみながら弔った。

スポンサーリンク

30話の感想

まさか耿直が亡くなってしまうなんて……。優しく純粋でおちゃめな彼は、登場するだけで癒される素敵なキャラクターでした。耿直には最後まで寧毅のそばで生き生きと過ごしてほしかったのに、とても残念です。

一方の劉西瓜はまだ寧毅への想いを諦めていなかったようです。告白を間近で聞いてしまった陳凡がショックそうな顔をしていて胸が痛みました。

残り6話でどのようにドラマが終着するのか読めませんがハッピーエンドを期待したい!

©New Classics Media

本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービス公式サイトにてご確認ください。