【武則天-The Empress-】あらすじネタバレ45話・46話。 | Dramas Note

【武則天-The Empress-】あらすじネタバレ45話・46話。

©2014 ZheJiang Talent Television & Film Co., Ltd. All Rights Reserved

 オフィシャルサイト


【武則天-The Empress-】45話・46話。

陛下に毒杯を飲まされたはずの武媚娘と李牧は、なぜか生きていました。

陛下に会うために戦場に向かった武媚娘は、陛下のピンチを目にしてしまい……!?

この記事ではネタバレ感想をお届けします。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】ネタバレ45話

あなたの愛には来世でこたえる

【武則天 The Empress】あらすじ全話一覧。キャストも総まとめ!
【武則天 The Empress】あらすじ全話エピソード一覧。中国で歴代1位(時代劇部門)の視聴率を記録し、絢爛豪華な衣…

毒杯を飲んで意識を失った武媚娘が目を覚ますと、同じく死んだはずの李牧が同じ部屋にいました。

李牧いわくここは城外で、陛下が2人の死を偽装して宮中の外に逃がしてくれたとのこと。

実は陛下は、こたびの出征に命を賭す覚悟でおり、仮に戦から戻ってきたとしても老い先が短いため、李牧に武媚娘を託すことにしたのです。

しかし李牧は、武媚娘の心の内を察したのか「どこへ行くかは自分で決めろ」と言って別れを告げました。

武媚娘は、別れ際に李牧を後ろから抱きしめ、あなたの愛には来世でこたえると伝えて去るのです。

後宮の様子

古株妃たちが全員死亡した今となっては、後宮は徐慧の独断場です。

とはいえ、女官の中には、徐慧を甘く見て「彼女の天下は長くは続かない」などとコソコソ話す者もいます。

それを聞いた徐慧は、女官たちの舌を切って掖庭送りにするよう命じました。

その頃。

稚奴ちぬのもとに皇太子妃がやってきて、新たな妃たちが到着したことを伝えました。

その中のひとりであるしょう氏を見た稚奴は、武媚娘の面影を感じたのか思わず「武ねえさん」と口走ってしまいます。

天真爛漫な蕭氏をますます気に入った様子の稚奴。

皇太子妃は、そんな稚奴を見て険しい表情を浮かべるのでした。

戦場に到着した武媚娘が目にしたものとは?

李牧と別れた武媚娘は、陛下に会うために北の戦地へと向かいますが、その途中で北の賊軍に襲われてしまいました。

すると、ずっと後ろで守っていたらしい李牧が現れて助けてくれます。

さらに、戦地に向かっているらしい呉王・李恪とも遭遇するのです。

偵察中の陛下が大軍に囲まれたと聞いた武媚娘たちは、陛下を助けるために戦場に向かいます。

武媚娘が到着すると、敵将が陛下のいる方角に向かって毒入りの砲弾を投げ込みました。

続けて大量の毒矢が放たれ、陛下がピンチに……。

じっとしていられない武媚娘は陛下を助けようとしますが……!?

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】ネタバレ46話

李牧一族への恩赦

大量の弓矢が陛下に放たれますが、兵たちが盾になってくれたおかげで陛下の命は助かりました。

そこに武媚娘が現れて、2人は再会を喜びますがすぐに敵軍がやってきます。

そこで李牧は、陛下と武媚娘を馬で逃がし、自身は1人で敵軍を食い止めることに。

李牧は大勢の兵を相手に渾身の力で戦うも、最期は槍に突かれて命を落とします。

武媚娘は、逃げる途中で何度もうしろを振り返り、泣きながら李牧の最期を見届けました。

陛下と武媚娘は無事に軍営に戻れたものの、毒矢が深く刺さってしまった陛下は意識を失ってしまいます。

しかし、武媚娘が夜通し看病をした甲斐あって、陛下は目を覚ましました。

その後。

李牧の墓を作った武媚娘が供養をしていると、陛下が現れてともに供養をすると言います。

李牧は謀反人の子孫ですが、陛下の命を救った功に免じて、一族の罪は赦されることになりました。

武媚娘の申し出

戦において負け知らずだった陛下は、今回の戦いで命を失いかけた悔しさから、絶対に“安岩城”を落としてみせると宣言をします。

しかし、実のところ敵に勝てる見込みは薄く、唐の死傷者は増えるばかりです。

そんな現状を不安視した武媚娘は、遠回しな手を使って陛下に諫言をして怒らせてしまいます。

それでも武媚娘は食い下がり、長安(都)に戻ってくださいと進言しました。

「心残りのない人生などつまらない」という魏徴の言葉を思い出した陛下は、武媚娘の諫言を聞き入れることにします。

こうして陛下たちは、戦を撤退して長安に戻ることになったのです。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】感想45話

陛下は、武媚娘と李牧の死を偽装して宮中から逃がすという決断をしました。

陛下は自分がもっと若ければ、武媚娘を手放さないという決断をしたかもしれませんが、老い先短い自分のそばに置くよりも自由に生きてほしいと思ったのかもしれませんね。

久しぶりに登場した徐慧は、すっかり悪い顔に。

妃たちの中で一番高い位となり陛下もいない今、後宮は彼女の独断場です。

武媚娘が生きて帰ってきたときに、徐慧がどのような反応をするのかが見どころですね。

一方で稚奴は、皇太子妃とは相変わらずギクシャクしているようですが、新たな側室・蕭氏を気に入った模様。

蕭氏は、見た目はそれほど武媚娘に似ていませんが、天真爛漫なところは確かに似ている気がします。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】感想46話

武媚娘は、ただじっと待っているだけのヒロインではなく自分から動く女性です。

陛下に会いたくて戦にまで赴くとは、その行動力と勇ましさに驚かされました。

女帝ともなる人はやはり凡人とは言動が違う!

武媚娘は決して弱い女性ではないのに、周りの男性が守りたくなる魅力ある女性なのでしょうね。

最期まで武媚娘を守りぬいて亡くなった李牧もしかり。

陛下も数え切れないほど彼女を守ってきましたし、稚奴も武媚娘を守るために皇太子になりました。

知らず知らずのうちに味方が増えている武媚娘ですが、まだまだ平穏な日々とは程遠く、きっと後宮に戻ったら徐慧との戦いが始まる気がします。

※次回47話・48話のネタバレ感想はこちら。

【武則天-The Empress-】あらすじネタバレ47話・48話。
【武則天-The Empress-】25話・26話ネタバレ感想。北に出征していた陛下が宮殿に戻ってきました。徐慧は喜びま…

記事内画像:公式サイト