【13の理由】シーズン3第4話ネタバレ。ブライスは銃殺されていた?本当に人は変わることができないのか⁉︎ | Dramas Note

【13の理由】シーズン3第4話ネタバレ。ブライスは銃殺されていた?人は本当に変わることができないのか⁉︎

©Netflix

【13の理由】シーズン3第4話のネタバレ解説。

ブライスは銃殺されたというネット上の書き込みがありました。

そんな中、ある人物が銃を一丁所持していることが判明したのです。

この記事では【13の理由】シーズン3第4話の見どころとネタバレ解説をご紹介します。

【13の理由】シーズン3第4話

第4のキーマンは、シーズン2でモンゴメリーから激しいいじめを受け、精神的ショックから“銃撃未遂事件”を起こしたタイラーです。

クレイたちに救われ、徐々に復調の兆しを見せていたタイラー。

ガンコレクターだったタイラーが、また同じような過ちを犯さないよう、クレイとトニーが銃を処分したはずでした。

しかし彼は、何かあったときのためにと銃を一丁だけ隠し持っていたことが判明したのです。

タイラーはそのことをトニーに正直に話し、もう使う必要がなくなったから処分したいと話します。

そんな中、ブライスの死因は“銃殺”だと言う書き込みがネットに上がりました。

クレイたちはタイラーを疑わざるを得ません。

タイラーにはブライスを殺す動機があったのか?

スポンサーリンク

【13の理由】シーズン3第4話の見所

ブライスとタイラーの共通点とは?

いじめっ子だったブライスと、いじめられていたタイラー。

ブライスの子分のような存在であったモンゴメリーにいじめられていたタイラーは、ブライスは因縁の相手でもありました。

しかし、2人には精神面においてある共通点があったのです。

彼ら2人の共通点とは何だったのか?

2人がブライスの部屋で話しているシーンにヒントが隠されています。

タイラーの8ヶ月間の成長に感動してしまう?

【13の理由】シーズン3全話エピソード一覧。随時更新中!
【13の理由】シーズン3ネタバレと解説。 秘密、悲劇、薬物、恋愛、性などに関す...…

銃未遂事件”のあと、タイラーはトニーの強引な勧めでボクシングを始めます。

始めた当初は弱々しく、パンチにも力がなかったタイラー。

しかし、8ヶ月の間たくさんの気持ちの整理をする中で、痛みを止める自分なりの方法を見つけました。

8ヶ月経ったリング上でのタイラーの姿は、8ヶ月前と全く別人です。

人を傷つけることでしか痛みを止めることができなかったタイラーが、リング上で怒りを爆発させる姿に思わずウルっときてしまうことでしょう!

スポンサーリンク

【13の理由】シーズン3第4話のネタバレ

タイラーにはブライスを殺す動機があった

タイラーが“銃撃未遂事件”を起こした春祭りの日、タイラーが銃を所持していたことを知っていたのは、クレイ、トニー、ジェスティン、ジェシカ、アレックス、ザック、アニの7人。

しかし、実はブライスもタイラーが“銃撃未遂事件”の犯人だということを 知っていたのです。

ザックからその事実を知らされたタイラーは、警察に通報されることを恐れていました。

クレイたちも、その口止めのためにタイラーがブライスを殺したのではないかと疑い始めました。

実際、タイラーは隠し持っていた銃を持ってブライスの部屋に乗り込みました。

しかしブライスは、銃口を向けてきたタイラーに”春祭りの件は今後も警察に通報する気は無い”と伝えたのです。

理由はジャスティンのためでした。

弟のような存在であったジャスティンを傷つけたことを後悔していたブライスは、彼が守り抜いたものを壊すことは望んでいませんでした。

「彼らはいいやつだ、俺もそんな仲間が欲しいよ。」

悲しげな顔でそう言うブライスを、タイラーは撃つことが出来ませんでした。

人の死を生きる活力に

タイラーが隠し持っていた銃を処分するため、クレイはタイラーの部屋にやってきました。

そして、彼のパソコンから水死体となったブライスの写真を何枚も見つけたのです。

これを見たクレイは、タイラーの犯行とみて詰め寄りますが、タイラーは犯人ではありませんでした。

彼はブライスの遺体の第一発見者で、匿名で通報をした人物だったのです。

実はタイラーは、変わることは不可能だと思い、飛び込み自殺をしようと川に行っていたのです。

そこで自分をいじめていたブライスの遺体を目の当たりにし、急に肩の荷が降りたように死にたくなくなりました。

「生きたいと思った。」と涙するタイラーは、ブライスの死を生きる活力としていたのでした。

スポンサーリンク

【13の理由】シーズン3第4話の感想

かつて因縁の関係であったブライスとタイラーですが、今は同じ境遇に悩む似た者同士でした。

2人とも、誰からも必要とされていない“孤独”な存在という点で共通していたのです。

今まで、仲間に恵まれていたブライスが初めて“孤独”というものを味わい、かつての自分の行き過ぎた行動に深く反省しているようでした。

ただ、生きていなければやり直すこともできません。

ブライスは人は変われないと絶望していましたが、時間はかかれど人は必ず変われると思います。

生きて自分と見つめ合い、変わりたいと思えたタイラーに安堵すると同時に、やり直すことができなかったブライスが残念です。

スポンサーリンク

【13の理由】シーズン3第5話の見所

タイラーの容疑が晴れると、ブライスは銃殺ではなく殴打による死であることが警察の調べで分かりました。

鈍器のようなもので殴られた形跡があり、遺体のあった川沿いに武器がないか警察が捜査しています。

その報道を知りクレイとトニーは硬直しました。

“銃撃未遂事件”でタイラーから没収した銃を、そこに捨てていたからです。

一方、アレックスは警察官の父親と川沿いに行きます。

そこで血痕とブライスの車が発見され、本格的に殺人事件として捜査を乗り出すことになりました。

また、川の中から大量のステロイドが引き上げられました。

それを車の中から見ていたアレックスは「ヤバい。」と言って焦り出します。

果たしてアレックスは何を焦っているのでしょうか……?

次回のキーマンはアレックスです!