『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』シーズン1第11話のネタバレ感想。マカレナが感染症に!? | Dramas Note

『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』シーズン1第11話のネタバレ感想。マカレナが感染症に!?

ロック・アップ/スペイン女子刑務所』シーズン1第11話。

今回は、スレマの脱獄計画が描かれました。

マカレナも感染症にかかったり、父親が心臓発作を起こしたりと、めまぐるしい日々が続きます。

そんな『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』のネタバレ感想です。

海外ドラマ『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』

スポンサーリンク

『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』シーズン1第11話のネタバレ

マカレナが感染症に!?

所長は「この間の婦人検診の結果が出たんだけど」とマカレナに話を切り出します。

続けて「検診の結果、あなたは感染していたんだけど、他の女囚と“深い関係”になった?」と問いました。

心当たりのないマカレナは否定しますが、所長は「あなたの同房にも同じ感染症の子がいる」と言います。

「監房内での行動を干渉する気はないけれど、感染には気をつけなさい」と助言する所長。

“同房にも同じ感染症の子がいる”と聞いたマカレナは、リソスのことだと直感しました。

以前、同じベッドでリソスと寝たときに何かあったのかもしれないと思いつくマカレナ。

すぐさまリソスに“あの夜”のことを尋ねると、ハッキリとは言わないけれど、どうやら何かあった模様。

マカレナが寝ぼけて、リソスを抱きしめたりしたようです。

言いくるめられるファビオ看守

『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』シーズン1。全話エピソード一覧
『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』シーズン1の全話エピソード。 主人公のマカレナは、恋人に...…

前回の10話で、マカレナと良い雰囲気になったファビオ看守。

マカレナから「サンドバル医師にセクハラを受けている」と聞いたファビオは、サンドバル医師を問い詰めました。

サンドバル医師は、パーソナリティ障害を患っているマカレナを信じるなと言います。

しかしファビオは「証拠を出せ」とさらに詰め寄りました。

するとサンドバル医師は、入所時に鑑定した書類を手渡します。

さらに、“特別面会”のあとマカレナが薬物を隠し持っていたと話すサンドバル医師。

証拠として撮っていた動画を見せました。

さまざまな証拠を見せられたファビオは、ついにサンドバル医師を信じてしまいます。

その後ファビオはマカレナのもとへ行き、「君の被害妄想やウソに俺を巻き込まないでくれ」と告げました。

一方的に突き放されてしまったマカレナ。

失意のあまり、「私にはあなたが必要なの」とリソスに慰めを求めるのでした。

スレマの脱獄計画

スレマの手下・マリアは、監視カメラの向きを変え、そしてスレマの肌をアイロンスチーマーで焼きました。すべてスレマの指示です。

スレマが指示した理由は、脱獄計画のため。病院に搬送される道中で、恋人のハマディがスレマを助け出す算段になっているのです。

ハマディは、森で手に入れた900万ユーロで武器を買い、プロの殺し屋も雇っていました。

火傷を負ったスレマを見つけたパラシオス看守は、所長に報告。

「朝、スレマがアナベルに喧嘩を売っていました」と告げます。

報告を受けた所長は、アナベルの仕業だろうと警察に伝えるのでした。

父レオポルドの計画

レオポルド……マカレナの父親。ロマン……マカレナの兄。

レオポルドとロマンが家で計画を練っていると、ファビオ看守が尋ねてきました。

「マカレナに何かあったのか?」と聞くレオポルド。

以前レオポルドは、知り合いのツテでファビオ看守に会い「娘を気にかけてくれ」と頼んでいたのです。

するとファビオ看守は、「もう娘さんを気にかけることはできません。

娘さんは精神疾患を患っています」と告げました。そんなはずはないと否定するレオポルド。

その時、ファビオの携帯が鳴り「スレマが全身ヤケドを負ったから今すぐ刑務所に来てくれ」と連絡が入ります。

レオポルドは、ヤケドの話を知り「スレマが自分でやったに違いない」と直感。

さらに、病院に搬送する途中でスレマを脱獄させる計画だろうと推測しました。

搬送される可能性のある病院は3つ。

その中でも、ヤケドを治せる病院は1つだと目星をつけたレオポルド。

さらに、スレマの恋人・ハマディが待機していそうな場所を推測します。

レオポルドの推測は当たり、ハマディを捕えることに成功!

あとは900万ユーロのありかを聞くだけです。

ハマディをトランクに乗せ、車を走らせようとしたその時、なんとレオポルドの発作が起きてしまいます。

レオポルドは心臓病に侵されており、バイパス手術をしたばかり。

ロマンがレオポルドを病院に運ぶと、別れ際「ハマディを家のガレージへ連れていけ」と指示するレオポルド。

指示どおり、家のガレージに連れて行くロマン。

ところが、トランクを開けた途端、ハマディの反撃にあってしまい!?

スポンサーリンク

『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』シーズン1第11話の感想

今回の11話も、めまぐるしい展開でした。

まずはマカレナの恋。

ファビオ看守といい関係になったように見えましたが、ファビオはあっさりサンドバル医師を信じてしまいました……。

確かに、あれだけ証拠を出されたら信じてしまう気持ちも分からなくはないですが。

一方的に突き放されたマカレナが少し気の毒でした。

しかしマカレナもマカレナで、ファビオに突き放された途端、リソスに慰めを求めるとは!本当にめまぐるしいです。

それから今回は、スレマの脱獄計画も描かれました。

脱獄のために、自ら全身ヤケドを負う度胸がすごいですね。

朝アナベルにケンカを売ったのは、ヤケドをアナベルの仕業と思わせるため。

裁判所に向かう途中で脱獄するという情報も、警察をあざむくためのウソでした。

“裁判所に向かう途中で脱獄する”と思わせておけば、今回の病院への搬送を警戒されないから。

用意周到な準備を見る限り、スレマは知略に優れるタイプなのかもしれません。

ところで。マカレナの父親は、ようやくスレマの恋人・ハマディを捕らえることに成功しました。

あとは900万ユーロを奪うだけ!

……と思いきや、まさかの心臓発作が起こってしまいました。

マカレナの父は病院に運ばれたので、これからはマカレナの兄・ロマンが1人で計画を続行しなくてはなりません。

ロマン1人ではとても無理な気がします。頼りないですし、詰めが甘そう。

自宅のガレージに着いた途端、さっそくハマディから反撃を受けてしまったロマン。

次回の12話はどうなってしまうのでしょう!?