【ロスト・イン・スペース】シーズン1第5話から7話の解説。シーズン2の配信が間近に迫る! | Dramas Note

【ロスト・イン・スペース】シーズン1第5話から7話の解説。シーズン2配信が間近に迫る!

©Netflix

【ロスト・イン・スペース】シーズン1第5話・6話・7話。シーズン2の配信情報。

レゾルートとの交信塔を建てたものの、宇宙生物によって破壊される一方で、モリーンは惑星が直面している危機的状況に気づきます。

さらに、ドクター・スミスの非いつの計画が着々と進み、ついにウィルがロボットを破壊する決断に……。

スポンサーリンク

【ロスト・イン・スペース】シーズン1第5話から7話

5話「伝えたいメッセージ」あらすじ

海外ドラマ『ロスト・イン・スペース』シーズン1全話一覧リンク。
海外ドラマ『ロスト・イン・スペース』。 1965年に公開された『宇宙家族ロビンソン』を...…

惑星に漂着した生存者たちは、協力してレゾルートと交信するためのタワーを立てていました。

作業はスピードを上げるなか、モーリーンは太陽の異常を感じ原因を解明するために出かけます。

そんな中、ドクター・スミスとドンが再会。

当然の如くドンはスミスに怒りをぶつけますが、スミスは「あれは事故だった」と嘘で塗り固めた言い訳をし、ドンは彼女を信じ丸め込まれてしまいました。

その後、ジュディもドンから話を聞きスミスを追求しますが、彼女もまたスミスの嘘を信じてしまいます。

一方で、レゾルートとの交信塔が完成し光を発しました。

しかし喜ぶのもつかの間、2体の宇宙生物が塔に上り破壊してしまったのです。

暗闇の中、生存者たちは散り散りになって身を隠していると、そこにウィルが洞窟に置き去りにした、あのロボットがやってきました。

ところがロボットは戦いません。その理由は、ウィルは以前ロボットに”戦うな”と命じていたからだったのです。

宇宙生物にやられるロボットを見たウィルは、涙を流しながら”以前のように戻れ”とつぶやくと、その言葉が届いたかのようにロボットの顔が赤く光り、あっという間に宇宙生物を倒してしまいました。

その直後、調査から戻って来たモーリーンの車に向かって攻撃を仕掛けようしましたが、ウィルがロボットの前に立ちはだかり、手を取って「僕だよ」と話しかけるとロボットの顔は白くなり大人しくなります。

6話「追悼」あらすじ

生存者たちの間で、ロボットをどうするかが話し合われていました。

否定的な者。肯定する者など様々でしたが、まずはロボットの能力を知る者に話しを聞くことに。

アンジェラ。

彼女は以前ロボットに襲われたことがあり、その時に夫を失っていたため「ロボットをどうするか話し合う場所に居ることすら耐えられない」と、ロボットを深く憎んでいました。

そこでジョンは、「ロボットがここに居る理由は分からないが、唯一分かっているのはロボットがいなければ自分の娘は死んでいた。ロボットが居ることで安心感もある」と擁護します。

もしロボットがまた変わったら、誰が我々の身を守るのか?という質問にも、ロボットはウィルの命令を聞くと説明したのです。

それは、誰もが目にしたことなので結果ロボットは「誰にも近づけさせない」という条件付きで、受け入れられることになりました。

そんな中、ドクター・スミスは秘密の計画は進んでいきます。

その一方で、生存者たちも再びレゾルートとの交信方法を模索していました。

ところが、ドクター・スミスの口車に乗せられたアンジェラが、スミスが隠し持っていた銃でロボットを撃ってしまいます。

するとロボットの顔は赤くなり、アンジェラに襲い掛かろうとした時、立ちはだかったジョンが投げ飛ばされて大怪我をしてしまいました。

眠っている父を見たウィルは、ロボットを手放さなければいけないと判断し、ロボットを連れて崖の上に立ちます。

そして「君は一番の友達だ。でも僕には責任がある」と涙ながらに前に進むよう命じたのです。

ロボットは崖から転落し、バラバラになってしまいました。

7話「プレッシャーとの戦い」あらすじ

ドンが見つけたネックレスから、ドクター・スミスが何かを隠していると気づきます。

さらに、アンジェラが銃をどこで手に入れたのかを調べていたところ、自分たちの船のプリンターで作られたものと判明。

一体誰が?

実は、銃はロボットが作ったもので、怖がっているウィルを安心させるために作ってくれたものだったのです。

銃はいらないと、ベッドの下に隠しておいたものの盗まれていました。( 4話でドクター・スミスが盗んでいます

ドクター・スミスはアンジェラが盗んだのね、としらじらしく言いますが、その頃アンジェラはまだ寝込んでいたため盗むのは不可能。

何も知らないジョンとモーリーンは、全員に疑いの目を向けるようになったのです。

そんな中、ドクター・スミスは崖に上り、転落したロボットの残骸を確認し、不気味な笑みを浮かべていました。

崖を降りると「新世界に行きたい」とつぶやきながら、ロボットを回収したのです。

しかし、ロボットの残骸を集めたものの稼働しません。

ドクター・スミスは、ロボットの頭部をバックに入れて船内に持ち込むと、ウィルがかつてロボットを助けた時の動画を見ながらその稼働方法を見つけます。

すると、ウィルの声の他にロボットの”声”のようなものが発せられていたことに気づいたのです。

スポンサーリンク

【ロスト・イン・スペース】シーズン1(5話・6話・7話)の感想

なぜここまでドクター・スミスを信用してしまうのか。

彼女の話術にみんな騙されてしまいます。

ただ、ドンがスミスには秘密があると確信したことは、彼女の計画に気づく上で大きな進歩となったはず。

みんながスミスに踊らされています。

アンジェラを利用してロボットを襲わせ、ロボットが反撃すればウィルはロボットを処分するはず。

さらに、スミスはウィルがロボットを助けてから命令を聞くようになったと知っているので、まずはウィルにロボットを手放させて自分が救うという、ウィルと同じことを再現しようとしたのです。

まんまと罠に掛かってしまった……という感じですね。

銃に関しても、なぜ最初にドクター・スミスを怪しまなかったのかが不思議ですが、ドクター・スミスの戦略勝ちってところでしょうか。

次回は8話・9話・最終話(全10話)をまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

【ロスト・イン・スペース】シーズン2配信情報

【ロスト・イン・スペース】待望のシーズン2配信が2019年12月24日に決定しています。

シーズン1配信から1年、その後のロビンソン一家の行方が気になるところ。

まずはその前に、シーズン1のストーリーを思い出してみませんか?