【13の理由】シーズン3ネタバレ(最終話)遂に明かされるブライス殺しの真犯人!続編が決定?どんな内容⁉︎ | Dramas Note

【13の理由】シーズン3ネタバレ(最終話)遂に明かされるブライス殺しの真犯人!続編が決定?どんな内容⁉︎

©Netflix

【13の理由】シーズン3ネタバレ解説(最終話)

怪我をしているブライスの元に現れたのは、意外な人物でした。

逮捕されたクレイやモンゴメリーの結末とは?

この記事では【13の理由】シーズン3第12話のネタバレ解説や伏線回収と共に、続編に関する情報をご紹介します!

【13の理由】シーズン3あらすじ(最終話)

“一級性的暴行”と“殺人の可能性”で連行されたモンゴメリー。

モンゴメリーは囚人服を着て刑務所の廊下を歩き、面会に来ている父親の元へ行きます。

そこで自分はゲイだと告白しますが、父親は皮肉にもモンゴメリーの顔に唾を吐いたのです。

一方でクレイは、GPSを付けられながらも仮釈放されました。

アニはクレイの無実を証明するために、ある計画を持ち出して実行に移します。

スポンサーリンク

【13の理由】シーズン3(最終話)超ネタバレ!

現場に残された不審な足跡

警察署内では、アレックスの父親が事件現場の写真から不審な足跡を発見します。

雨で地面が濡れていたせいでハッキリとは残っていないものの、乱闘でこすったブライスの足跡とは別に引きずった足跡が残されていました。

右足を骨折していたザックの足跡と思われましたが、左足を引きずった跡もあったのです。

アレックスの父親はあることを思い始め、現場に残されたタイヤ痕についても調べ始めました。

後にそれは、彼の妻の車のタイヤと一致することが判明したのです……。

ブライスとモンゴメリーの確執

【13の理由】シーズン3全話エピソード一覧。随時更新中!
【13の理由】シーズン3ネタバレと解説。 秘密、悲劇、薬物、恋愛、性などに関する若者の...…

対抗試合直前、ブライスはリバティー高校のロッカールームへ行き、タイラーに2度と近づかないようモンゴメリーを脅しました。

仲間だと思っていたブライスに脅されたことに腹を立てたモンゴメリーは、試合中執拗にブライスを追い回します。

しかし、ブライスは全く相手にしてくれず、そのままバス乗って行ってしまいました。

行き場のない虚しさを感じながら、ブライスが乗ったバスを見送ったモンゴメリーは、過去にブライスのパーティで殴ったウィンストンと駐車場で遭遇しました。

そして、モンゴメリーはそのままウィンストンの家に行き、同じベッドで寝たのでした。

ブライスを殺したのはこの人!

ザックに殴られて動けないでいる、ブライスの目の前に現れたのはアレックスでした。

「なんでお前がここに?」と聞くと、後ろにはジェシカの姿が。

ジェシカはブライスと会う約束をしていましたが、2人きりでは会いたくなかったためアレックスを呼んでいたのです。

ブライスは血のついた手で胸元からテープを取り出し、ジェシカに渡しました。

アレックスとジェシカはそのまま立ち去ろうとしますが、ブライスは助けて欲しいと必死に2人を引き止めます。

その日は11月のとても寒い日だったため、このまま朝まで外にいれば凍死してもおかしくありません。

このまま放っておけばザックが逮捕されると思ったアレックスは、手を貸すことにしブライスの元へと歩み寄ります。

その時、ブライスの顔は怒り憎しみで満ちていました。

ブライスからザックへの復讐心を感じ取ったアレックスは、思わずブライスを海に投げ落としてしまいます。

突き飛ばされたブライスは必死で浮き上がろうとするも、やがて沈んでいったのです……。

アレックスとジェシカは目を合わせながら、このことを誰にも言わないことを約束し、一緒にいることも避けるようにしたのです。

アニの証言と証拠の捏造

アレックスの過失を知ったクレイとアニは、仲間に協力してもらいアレックスを守る計画を実行します。

アニは1人で警察署へ向かいました。

1度目の取り調べでは母親が同行していたため、アニは本当のことを話していませんでしたが、今回はこれまでにあったことすべてを赤裸々に話しました。

タイラーの銃撃未遂事件、ジャスティンの薬物依存、アレックスの住居侵入事件、トニーの両親の強制送還、クレイとブライスの喧嘩の真意……。

それを踏まえた上で、モンゴメリーがタイラーに強◯した件に関して、ブライスと試合直前に揉めていたことを話しました。

それがブライスを殺す動機になるとも……。

実はアニ達は逮捕されたモンゴメリーを、犯人に仕立て上げる計画を企てたのです。

そこでアニは事件があった時刻の全員のアリバイを以下のように話しました。

  • ザックはブライスと喧嘩した後クロエの元へ行った。
  • ジャスティンは密売人からヘロインを買いハイになっていた。
  • トニーはメキシコの売人と密会していた。
  • ジェシカはアレックスと一緒にブライスに会いに行った。
  • 部屋で寝ていた。
  • アレックスは情緒不安定になっていたタイラーを支えるため一緒にいた。
  • アレックスはジェシカと一緒におり、タイラーは部屋に1人でいた。
  • クレイは1人でドライブしていた。
  • アニと一晩中ドライブしていた。

ここからアニは、消去法でブライスを殺した犯人はモンゴメリーだと断定しました。

また、アニは警察に再度モンゴメリーのロッカーを調べて欲しいと頼みます。

実は、ジェシカがブライスから受け取った、血のついたカセットテープをチャーリーに託し、モンゴメリーのロッカーの中に忍ばせていたのでした。

モンゴメリーが獄死?このまま事件解決?

アニの話を聞いていたアレックスの父親は、取り調べ用のテープを途中で止めました。

現場に残された足跡とタイヤ痕から、息子の過失にうっすら気付きつつも、仲間で口裏合わせをして必死にアレックスを守ろうとしてくれたことに涙を浮かべます。

アレックスの父親はアニに、モンゴメリーが数時間前に獄中で殺されたことを伝えました。

ブライスのテープ

警察でのアニの証言が終わると、クレイとジャスティンの部屋に一同が集まりました。

ジェシカは全員にブライスのテープを聴いて欲しいと言い、複製したものを再生し始めます。

皮肉にもハンナと同じように、薄暗い部屋で録音をするブライス。

ブライスは、かつてハンナやジェシカ以外にも数多くの女子生徒を強○したことを正直に告白し、全校集会でジェシカが話していた言葉をそのまま語りました。

「少しずつ破片を拾い、鏡を作っていることに築く。破片を繋げば繋ぐほど、自分が見えてくる。たぶん それら破片を一緒に拾えば、やっと真実が見える。」

出典:Netflix公式【13の理由】シーズン3第13話から引用

ブライスは壊れた破片を拾い集めながら、更生の道を進んでいたことを一同は知ることとなりました。

スポンサーリンク

【13の理由】シーズン3感想

【13の理由】シーズン3(最終話)の感想

息子の過失に気付き、警察の立場でありながらも息子を冤罪にしようとする表情に胸がジンとしました。

ティーンならではの悩みや弱さを露骨に出している作品ですが、そんな彼らを作ってしまったのは両親を始めとする大人たちのような気がします。

親として、彼らに与えられるものはすべて与えていたのでしょうか。

勿論子育てに正解はありませんが、きちんと子供と向かい合い本音で話していれば、こんなことは起こらなかったのかもしれません。

そういった意味では、希望の光が見えたのはブライスとノラの親子です。

ポーターの仲介のもと初めて壁を越えられた彼らは、ブライスが殺されることもなく、もっと時間をかけていれば、より良い関係を築きブライスも更生の道を進んでいたかもしれません。

【13の理由】シーズン3全体を通した感想

シーズン1・2と比べ、社会問題に踏み込んだ壮大なシーズンでした。

ハンナの自殺の時はそれぞれの過失によるものでしたが、シーズン3は移民や親の問題など外的要因による過失が大きかった気がします。

まだまだ高校3年生の彼らにとって、抱えるものは大きかったはずです。

事件は獄死したモンゴメリーが犯人ということで幕を下ろしましたが、冤罪という重荷を背負ったままクレイたちは暮らしていくことにあります。

希望を信じていますが、果たして彼らは報われるのでしょうか。

彼らの今後がとても気になります。

スポンサーリンク

【13の理由】続編が決定!内容は?

【13の理由】シーズン4が決定すると同時に、最終シーズンとなることが発表されました!

配信日はまだ未定ですが、撮影・制作はもう始まっているようです。

内容についてもまだ公開されていませんが、ファンの間ではシーズン4についてどんな話になるのか予想がされています。

  • 海から大量の銃が引き上げられましたが、タイラーの銃撃未遂事件は公になるのか?
  • ウィンストンが亡きモンゴメリーの冤罪を晴らすのか?
  • トニーの両親の強制送還の行方は?

以上の伏線回収がシーズン4で展開されると推測しています。

シーズン1・2ではハンナの死、シーズン3ではブライスの死を巡って物語が展開されていきましたが、集大成となるシーズン4で、2人の死が意味のあるものになって欲しいと思います。