【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2あらすじ感想 55話・56話 | Dramas Note

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2あらすじ感想 55話・56話

ポロスシーズン2

© One Life Studios Pvt. Ltd.

画像引用:https://www.hulu.jp/porus

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第55話・56話。

プルは、タクシラ軍と共にダレイオス王を駆逐しようと計画していました。

ところが、ここに来てアンビ王がまさかの裏切り!?


この記事では、【ポロス】のネタバレ感想をお届けします。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第55話ネタバレ

♠パウラヴァ/秘密基地♠

ペルシャ(=ダレイオス)の拠点に到着したプル一行。

ところが、わずかな兵がいただけで他には何もありません。

“カニシカ王子の婚姻祝いに乗じて、ダレイオスが悪だくみをするかもしれない”

そう直感したプルは、「パウラヴァ宮殿に移動しましょう」とアンビ王に提案をします。

しかしアンビ王は、それよりもアンビ王子を返せと主張。

契約どおり目的の場所まで来たのだから、今度はそっちがアンビ王子を返せということなのでしょう。

ちょうどそこへ、ラチとアンビ王子が現れました。

アンビ王子の無事を確認したアンビ王は、“プルの協力者”という立場を急に一変させます。

実は、アンビ王はダレイオスとは長年の友人で、2人は今回も裏で繋がっていたのです。

アンビ王は、パウラヴァ国への恨みを抱きながらも、ジェーラム川を渡れないせいでパウラヴァを侵略することが今までできませんでした。

けれども、プルが橋を架けたことで渡ることに成功。

つまり、プルは渡河のためだけにいいように利用されたのです。

アンビ王にとって、パウラヴァの敵は味方。

パウラヴァに敵意を抱くダレイオスも味方とみなし、ゆえに手を組んでいるのです。

そうとは知らないプルは、この場に突然ダレイオスが現れたことに驚きを隠せません。

そして、プルがダレイオスの登場に気を取られている隙に、ラチが人質に取られてしまいました。

その上、ペルシャ兵とタクシラ兵に囲まれる形になり、プルは最大のピンチに陥ってしまうのです。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第56話ネタバレ

♠パウラヴァ/秘密基地♠

絶体絶命の状況になってしまったプル。

ダレイオス王はここぞとばかりにプルを暴行し、これまで溜め込んでいた恨みを発散します。

プルの母アヌスヤに侮辱された恨み、ペルシャの市場を燃やされた恨み、バムニ王の前でプルに侮辱された恨みを……。

プルは、ラチが人質に取られているため抵抗できず、されるがまま。

そんな中、アンビ王もプルを暴行し始めました。

目の前でプルが暴行されることに耐えられないラチは、助けを求めるような視線をアンビ王子に送ります。

すると、アンビ王子は「おやめ下さい」と暴行を止め、ラチのことも解放するよう頼みました。

解放されたラチはすぐさまプルに駆け寄りますが、プルはなかなか意識を取り戻しません。

一方のダレイオスとアンビたちは、パウラヴァ宮殿に向かいます。

ダレイオス曰く、戦いの準備は万端とのこと。

兵を忍ばせた樽を、パウラヴァ宮殿に大量に運びこんだ

パウラヴァの武器庫と食糧庫を施錠した

これらの計画を自慢気に話したあと、ダレイオスは言葉を続けます。

「国を挙げてカニシカ王子の婚礼を祝う今日こそ、不意打ちにふさわしい」と。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第55話の感想

視聴者目線では、アンビ王とダレイオス王が過去に手を組んでいたことを知っています。

しかし、プルはその過去を知らないので、2人が裏で繋がっていたという事実はかなりの衝撃だったことでしょう。

ペルシャ兵とタクシラ兵に囲まれた上に、ラチを人質に取られてしまったプルはどう見ても大ピンチ。

普通に考えたら、とてもこのピンチを切り抜けられそうにありません。

助かる方法があるとしたら、以下の3パターンでしょう。

①ダスユの皆が助けにきてくれる

②ラチに惚れているアンビ王子が助けてくれる

③ハスティが助けてくれる

上から順に可能性が高いと思われます。

シーズン2は残り5話しかないので、プルがピンチなままシーズン3に突入する予感……。

思えば、プルが平穏に生きていた時間は、今まであまり無かった気がします。

母プリタの無愛情に傷つき、父リプダマンを失い、兄のハスティには憎まれ、ダレイオスには嵌められ、本当の父バムニ王には死刑宣告をされ……。

一体、いつになったらプルに幸せが訪れるのでしょう。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第56話の感想

ダレイオス王は根に持つタイプのようで、これまでの恨みをすべて発散するがごとくプルに暴行していました。

アンビ王もプルに暴行していましたが、実の甥なのに容赦ないですし殴る理由も小さすぎて……見ていて気持ちのよいものではありません。

そんな暴行を目の前で見ていたラチは、さぞ胸が痛かったことでしょう。

ラチは、愛する人に守られるより、愛する人と共に戦いたいと願うような女性。

だから今回、目の前でプルが暴行されているのに何もしてあげられないという状況は、ラチにとって非常につらかったはずです。

絶体絶命という状況の中、救いだったのはアンビ王子が暴行を止めてくれたこと。

今後のアンビ王子の言動にも期待したいです。

※次回57話・58話のネタバレ感想はこちらになります。

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2あらすじ感想 57話・58話
【ポロス】シーズン2第57話・58話。シーズン2はいよいよクライマックスに突入!タクシラ軍とペルシャ軍に挟み撃ちされてし…

プルがピンチ、パウラヴァ宮殿もピンチ!

ついに、シーズンがクライマックスに突入!?