最終回【霓裳(げいしょう)】37話・38話・39話・40話のあらすじ ネタバレ 感想 | Dramas Note
スポンサーリンク

最終回【霓裳(げいしょう)】37話・38話・39話・40話のあらすじ ネタバレ 感想

霓裳,ネタバレ,キャスト,あらすじ華流
ⓒYouku Information Technology(Beijing) Co., Ltd.

最終回【霓裳(げいしょう)~七色に輝く虹の如く~】37話・38話・39話・40話のあらすじとネタバレ感想。袁道成は、謝家の濡れ衣事件をすべて蘇功銘になすりつけるため自害に見せかけて殺害します。さらに、霓裳も拉致されそうになりますが……。

「霓裳(げいしょう)」オフィシャルサイト

スポンサーリンク

37話のあらすじネタバレ

霓裳(謝小霓)は袁道成の腹心の部屋に侵入し、過去の濡れ衣事件の記録を持ち出しました。それをおもての帳簿と照らし合わせるため、今度は宮市局の帳簿を手に入れる必要があります。

そんな中、協力者の謝楓が宮市局の帳簿を手に入れました。洛王がその帳簿を確認したところ、破綻はありませんでしたが蘇功銘が当時倉庫に出入りした記録が残っていたのです。

洛王は帳簿を複製して戻しておくよう小琴に命じます。

その時、洛王府に囚われていた傅三児が逃亡しようとして失敗。再び囚われた傅三児は、高家の物置きに隠し部屋があると白状します。

それを聞いた洛王は、高璇と袁道成を屋敷に招待して引き止めている間に、高家の隠し部屋を探そうと思いつきました。

一方で袁道成の腹心である阿黙は、蘇功銘を自害に見せかけて殺害します。これは、謝家の濡れ衣事件を蘇功銘1人になすりつけるために袁道成が命じたことでした。

蘇功銘の死を知った蘇文宇は、自害ではなく裏があると確信し蘇功銘の部屋を探ります。すると、父が生前に残した手紙を見つけました。

その手紙には、かつて蘇功銘が袁道成の命令に従い謝家を貶めたことが書かれていたのです。

一方で洛王は例の計画を決行すべく、袁道成と高璇を屋敷に招きます。ところが、洛王の計略に気づいた袁道成は洛王府に向かう途中で引き返しました。

スポンサーリンク

37話の感想

まずは蘇功銘が退場しました。袁道成が保身のために蘇功銘を切り捨てるだろうことは最初の頃から予測できたので、これは想定内。

おそらくは、顔文秀も用済みとなれば袁道成に捨てられるのでしょう。

洛王サイドも証拠はかなり揃っているので決着がつく日も近い気がします。

スポンサーリンク

38話のあらすじネタバレ

元香が拉致されたという文書でおびき出された霓裳は、顔文秀とその配下に捕らえられそうになりました。そこへ、謝楓が助けに現れます。

霓裳は逃げる途中で姉の謝楓だと気づき、2人は涙の再会を果たします。しかし、すぐに追っ手に追いつかれてしまい、崖に追い詰められた2人は一緒に飛び降りました。


街なかで高璇の馬車を見かけた傅三児は、金を奪ってやろうと思い馬車の下に隠れます。すると、高璇を乗せたその馬車は袁道成の屋敷に到着しました。

高璇が部屋に入ると、袁道成は証拠品をすべて始末したかと確認した後、高璇を毒殺します。それをこっそり覗いていた傅三児は怖くなって逃げ出しました。

霓裳が崖から落ちたことが知れ渡り、入札大会は中止になりました。袁道成はなぜか突然辞職すると言い出し、洛王や公主は不信感を抱きます。


香草堂の特性香料に興味がある袁道成は、顔文秀に入手を命じました。しかし、香草堂と折り合いの悪い顔文秀は自分の代わりに蘇文宇にやらせてみてはどうかと提案。

袁道成は蘇文宇を呼びつけ、没落寸前の蘇家を助ける代わりに香草堂の特性香料を手に入れるよう命じました。蘇文宇はすぐに実行し、入手した香料を袁道成に献上します。

スポンサーリンク

38話の感想

ようやく霓裳と謝楓が再会できました。崖落ちだから2人とも生きていると信じたいですが、謝楓は霓裳の下敷きになるような体勢だったので、もしかしたら助からないかも……。

一方で袁道成は、前回は蘇功銘を、今回は高璇を始末しました。霓裳が自ら仇を倒さなくても、わざわざ袁道成が始末してくれるので ありがたいといえばありがたいですね。

そしてやはり、蘇文宇はまだ霓裳が好きでしたか……。彼が香草堂の香料を奪ったのは、おそらく何か考えがあってのことでしょう。

スポンサーリンク

39話のあらすじネタバレ

何者かに告発された袁道成は大理寺に連行されました。到着すると霓裳が現れ、4年前に袁道成が蘇功銘と結託して謝家を陥れたことを訴えます。

洛王も登場し、賄賂や横領の証拠を提出しました。また、袁道成が高璇を殺した証拠として、目撃者の傅三児を召喚します。

しかし、袁道成はまだ罪を認めようとしません。

その時、蘇文宇が現れます。

蘇文宇は袁道成の横領の証拠として注文書を提出。さらに父の遺書も出し、謝家が陥れられた件に袁道成が関わっていたことを証明します。

これらの証拠により、袁道成は投獄されました。

蘇文宇は自分の罪も自白し(申藍殺しの件)投獄されます。

霓裳は獄中の蘇文宇に会いに行き、助けてくれた礼を言いました。

霓裳は実家に戻り、位牌を並べながら謝楓の死を回想して悲しみます。

(2人一緒に崖から飛び降りた際、謝楓は下敷きになったため助かりませんでした)


袁道成の処刑が決定し、顔文秀は落ちぶれた袁道成を見に行きました。すると、脱獄を手伝わなければ道連れにすると言われます。

顔文秀は袁道成の腹心と結託して蘭昭公主を拉致し、公主と袁道成の身柄交換を洛王に要求しました。

スポンサーリンク

39話の感想

やはり、蘇文宇は霓裳のために動いてくれていました。彼には残念な言動もありましたが、根は善人ですし、申藍殺しの件も今までずっと苦しんできたのでしょう。

一方、袁道成の件はこれですっかり決着がついたかと思えば、まだ諦めていなかったとは。悪役が野放しになるとは考えられないので、きっと最終話には報いを受けるはず。

それにしても、せっかく再会できた謝楓が亡くなっていたなんて……。崖落ちしても生きているのが中国ドラマのお約束なのに、こんな結果になってしまい残念です。

スポンサーリンク

最終回(40話)のあらすじネタバレ

人質交換をした瞬間、袁道成たちは再び公主を人質にとり洛王に襲い掛かりました。

激しい戦いとなる中、ひそかに待機していた劉子瑄が洛王を援護します。

その結果、袁道成とその腹心は死亡しました。

1ヶ月後。

霓裳、承天、元香は、斬首が決定した獄中の顔文秀に会いに行きました。

錯乱した様子の顔文秀は、かつて雲錦荘の火事で師匠を死なせたことを認めます。

入札大会が再開され、霓裳は父が残したレシピをもとに 家宝の幻彩羅を披露し覇者に選ばれました

その後、香草堂に一同が介し、翌日帰国する公主は劉子瑄との結婚を報告し別れを告げました。


霓裳は謝氏商行を再開し、かつての家職や侍女が戻ってきます。

そんなある日、承天は唐突に元香の頬にキスをし、求婚しました。

2人の結婚には洛王が助力し、小路と小琴のカップルも一緒に婚礼を挙げることに。

2組の結婚は晴れやかに終わり、洛王も霓裳に求婚します。

しかし、王妃になれば商いに専念できないと考える霓裳には迷いがありました。

洛王はそんな彼女の気持ちを汲み取り、商人として成功するまで待つと告げます。

それから時が経ち、承天と元香の間には子が生まれ、2人はわい州で雲錦荘の支店をいくつも営んでいました。

霓裳も謝家の再興を成し遂げ 忙しくしていたある日、洛王が再び求婚しにやって来ます。

霓裳は涙を流し求婚に応じました。

スポンサーリンク

最終話(40話)の感想

結果的に悪人は全員死亡しました。と言っても、そのほとんどは袁道成が始末してくれたのですが。

霓裳の周囲の人間はほとんどが幸せな結末を迎え、うまくまとまった最終話といえそうです。

公主役の楷旋は【双花伝】では壮絶な人生を歩みましたが、本作では幸せになれて良かった!

また、小路と小琴の2人も【花不棄】では死に別れてしまいましたが、本作では結ばれて喜ばしい限りです。

承天と元香も結ばれましたね❣️

2人の幸せは微笑ましい限りでしたが、せっかくのラブシーンも元香の顔芸に全て持っていかれました。最後まで甘い雰囲気になりきらないところが2人らしくてgood💕

全体の感想としては、商いを軸に据えた序盤のストーリーが面白かったです。

物語の舞台も、謝家➔雲錦荘➔方氏仕立店➔瑞園と変化があり楽しめたのですが、どうせなら悪役の交代もあればもっと良かったかも。

顔文秀は主人公の敵役としては強大さが足りなかったのと、霓裳を敵視する動機も物足りない気がしました。

最終話に関しては、同じ制作陣が手掛けた【花不棄】のラストがとんでもなかったので本作も不安でしたが、綺麗にまとまっていて安心しました。

他の中国ドラマ

【楚喬伝】
あらすじ全話

BS12で10/13~放送開始
花小厨,ネタバレ,キャスト
【花小厨】
あらすじ全話

BS11で9/19~放送開始

ⓒYouku Information Technology(Beijing) Co., Ltd.©Beijing Zhongsheng Huashi Culture Media Co.,Ltd© 2020 Youku information technology (Beijing) co., LTD

本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービス公式サイトにてご確認ください。