『メゾン・ド・ポリス』1話あらすじと考察。世代を超えた元刑事たちとひよこ刑事のタッグが面白い! | Dramas Note
「独孤伽羅」2020年12月30日(金)~BS12で放送スタート!記事はここから

『メゾン・ド・ポリス』1話あらすじと考察。世代を超えた元刑事たちとひよこ刑事のタッグが面白い!

2019年1月11日に放送がスタートした高畑充希主演のドラマ『メゾン・ド・ポリス』は、シェアハウスで暮らす元刑事たちが、ひよっこ刑事とともに事件を解決に導く異色の刑事ドラマです。今回はドラマ『メゾン・ド・ポリス』1話のあらすじや見どころ、考察を紹介します。

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』

スポンサーリンク

『メゾン・ド・ポリス』の作品概要

【放送】

初回2019年1月11日(金)毎週金曜日22:00スタート

【制作】

TBSテレビ

【原作】

加藤実秋「メゾン・ド・ポリス」シリーズ【角川文庫刊】

【キャスト】

高畑充希、西島秀俊、近藤正臣、小日向文世、野口五郎、角野卓造、戸田昌宏、木村 了、竜星 涼、西田尚美

スポンサーリンク

『メゾン・ド・ポリス』キャスト

牧野ひより役/高畑充希

牧野ひよりは、3年間の交番勤務を経て柳町北署の刑事課に配属された新米刑事。

配属されてから間もなく焼死事件が発生し、犯行の手口が5年前の事件デスダンスに酷似していたことから、上司の指示で”メゾン・ド・ポリス”を訪れます。

そこれで出会った訳アリの元おじさま刑事たちと事件を捜査することになりました。

夏目惣一郎役/西島秀俊

夏目惣一郎は5年前、デスダンス事件の犯人を逮捕した警視庁捜査一課・主任警部補。

正義を貫こうとするも上司と意見が食い違い退職。

その後は、シェアハウス”メゾン・ド・ポリス”に住み込み、雑用係を務めています。

伊達有嗣役/近藤正臣

伊達有嗣は、”メゾン・ド・ポリス”のオーナーで、桜田門に伊達有嗣ありと謳われた警察幹部。

牧野ひよりをメゾン・ド・ポリスに招き入れ、捜査の手助けをすることになります。

高平厚彦役/小日向文世

高平厚彦は、シェアハウスで料理や管理を任されている、中野東署警務課の課長代理・警部。

唯一、自宅からシェアハウスに通っている人物で、元幹部とはいえ総務・人事・広報に携わっていたため現場経験はゼロ。

退職後も現場へのあこがれを捨てきれずにいる時、牧野ひよりに出会いテンションがあがりました。

藤堂雅人役/野口五郎

藤堂雅人は、警視庁科学捜査研究所の第一法医科科長で、隙あらば、女性を口説こうとするプレイボーイですが、夏目曰く鑑定の腕前は”別格”。

鑑識に関することでは、人が気づかないような些細なことにも気づく目と勘と腕前があります。

自室には、鑑識や研究に必要な道具が揃っています。

迫田保役/角野卓造

迫田保は、柳町北署刑事課の警部補でしたので、牧野ひよりの先輩にあたります。

何度も捜査一課に誘われるほどの人物でしたが、所轄にこだわり続けました。

昔気質で、曲がったことが嫌いな堅物。

牧野ひよりがシェアハウスにやってきた当日は、鋭い目つきで威嚇しますが、たよりになるところも。

スポンサーリンク

1話あらすじ

ある夜、50代の男性が生きたまま焼かれるという殺人事件が発生しました。

その手口は、5年前に起こった”デスダンス事件”と酷似していることから、柳町北署刑事課に勤務する新米刑事・牧野ひより(高畑充希)は、当時犯人逮捕に当たった警視庁捜査一課の元主任警部補・夏目惣一郎(西島秀俊)の元を訪ねます。

夏目は、元刑事のおじさまたちが暮らしているシェアハウスで雑用係をしており、牧野ひよりに協力する気は全くなく門前払い。

高畑充希×おじさまたちのタッグが最高!『メゾン・ド・ポリス』全話エピソード
高畑充希演じる新米刑事と、すでに警察を引退しシェアハウスで生活する”おじさま”元刑事たちとの奇妙な事...…

ところが、ちょうど犬の散歩から戻ってきた伊達有嗣(近藤正臣)の計らいで、シェアハウスに呼び入れられることに。

シェアハウスには、伊達や夏目の他にも元警部や元警部補、さらには元科学捜査班科長など、警察関係のOBが住んでいました。

おじさまたちは、新人刑事のひよりを”ひよこ”と呼び、彼女が操作している事件を手伝うことになるのですが……。

スポンサーリンク

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』の見どころ

おじさまたちのビフォーアフターがすごい!

シェアハウスの中は、エプロンをつけた夏目が庭掃除をしたり、ひとりひとりに薬を配ったり、腰が痛いだの夏目の料理がまずいだのと、一見すると施設のようにも見えます。

しかし、事件が関わるとなるとおじ様達が一変。

それぞれの得意分野を駆使して、事件を捜査するというキレッキレの行動とのギャップが面白いです!

引退したとはいえ、刑事の勘が鈍ることなく現役並みの素早い動き。

また、伊達の存在も大変気になるところで、”元警察幹部”ではあるものの、何かあると「上には話をつけておく」と言ったり、牧野ひよりの上司からは「伊達さんがそう言うなら」と、かなりの権力者だったことを匂わせています。

このあたりも、徐々に明かされていくとは思いますが、わからない部分があるのもまた惹かれる要因ですね。

それぞれに隠された過去が気になる!

シェアハウスで暮らしている警察OBのおじさま方ですが、それぞれの過去の詳細は明かされていません。

ポイント

・伊達有嗣は一体何者なのか

・夏目が警察を辞めた理由は何なのか

・牧野ひよりが刑事になった本当の理由

・フラッシュバックで見た夏目の過去

これらの謎はほんの一部。

迫田と藤堂が「夏目は犯人を追っていた時に妻を殺害された過去がある」と牧野に話し、結果としてそれは嘘だよということにはなったのですが、あながち嘘でもないような……。

夏目のフラッシュバックで出てきた女性は、墓前で泣き崩れていましたし、その時の夏目の顔は曇っていました。

このことが、夏目が刑事を辞めた理由ではないかと推測します。

また、牧野ひよりが刑事になった理由は『ストロベリー・ナイト』に憧れたからと話していましたが、公式サイトによると彼女の父親は20年前に建設現場で転落死したとのこと。

もしかして、これは事故ではなく事件性があると考えていたら、犯人を捜すために刑事を目指したいうこともあるかもしれませんね。

いずれにしろ、メゾン・ド・ポリスの人物は、何かしらの秘密を抱えているのではないかと推測します。

スポンサーリンク

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』の話の視聴率と次回予告

『メゾン・ド・ポリス』1話の視聴率は1月15日に発表予定なので、公開次第追記いたします。

次回予告では、二重の密室が現場となり自殺か他殺かを捜査する様子が公開されています。

また、事件の鍵は”うさぎ”とのことで、新米刑事がおじさん元刑事たちに振り回されながらも少しずつ成長していきます。