【4分間のマリーゴールド】ネタバレ(1・2話)大人気恋愛漫画の実写化にインスタで話題に⁉︎ 主題歌や相関図を徹底解説! | Dramas Note

【4分間のマリーゴールド】ネタバレ(1・2話)大人気恋愛漫画の実写化にインスタで話題に⁉︎主題歌や相関図を徹底解説!

4分間のマリーゴールド視聴率ネタバレ

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

【4分間のマリーゴールド】ネタバレ(1・2話)

福士蒼汰が主演で大人気恋愛漫画を完全実写化!

死の運命が見えてしまう救命救急士は、運命を変え愛する人を救うことが出来るのか?

この記事では、【4分間のマリーゴールド】ドラマの概要や相関図、1・2話のネタバレを徹底解説します!

【4分間のマリーゴールド】はparaviで観れます

【4分間のマリーゴールド】あらすじ

幼い頃に母を亡くし、その後父の再婚相手の義母とその連れ子である沙羅と家族になり、同じ屋根の下で暮らすみこと

実はみことには、手を重ねた人の最期の瞬間が見える”という特殊能力を持っているです。

救命救急士として働くみことは、患者の最期が分かるも運命を変えられない現実に歯がゆさを感じていました。

そんな中、みことは義姉・沙羅の最期を知ってしまいます。

許されない恋とわかっていながらも密かに沙羅を思い、沙羅の幸せを心から願うみことは、この残酷な運命を変えようとしますが……。

原作は、”キリエ”の漫画『4分間のマリーゴールド』。

小学館の新人コミック大賞・青年部門で大賞を受賞した大人気恋愛漫画です。

“生と死”をテーマとし、変えられない運命に立ち向かう感動の愛の物語が始まります。

スポンサーリンク

【4分間のマリーゴールド】作品詳細

作品概要

放送期間

2019年10月11日〜

放送日時

毎週金曜 22:00〜22:54

放送局

TBSテレビ

原作

キリエ『4分間のマリーゴールド』(小学館ビッグスピリッツコミックス刊)

登場人物詳細

花巻みこと(福士蒼汰)

手を重ねるとその人の運命が見えてしまう救命救急士。

父の再婚により、義母と連れ子の3人と兄弟になる。

花巻沙羅(菜々緒)

マリーゴールドのように愛される、みことの義姉。

花巻廉(桐谷健太)

家族思いな大黒柱の、みことの義兄。

花巻藍(横浜流星)

料理上手な、みことの義弟。

【4分間のマリーゴールド】主題歌

【4分間のマリーゴールド】の主題歌は、平井堅さんの新曲【#302】です。

平井堅さんがドラマ主題歌を手がけるのは今作が18作目で、TBSドラマの主題歌を手がけるのは約2年ぶりのこととなります。

“生と死”をテーマに、みことと沙羅の禁断の恋とマッチングした、切なくも美しい楽曲です。

平井堅さんはドラマの主題歌を手がけるにあたり、以下のようにコメントしています。

物語が、とてもスリリングに展開していくラブストーリーなので、どんな曲にしようか悩んだのですが、“自らの身を削るほどに、焦がすほどに相手を想う気持ち”というところを共通項に、ドラマと並走するような、もう一つのラブストーリーを紡ぐつもりで書きました。僕自身もドラマを楽しみにしていますし、曲共々皆様に届くことを願っております。

出典:TBSドラマ【4分間のマリーゴールド】公式サイトより引用

タイトルにある“4分間”の意味は?

救命救急士にとって、呼吸が止まって“4分間”が正念場と言われています。

つまり、救命における生死を分かつタイムリミットは“4分間”であり、主人公・みことにとって人の命を救えるか左右する重要な時間なのです。

スポンサーリンク

【4分間のマリーゴールド】公式Instagramも大人気!

 

この投稿をInstagramで見る

 

4分間のマリーゴールド【公式】TBS金曜ドラマさん(@4mari_tbs)がシェアした投稿


【4分間のマリーゴールド】公式Instagramも大人気です!

フォロワーは既に8.9万人おり、花巻家の日常をお届けしています。

ドラマでは見せないようなキャストたちの仲睦まじいオフショットや、ゲストの紹介もされています。

ドラマとともに、Instagramもチェックしてみてくださいね!

【4分間のマリーゴールド】公式インスタグラム

スポンサーリンク

【4分間のマリーゴールド】ネタバレ解説(1・2話)

みことはどうして救命救急士になったの?

みこと・廉・沙羅・藍の4人は亡くなった父の墓参りに向かいます。

義理の父親でありながら、廉・沙羅・藍が本当父親のように慕ってくれていることに、みことは嬉しくなりました。

墓参りをしていると、みことは先日助けた患者のことを思い出します。

父と同じ症状でしたが、当時自分が何もできなかったことをずっと後悔していました。

そんなみことに沙羅は、彼の優しさを尊敬していることを告げます。

みことは、「誰かのために苦しむのは俺が弱いからだ。でも誰かのためになろうとするのは、姉さんのおかげ。」と言います。

子供の頃、父の死を悲しむみことを沙羅は優しく抱きしめ、勇気付けてくれたのでした。

そのおかげで、みことは救命救急士になろうと思ったのです。

沙羅の運命

昔の思い出を語り合うみことと沙羅。

「あの時、手の大きさを比べたことを覚えてる?」と言いながら2人は手を合わせます。

するとみことが見えたのは、1年後の今日、28歳の誕生日に亡くなるという沙羅の最期だったのです。

みことは、もしこれが運命だとしても沙羅だけは失いたくないと思うのでした。

変えられない運命

藍が慕っていたおばあちゃんが緊急搬送されました。

みことは患者の最期のビジョンから病気を把握していましたが、救命救急士の意見は聞いてもらえません。

結局、みことが見えた通りの最期を迎えてしまうのでした。

そしてみことは、変えられない運命、受け入れないといけない運命に悔しさを募らせました。

スポンサーリンク

【4分間のマリーゴールド】感想(1・2話)

【4分間のマリーゴールド】1話視聴率は10.3%、2話視聴率は7.8%でした(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

ごくありふれた日常生活を描きながら、人の“生死”を描いたとても綺麗な内容でした。

愛する人がすぐそばにいることの有り難さ、今を生きていることは決して当たり前ではないということ、生きている上で大事なことを伝えてくれるドラマです。

花巻家の人たちは家族思いで心が優しくて、とにかくみんな良い人!

だからこそ、みことが見てしまった沙羅の運命は切なかったです……。

素敵な家族だからこそ、ついハッピーエンドな結末を期待してしまいました。