PR
PR

「キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー」のファーストルックが公開

キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー,ニュース TOPIC

2025年公開予定の「キャプテン・アメリカ」シリーズの最新作「キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー」のファーストルックと最新映像が公開されたと米各誌が報じています。

本作からはサンダーボルト・ロス役を故ウィリアム・ハートから引き継ぐ形でハリソン・フォードが演じ、シーラ・ハースやリヴ・タイラーも戻ってきます。

PR

「キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー」の最新映像が公開

©︎Marvel

米各誌によれば、マーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギはアンソニー・マッキーと共にシネマコンのステージに立ち、「キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー」の約10分間の映像を公開したとのこと。

公開された映像はホワイトハウスから始まり、サム・ウィルソン(ファルコン)は、大統領となったハリソン・フォード演じるサンダーボルト・ロス(サディアス・ロス)を見つめます。

ロスはウィルソンに対し、「キャプテン・アメリカにアベンジャーズの再建を手伝ってほしい」と申し出ました。

次のシーンでは、大統領の演説中に観客席に座っていた元スーパー・ソルジャーのイザイア・ブラッドレーがロスを暗殺しようとしています。

PR

ブラッドリーはマインドコントロールされているようです。ウィルソンは「我々の内部は構成されている」と話し、ロスは「君はスティーブ・ロジャースじゃない」と主張します。すると、ウィルソンは「その通り、私は違う」と答えました。

PR

「キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー」でハリソン・フォードがマーベルデビューを飾る

©︎Marvel

「キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー」では、「インディ・ジョーンズ」シリーズで知られるハリソン・フォードがサンダーボルト・ロス(サディアス・ロス)を演じます。

サンダーボルト・ロス(サディアス・ロス)は、2008年の「インクレディブル・ハルク」から2019年の「アベンジャーズ/エンドゲーム」まで、ウィリアム・ハートによって演じられました。

しかし、2022年3月にウィリアム・ハートが他界したため今後のキャスティングが心配されましたが、ハリソン・フォードが引き継ぐことになりました。

現在、ロスは米国大統領に選ばれているものの、新キャップとそれほど衝突することはありません。

実際、シネマコンにて公開された最新映像ではロスはサム・ウィルソン(ファルコン)をホワイトハウスに招き、彼のヒーロー的な行動に感謝しています。

画像左からシーラ・ハース、リヴ・タイラー
©︎Shira Haas ©︎Liv Tyler

こうして「インクレディブル・ハルク」から戻るのは、ロスだけではありません。アメリカ政府の一員であるルース役のシーラ・ハースはもちろんのこと、ロスの娘ベディ役としてリヴ・タイラーが戻ってきます。

さらに、「インクレディブル・ハルク」でバナーの血により突然変異を起こした後にS.H.I.E.L.D.に保護されたサミュエル・スターンズ、通称リーダーをティム・ブレイク・ネルソンが再び演じます。

とはいえ、サム・ウィルソン(ファルコン)を演じるアンソニー・マッキーによれば、マーベルファンが「キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー」に備えて「インクレディブル・ハルク」を見直す必要はないとのこと。

それというのも、「キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー」は明確なリセットだからです。この映画はこのユニバースが何であり、このユニバースが何であろうとしているのかという考えを再構築するものだと、マッキーは米誌Entertainmentのインタビューで明かしました。

タイトルの”ニュー・ワールド・オーダー”にもあるように、本作では新しくより大きな敵が登場し、ロスたちが征服しなければならない新たなフロンティアが存在していることを暗示しています。

「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」から「アベンジャーズ/エンドゲーム」までの敵は、常に善対悪でした。それを征服した今ロスたちはどこへ向かうのか、悪者が再び登場する時はどんな形で現れるのか、新たなキャラクターとストーリーラインがここから始まります。

「キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー」は、2025年2月14日(現地時間)に全米で劇場公開されます。2024年4月現在、日本での劇場公開日は未定です。