hulu『ポロス~古代インド英雄伝~』シーズン1第3話・4話のネタバレ。戦を止める唯一の方法とは?王の判断に痺れる! | Dramas Note

hulu『ポロス~古代インド英雄伝~』シーズン1第3話・4話のネタバレ。戦を止める唯一の方法とは?王の判断に痺れる!

『ポロス~古代インド英雄伝~』3話と4話。

交易で一波乱があるも、バムニ王が冷静に処理します。

その後、戦が起こってしまうのですが、戦を止めるために下した王の決断が痺れる!

主人公が未登場の段階から面白すぎる『ポロス』のネタバレ感想をお届けします。

『ポロス~古代インド英雄伝~』ネタバレ感想3話・4話

スポンサーリンク

『ポロス~古代インド英雄伝~』シーズン1第3話・4話のあらすじ

競売はつつがなく済んだ。

そこへダレイオスが登場し、ある申し出をして皆を驚かせる。

バムニがタクシラ国に意見を求めると、アヌスヤはダレイオスの意見を非現実的であると切り捨て、申し出を断るよう進言する。

爆破の衝撃で隊は全員負傷し、アンビとアヌスヤは意識を失う。

シヴダットは兵を従え、丘の上から様子を眺めつつ回想している。

ダレイオスはシヴダットをそそのかし、彼を取り込もうとしていた。

出典:公式サイト

スポンサーリンク

『ポロス~古代インド英雄伝~』シーズン1第3話・4話のネタバレ

交易の本質とは?

ジェーラム川の商権を手に入れたのはバムニ王でした。

バムニ王が住む宮殿で、さっそく商取引きが行われます。

オークションに似た方法で、一番高い額を提示した国が希望の品を買うことができる。

商取引きが終わったバムニ王は「昨年よりも利を得ることができ喜ばしい」と満足気。

その時、ひとりの男が「それで満足ですか」と声を大きく上げました。

声を上げた男は、怪しげに競技大祭を見ていたダレイオス

やはり、何かしらの思惑があって競技大祭を見ていたのでしょう。

本来、許可なく商取引きに参加するのは罪になりますが、バムニ王はダレイオスに真意を聞くことにしました。

「陛下は今回の取引きで2000万金貨を得られました。しかし、私ならば5倍の1億金貨で買います」と答えるダレイオス。

つまり、“本来自分には商取引の参加権はないけれど、5倍払うから買わせてくれ”ということですね。

ダレイオスの「5倍」という言葉を聞いて、シヴダット宰相は乗り気な様子。

しかしバムニ王は即決せず、参加者に意見を聞いてみることに。

意見を求められた敵国のアヌスヤ王女は、「私がどう言おうとも、陛下は英断なさるでしょう」と前置きした上で

「5倍の値をつける商人は、愚か者でなければ詐欺師です。どちらであっても破滅をもたらします」と答えました。

アヌスヤ王女の言葉を聞いたバムニ王は、結論を下します。

「ダレイオスとの取引きを拒むのは愚かであろう。

しかしそれ以上に愚かなのは、王女の真意を理解できぬ者。

交易を支えるのは金貨の音ではなく、信頼だ。

富なら十分にある。諸国と交易するのは伝統と文化のため

そしてバムニ王は、「まずは信頼を得られよ」とダレイオスに言葉を向けるのでした。

おそらくバムニ王は、高額を提示されたからと言って、1つの国とだけ交易することは破滅に繋がると判断したのでしょう。

ちなみに、「伝統と文化のため」というバムニ王の言葉は、1話でアヌスヤ王女が口にした思想と同じ。

王女がハッとしたようにバムニ王の顔を見たのは、同じ考えの人がいたという喜びからかもしれませんね。

バムニ王の判断に納得できないシヴダット宰相は、怒りの表情をアヌスヤ王女に向けるのでした。

戦を止める唯一の方法

商取引が終わり、自国に帰ることになったアンビ王とアヌスヤ王女。

バムニ王は見送りの際、贈り物があると言って蜂蜜を手渡しました。

「甘い蜜で、両国の遺恨を水に流しませんか」

王女はすぐさま賛成するも、アンビ王は断固反対。

競技大会で命を助けたのも企みがあってのことだろうと、バムニ王に強い疑いを向けます。

その後、帰路の途中でも、アンビ王とアヌスヤ王女は意見が食い違うばかり。

「敵国の王に敬意を払うな」と言うアンビ王。

「ですがバムニ王はわが国に敬意を払ってくれました」とアヌスヤ王女。

2人が言い合っていると、地面に仕掛けられていた地雷が爆発を起こしました。

この地雷は、シヴダット宰相がダレイオス商人にそそのかされて仕掛けたもの。

アンビ王と王女は命をとりとめたものの、多くの怪我人が出てしまいます。

そこへシヴダット宰相が現れ「貴様を生きては帰さん!」とアンビ王に吠えました。

シヴダット宰相は、アンビ王から屈辱を受けたことがどうしても許せないのでしょう。

兵士たちに突撃命令を下すシヴダット宰相。始まった戦争。

すると遅れてバムニ王がやってきて、戦いをやめるように言いますが、争いが止む気配はありません。

アヌスヤ王女が「何とか解決できる方法はありませんか?」と聞くと、バムニ王は「ある」と答えました。

バムニ王は「ある。道はひとつ。」と口にしたあと、さらに言葉を続けます。

「敵意の木を切るには、友好の苗木を植えて手を結ぶ。

2つの手が結ばれている間、相手を斬ることはできない。

―― そなたに求婚する。」

スポンサーリンク

『ポロス~古代インド英雄伝~』シーズン1第3話・4話の感想

3話と4話はめちゃくちゃ面白かったです!

前回うっすら怪しかった異邦人のダレイオスは、やはり商人として野心を抱いているようですね。

交易の場で突然、「私なら、1億金貨を払いますよ」と5倍の額を提案したのは驚きました。

そんなに払ってダレイオスは大損しないのか?と思いましたが、自信満々だったのできっとはあるのでしょう。

バムニ王に利のことを聞かれた際の返答が粋でした。

“利”とは商いの女王にございます。女王はベールの外に出ません」

つまり、利の仕組みは他者には教えない、見せないという意味なのでしょう。

他にもたくさんの粋な言い回しがあって、それを聞いているだけでも楽しめました。

それにしても、激昂タイプのシヴダット宰相とアンビ王は、今回も相変わらずでした(笑)

顔を合わせればケンカ、ケンカ、そしてついには戦になってしまいます。

戦を止めるために、バムニ王がアヌスヤ王女に求婚したシーンは痺れました!

見つめあう2人の眼差しにドキリ。

この求婚は突然のものではなく、1-2話の段階で2人の似た思想が描かれていたからこそ、とても納得できるんですよね。

思慮深くてお似合いの2人だと思うので、末永く幸せになってもらいたいです。

結婚という決断に対して、1ミリも納得できていないのが、シヴダット宰相とアンビ王。

絶対に認めないという意志がにじみ出ています。

思ったのが、激昂タイプのこの2人、敵国だからこんなに険悪だけれど、もしも同国だったらかなり息の合う仲間になっていたはず。

それほどに、2人は怒るポイントや思考が同じです(笑)

感情的すぎる2人ですが、時おり見せる脆さが人間くさくてキライになれません。

たとえば「願いもガラスも好まん。一瞬で崩れるものだから」というシヴダット宰相のセリフ。

いつもはただ無骨に見えるシヴダット宰相ですが、意外と繊細なところもあるのだと分かるセリフでした。

さて、4話で無事に婚儀をおこなったバムニ王とアヌスヤ王女。

初夜の状景が美しくてうっとりしました。

インド作品は、“愛”を歌やダンスに置き換えて表現することが多く、直接的なキスシーンなどはありませんが、その分情趣に富んでいますね。

hulu『ポロス~古代インド英雄伝~』シーズン1第5話・6話のネタバレ。バムニ王の豹変は演技!? どんでん返しの展開が熱い!
『ポロス~古代インド英雄伝~』5話と6話。 今回はどんでん返しが数回あり、どハマリすること間違...…

次回予告では、バムニ王が何やらアヌスヤに辛らつな言葉を浴びせていました。

波乱が起こりそうではありますが、5-6話も楽しみですね!