【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2あらすじ感想 53話・54話 | Dramas Note

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2あらすじ感想 53話・54話

ポロスシーズン2

© One Life Studios Pvt. Ltd.

画像引用:https://www.hulu.jp/porus

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第53話・54話。

ジェーラム川を渡ることに成功したプル一行。

まずはペルシャ人の拠点に足を運びますが、そこにはあったはずの物が無くなっていたのです。


この記事では、【ポロス】のネタバレ感想をお届けします。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第53話ネタバレ

♠タクシラ♠

プルがジェーラム川を渡るための新たな策を考えていると、突然大きな竜巻が起こりました。

数名の兵たちは竜巻に巻き込まれて飛んでいってしまいます。

同じく飛ばされそうになったアンビ王の手を取り、竜巻から助けだすプル。

竜巻がおさまった後、アンビ王は今まで疑問に思っていたことを口にしました。

「バムニ王を殺すと言っているが、アヌスヤがそれを許すはずはない。アヌスヤの意思を無視してお前がバムニ王を殺すとは思えん」

続けて、軍を借りる本当の目的は何だと問うのです。

プルは、インドからペルシャ人を追放することが目的だと答え、その後再び橋を架けました。

♠パウラヴァ宮殿♠

竜巻はパウラヴァでも起こり、バムニ王たちはみんな避難をします。

竜巻がおさまった後、アヌスヤはこの天災を不吉だと言い「カニシカ王子の婚姻をやめるべき」だとバムニ王に訴えました。

カニシカ王子はたまらず「一番の災いはプルだ。その証拠にプルは今タクシラに居るらしい」と反論。

カニシカは、部下からプルがタクシラに居ることを聞いていたのです。

それを聞いたバムニ王は、敵国に行くなどありえないと激怒。

加えて、カニシカの婚姻はそのまま続行することを申し渡すのです。

一方でダレイオスは、兵が潜んでいる大量の樽(婚礼の品だと偽っている)をパウラヴァ宮殿に運び込みました。

♠マケドニア♠

お告げ……アレクサンドロスはインドに言ったら二度と戻ってこれない

占い師のお告げが気になって仕方がないオリュンピアスは、出兵するアレクサンドロスに護衛をつけさせます。

そして、毎日手紙を送るように言い、涙でアレクサンドロスの出国を見送るのです。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第54話ネタバレ

♠パウラヴァ♠

プルが強固な橋を作ったことで、タクシラの大軍は無事にジェーラム川を渡ることができました。

そうしてパウラヴァの地に足を踏み入れたアンビ王は、かつてのパウラヴァ国との因縁を思い返します。

それを察したプルは、アンビ王に言葉をかけました。

「双方どちらも代償を払ったゆえ、過去の遺恨は忘れましょう。今はひとつになってペルシャ人を追放するべきです」

ペルシャ人を追い詰めるため、まずはダレイオスの拠点に向かうプル一行。

ところが到着してみると、あったはずのパウラヴァの財宝などがすべて消えていたのです。

♠ダスユ♠

ラチは時期が来たと言って、アンビ王子と共にダスユを出ようとします。

そこへラチの母親(王妃)が現れ、「プルのことになると何を言ってもきかないから止める気はない」と言いながらもどこか不満気。

対するラチは、今回の件はプルのためだけではなくインド全体の問題だと話します。

続けて、「私たちダスユやタクシラが手を結ばねば」と王妃を説得する流れの中で、何となしにアンビ王子の手を取るラチ。

手を握られて困惑するアンビ王子。

そんな王子の様子に気づかぬまま、ラチはアンビ王子を連れてダスユを出国するのです。

(おそらくこの後、プルと落ち合うのだと思われます)

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第53話の感想

以下、結末に関する重要なネタバレを含んでいますので、未視聴の方はご注意ください。

プルは一体どんな方法で川を渡るのだろうと楽しみにしていたのですが、結局また橋でした(笑)

向こう岸までかなりの距離があるのに、短時間で橋を架けるのはどう考えても無理そうですが、ツッコみ出すとキリがないので笑って見過ごすのがちょうど良さそう。

ツッコミと言えば、今回の竜巻で人が飛んでいくシーンも、CG感まるだしでつい笑ってしまいました。

対して、マケドニア側のストーリーには少ししんみり。

史実どおりならば、オリュンピアスが息子のアレクサンドロスと会うことはもう二度とないと思われます……。

それを知っている(←お告げで)オリュンピアスの心境を思うと、胸が痛いです。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第54話の感想

プルたちは無事にジェーラム川を渡ることができました。

近いうちにパウラヴァ、ペルシャ、タクシラ、ダスユのキャストたちが勢揃いすることになりそう!

キャストが集結した時の画は圧巻でしょうね、今から楽しみです。

ただ予告を見ると、アンビ王はダレイオスと手を組んでいるような雰囲気でした。

だとすれば、アンビ王はプルとは手を組んだように見せかけているだけで、最後にはプルを裏切るのでしょうか。

過去のアンビ王の言動を見る限りでは、彼のパウラヴァへの恨みは非常に深いので、パウラヴァ打倒のためにダレイオスと手を組んでいてもおかしくはありません。

一方、ラチは意図せずアンビ王子を惑わせています(笑)

ラチがアンビ王子の手を取ったことに深い意味はないのでしょうが、アンビ王子からするとさぞドギマギしたことでしょう。

今後のロマンスが、三角関係に発展していくのか気になるところです。

※次回55話・56話のネタバレ感想はこちら。

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2あらすじ感想 55話・56話
【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第55話・56話。プルは、タクシラ軍と共にダレイオス王を駆逐しようと計画していま…

次回は、またもやプルが大ピンチに……。

一体、いつになったらプルに平穏な日々が訪れるのでしょうか。