【アウトランダー】シーズン5話11話ネタバレと考察。ブリアナついに未来へ!? クレアの行方は何処に。 | Dramas Note

【アウトランダー】シーズン5話11話ネタバレと考察。ブリアナついに未来へ!? クレアの行方は何処に。

アウトランダーシーズン5

© 2020 STARZ

 公式サイト

【アウトランダー】シーズン5第11話ネタバレと考察。

ボネットの死により、平穏な時を迎えられると同時にジェミーが未来へタイムスリップ出来ることが分かり、ブリアナとロジャーの希望で3人が未来へ戻ることになった。

その一方で、家に火を放たれるという問題が勃発。

ブラウンは、ジェイミーにも仲間に加わってほしいとやってきたのだが……。

スポンサーリンク

【アウトランダー】シーズン5第11話あらすじ

【アウトランダー】全シーズン全話のまとめリンク一覧。
【アウトランダー】シーズン1~5までのまとめを紹介した記事一覧。主人公クレアが過去にタイムスリップしジェイミーと知り合っ…

ボネットに復讐を果たし、リッジには平穏な日々が戻っていた。

季節は秋を迎え、木々も色づき始めたある日のこと。

ヤングイアンは、紐で結んであるカワウソの歯の石をぶらさげて、ジェミーと遊んでいた。

ところが、ジェミーが石に触れた時に「熱い」と手放してしまう。

それを見たブリアナは、「石が熱いの?」と手に取ってみると、確かに石が熱かったのだ。

クレアやロジャーも手に取ってみると、やはり石から熱を感じた。

しかし、ヤングイアンとジェイミーが触ってみても石は冷たいままだった。

そこでクレアたちは気づいた。

ジェミーも石を通れることを……。

スポンサーリンク

【アウトランダー】シーズン5第11話ネタバレ

ウィリアム

【アウトランダー】シーズン5第10話ネタバレ。ついにボネットの最期、自らが語った恐怖と闇とは?

ジェミーが石を通れることに気づいたブリアナとロジャーは、本来自分たちが生きるべき時代に戻ることを決意し、まわりにはボストンで就職先が決まったと話した。

リジーはブリアナと一緒に行くつもりでいたが、ブリアナはリジーにはリッジに残って両親を助けてほしいと話し、涙ながらの別れを告げる。

その月の末までにストーンサークルを通る予定で、愛する者たちとの別れを惜しむ。

ジェイミーが、ブリアナやジェミーとの時間を大切に過ごしていたある日、ジョン卿がジェイミーを訪ねてやってきた。

ジョン卿は、ウィリアムのいるロンドンに行くことを伝えると共に、ジェイミーへの土産としてウィリアムが描かれた手に平ほどの写真立てを手渡した。

ウィリアムの成長を喜ぶと共に、ジェイミーはブリアナに腹違いの弟がいることを伝える。

ブリアナは、ジェイミーが親であることを内緒にしている理由を聞き、会いたい気持ちを抑えた。

ジェイミーは、ウィリアムは伯爵だからいずれ歴史に乗るはずだと、未来の土産として伝えたのだ。

イアンに話す

一方で、ヤングイアンはジェミーが石を熱いと言った時のことで「聞きたいことがある」とクレアとジェイミーを尋ねてきた。

ヤングイアンは、クレアが薬を作れることや治療の方法を知っていることから、何かがあると思っていたよう。

ジェイミーとクレアは目配せをすると、ヤングイアンにクレアが未来から来たこと、ブリアナやロジャーも同じように未来から来たことを話した。

するとヤングイアンは、自分もブリアナたちと一緒に行きたいたいと言い出した。

しかしクレアは、カワウソの歯の石を熱く感じなければ石を通ることは出来ないと伝える。

ヤングイアンは、過去に戻って「ある出来事」を変えたい様子でしたが、自分が通れないことを知り肩を落とした。

ブリアナはヤングイアンに、自分たちが石を通った後、馬をリッジに連れ帰ってもらうため、ストーンサークルまで一緒に行ってもらえないかと頼んだ。

ヤングイアンは承諾し、ストーンサークルまで2週間の旅を共にする。

ストーンサークルに到着すると、ブリアナとロジャー、ジェミーの体を縄で結び、それぞれ石を握りしめ、あの音と共に石に触れた。

目線を外した瞬間、3人の姿は消えていた。

ヤングイアンは、もしかしたらという思いでそっと石に触れたが、自分に何も起こらないことをに悔しさをにじませた。

クレアが拉致された

ジェイミーの元に、兄の誘いの返事を聞きにブラウンが妻と共にやって来たが、今回は戦争とは違うという理由でジェイミーは断った。

しかし、それとは別にクレアに診察して欲しいと、妻を荷台から下ろす。

クレアがブラウンの妻を診察したところ、彼女の腕は折れていた。

この折れ方は、強く引っ張られたかねじられたか。

クレアはその場に居たブラウンに、痛み止めのウイスキーをジェイミから貰ってくるよう頼み、妻からブラウンを引き離して事情を聞いた。

彼女はハッキリとは言わなかったが、明らかにブラウンに折られたものだと気づいた。

患部に接ぎ木を当てて処置を施している最中、ブラウンが戻ってきた。

「もう痛み止めは必要ないようだな」と、ウイスキーの瓶を机の上に置いた時、開いていた引き出しに「医師 D・ローリングス」というネームプレートがある箱を見つけてしまった。

その瞬間、クレアがローリング医師であることに気づいたブラウンは、「世話になった」と不気味な笑みを浮かべて帰って行ったのだ。

後日、蒸留所で爆発がありジェイミーとヤングイアン、ファーガスが見に行った。

すると次の瞬間。

ブラウンが複数の男たちと共に、ガラスを割って家に入り込んできた。

クレアが様子を見に行くと、男たちは診察室に入り込んでクレアを拘束し、マーサリは近くにいた息子ジェルマンをテーブルの下に隠し男たちに立ち向かった。

しかし、男たちは診察に訪れていた男性を刺し殺してマーサリを殴って気絶させ、クレアに布袋をかぶせて連れ去ってしまったのだ。

リッジに戻ってきたジェイミーたちは、ジェルマンがひとりで外に居たことから何かあったと察した。

「ママが起きない。おばあちゃんは悪い人たちに連れて行かれた」と聞き、辺りを探したものの、すでにクレアはどこかに連れ去られていた後だった。

一方で、石を通ったブリアナたちには思いもよらぬことが起きていた。

自分たちがいるべき時代に戻ったはずの3人。

しかし、彼らが見た光景は……!?

スポンサーリンク

【アウトランダー】シーズン5第11話の感想と考察

ここにきてまたブラウンが事を起こしました。

相当クレアに恨みを抱いているようですが、ことごとくイヤな奴です。

クレアが連れ去られてしまうのは原作通りでしたが、彼女を助けてくれる人物が現れるので、ここは大丈夫かなと言うところ。

気になるのは、殺された後に家に火がつけられているという事件が何件も起きていること。

ブリアナは、クレアとジェイミーが火事で死亡したという記事を見つけて過去にやってきましたが、その時が近づいているという警告のように感じました。

また、真実を知ったヤングイアン。

やはり、失った妻と息子を取り戻したいという思いが強いのか。

ジェイミーたちの元に戻って来た理由はこの時点では明らかになっていませんが、ヤングイアンの心に大きな傷となっていることは間違いないでしょう。

そして、石を通ったブリアナたちは何に驚いていたのか?

「どうなってる?」というロジャーの言葉から、自分たちのいるべき時代にたどり着いたわけではないのか?

全く別の国に行ってしまったのか?それとも、別の時代に行ってしまったのか?

周りの風景がほとんど変わっていないので、もしかしたら時代はそのままでただ別の場所に出てしまったという可能性もあるでしょう。

原作では娘をもうひとり出産し、その娘が抱えている重い病気を治すために未来へ戻るとなっているので、おそらくこの時代に足止めを食らっているような気がします。

記事内画像: 公式サイト

 オフィシャルサイト