【花小厨(はなしょうちゅう)】24話・25話・26話ネタバレ感想|酒楼の開業 | Dramas Note
スポンサーリンク

【花小厨(はなしょうちゅう)】24話・25話・26話ネタバレ感想|酒楼の開業

花小厨,ネタバレ,キャスト華流
© 2020 Youku information technology (Beijing) co., LTD

【花小厨(はなしょうちゅう~しあわせの料理帖~)】24話・25話・26話のあらすじ。療養中の柯震武の代わりに鏢局に泊まり込みで仕事をする孟郁塊。村の食堂で働いていると孟郁塊になかなか会うことができない花小麦は、鏢局の近くに食堂を開くことを思いつき……。

スポンサーリンク

24話のあらすじネタバレ

© 2020 Youku information technology (Beijing) co., LTD

放火現場に残された陶器の破片の文字と足跡から、孟郁塊は放火犯は万記の関係者で脚の悪い人物と推理します。

孟郁塊は万記の前で張り込みをし、脚の悪い職人を探し出して問い詰めました。

その職人は主人の命令で、万記を解約した客が次々と浣花園と契約した腹いせに放火したと白状します。

孟郁塊はそれを役所に報告し、事件の処理は役所に任せることにしました。

放火の件が片付いて安心したのも束の間、鏢頭の柯震武が療養中のため、孟郁塊は鏢局に泊まり込みで仕事をすることになります。

その間、孟郁塊の母を家に1人にしておくのは気がかりな花小麦は、一緒に食堂に行こうと孟郁塊の母を誘いました。

最初は意地を張って断った孟郁塊の母でしたが、寂しくなって食堂に行くことにします。

春喜たちの仕事ぶりを黙って見ていられない性格の孟郁塊の母は、やがて活き活きと食堂の仕事を手伝い始めるのでした。

食堂と鏢局が遠いため、孟郁塊が鏢局に泊まり込みになってから花小麦はなかなか会うことができません。

そこで、花小麦は鏢局の近くに食堂を開くことを思いつきます。

花小麦は孟郁塊と鏢局の近くを探しますが、どこも高くて条件に合う物件が見つかりません。

そんな時、2人は偶然、街中で韓風至と再会します。

顔の広い韓風至が花小麦に酒楼の持ち主を紹介してくれました。

その持ち主は、花小麦が自分を満足させる料理を作ることができれば酒楼を格安で貸すと言うのでした。

出された課題は「鴨肉香味焼き」と「細切り三菜の油あえ」

2品とも平凡な料理である分、包丁さばきと火加減が際立ち、料理人の腕が試されるメニューであるとのこと。

韓風至が心配する中、花小麦は見事に酒楼の持ち主を満足させる料理を作ってみせ、立派な酒楼を格安で借りられることになったのです。

酒楼を開くとともに、花小麦は住まいも鏢局の近くに移し、孟郁塊の母も一緒に3人で暮らすことにしました。

引っ越しの話を聞いて、村人の胡四コシが貴重な唐辛子を安く売ってほしいと言いに来ます。

花小麦が迷っていると、孟郁塊の母が代わりに断ってくれたのでした。

スポンサーリンク

24話の感想

これから浣花園と万記の攻防が始まるのかと思いきや、この件はあっさり解決。

花小麦は村の小さな食堂から県城の酒楼の経営者へと出世するのでした。

また、料理上手なだけでなく、姑の性格を知り尽くして良い関係を築いている花小麦が素敵です!

スポンサーリンク

25話のあらすじネタバレ

© 2020 Youku information technology (Beijing) co., LTD

花小麦は酒楼の開店にあたって新しい料理人を募集することにします。

すると、花小麦が以前、街角の料理対決で助けた譚記飯館の譚氏が訪ねてきました。

譚氏はその後も店の経営がうまくいかず、店は結局人手に渡ってしまったとのこと。

せっかく助けてもらったのに……と恐縮する譚氏に、花小麦は腕試しの料理を作ってもらうことにしました。

試食した花小麦は譚氏の調理法の長所と短所を指摘した上で、新しい酒楼で一緒に働いてほしいと伝えます。

ついに花小麦の酒楼、花間楼カカンロウが鏢局の近くに開店しました。

開店祝いの日、鏢局の孫大聖は店で働く周蕓児を見て好意を持ちます。

しかし、周蕓児は以前から村の美食家の文華仁に想いを寄せていたのです……。

美食家を自負しているものの、実は何度も科挙に落ちて職に就けず貧乏な文華仁。

周蕓児は今回も科挙を受ける文華仁のために、花小麦に教わったゲン担ぎの料理を作って試験へと送り出すのでした。

ある日、花間楼に孟郁塊の母の弟夫婦とその娘が訪ねて来ます。

生活に困って姉が住む村を訪ねたがすでに引っ越したと言われ、尋ね歩きながらやっと花間楼までたどり着いたとのこと。

花小麦は彼らを自宅へ案内しますが、孟郁塊の母の弟家族への態度は冷たく……。

スポンサーリンク

25話の感想

明るい好青年なのに、ここまで恋バナがなかった孫大聖。

やっと好きな人ができたと思ったら、周蕓児にはすでに想い人が……。

周蕓児は実家も貧乏なんだから貧しい美食家よりも、稼ぎのいい鏢局の青年の方がいいんじゃないの?と思わず余計なお世話を焼きたくなります(笑)

スポンサーリンク

26話のあらすじネタバレ

© 2020 Youku information technology (Beijing) co., LTD

新しい仕事と住まいを見つけるまでという約束で、弟家族は孟郁塊の家に滞在することになります。

ところが、弟は一向に仕事を探す気配がなく、妻や娘は台所を勝手に使ったり、長風呂したりとやりたい放題。

その上、酒楼に来て花小麦の仕事に干渉までするようになり……。

一方、文華仁は今回も科挙に落ちてしまいます。

次の科挙までの生活の目処がたってないという文華仁に、花小麦は酒楼で働きながら勉強することを提案し、文華仁は花間楼の帳簿係となったのでした。

スポンサーリンク

26話の感想

酒楼は繁盛しているのに、まさかの親族に振り回される花小麦たち。

花小麦と孟郁塊は、この局面をどう乗り越えて行くのでしょうか。

また、花小麦の粋な計らいで、周蕓児と同じ職場で働くことになった文華仁。

2人の関係がどうなっていくのかも気になります。

© 2020 Youku information technology (Beijing) co., LTD
本ページの情報は2022年9月のものです。最新の情報は公式ページまたは動画配信サービスにてご確認ください。