【ラグナロク】シーズン2第3話・第4話考察。フィヨルに語りかける”父”とマグネの”父”の存在。 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ラグナロク】シーズン2第3話・第4話考察。フィヨルに語りかける”父”とマグネの”父”の存在。

© Netflix. All Rights Reserved.

Writer: Ojikan

【ラグナロク】シーズン2/第3話・第4話では、ついにオーディンが姿を現しマグネと対面を果たしますが、弟ラウリッツは神族ではないことから歓迎されませんでした。そんなラウリッツは、ロキ同様の半神半巨人になるべく驚きの行動に出たのです。強い絆で結ばれているかのように見えたマグネとラウリッツは、ヴィダルの死を機にその絆が壊れかけようとしていました。また、フィヨルは自身の宿命を避けてきたものの、ついに父の代わりに決着をつけることにしたのです。

スポンサーリンク

第3話:人々に力を

第3話の神々

オーディン:神々の王。

片目を代償に知恵を得て、過去、現在、未来を見通す。

トールの父にしてロキの義兄弟。

あらすじ

ラウリッツが巨人の力を得て無敵の体になったことを知ったマグネは、彼に対してより不信感を募らせます。

しかし、ラウリッツはヨーツル家のいにしえの火でハンマーを鍛えたいと考えるマグネのために、ヨーツル家の合鍵を手に入れたりとマグネの味方として行動してみせました。

次第にラウリッツに信頼を置くようになったマグネでしたが、ヨーツル家へ侵入したことがヴィダルにバレてしまい、ラウリッツの立場が危うくなってしまうことに。

実の息子ラウリッツの裏切り行為にショックを隠せないヴィダルでしたが、裏切り者は生かしておけないと昔ながらのやり方”一家皆殺し”を実行することを決めます。

そして、ヴィダルはラウリッツを自分の手で殺すことを誓うのです。

マグネはついにオーディンと対面を果たします。

それは、ヴェンケが死に際にネックレスを授けた、眼帯をつけた老人ヴォータンでした。

ヴォータンはネックレスをつけるや否や様子が打って変わり、毅然とした態度で周囲の者を見通す力を得たのです。

トールであるマグネと会い、息子※との再会を喜んだものの、弟ラウリッツのことは巨人であることから歓迎しませんでした。

※北欧神話では、トールはオーディンの息子にあたる。

ラウリッツはその場を後にしますが、その時 北欧神話に登場するロキがオーディンと血の誓いをしたことで半神半巨人になったことを思い出します。

そして、ヴォータンの暮らす施設で採血が行われていることに気付いたラウリッツは、オーディンであるヴォータンの血液を前にして驚きの行動に出たのです。

また、ラウリッツを殺害することを決めたヴィダルは屋敷にラウリッツを招き入れ、自身が持つ財産など全てを与えるつもりだったと話しながら、神と巨人を殺せる唯一の武器である古の武器を手にしました。

しかし、ヴィダルがラウリッツを手に掛けようとした瞬間、マグネがやって来ます。

マグネとヴィダルは争い、最後はヴィダルが斧で背中を刺され砂と化してしまいました。

第4話:神と死

第4話の神々

テュール:北欧神話における軍神。

その強さと勇気で知られる。

自らを犠牲にした行為で片手を失う。

あらすじ

マグネがラウリッツの父ヴィダルを殺したことで、マグネとラウリッツの関係は最悪の状態になってしまいます。

マグネの取った行動はラウリッツを守ろうとしてのことでしたが、ラウリッツはマグネに「父を奪われた」と憎悪の念を抱いていました。

ヴィダルの死は表向きには心不全とされ、ヨーツル家も誰がヴィダルを殺したのかまでは分からないままでしたが、罪悪感に駆られるマグネはフィヨルにだけ真実を打ち明けます。

そして、巨人であるフィヨルには父の仇を討つ務めがあるため、彼が望むなら決闘を受けると伝えました。

フィヨルは一瞬顔色を変えて何かを押さえ込むような様子を見せましたが、すぐに落ち着いた口調で帰るよう促します。

ヴィダル殺害を引きずっていたマグネは、ヴォータンとイマンの元を訪れ、悪人にはなりたくないとトールの宿命を投げ出してしまいます。

そんな最中、イマンは新たな仲間を見つけたとオーディンであるヴォータンにある男性を紹介しました。

町で車屋を営む彼は、イマンとのスパークリングで何度倒されても決して諦めずに戦い続けたことで、”諦めない人”としてヴォータンに紹介されたのです。

そんな中、グリーの父もまた帰らぬ人となっていました。

フィヨルは、「町を出る」というグリーとその母に付いて行くことを決意します。

ヴィダルの葬儀には出席しないとのことでしたが、人目につかない場所でこっそりと葬儀に参加し神父の話を静かに聞いていました。

その時、どこからともなく古の言葉が聞こえ「息子よ、戦に戻れ」と語りかけられると、フィヨルの様子が一変。

内面から湧き出る何かを必死に押さえ込だかと思うと、次の瞬間顔つきが変わり堂々とヴィダルの葬儀に参加したのです。

葬儀から帰ったフィヨルは涙を浮かべながら一緒に行けないことをグリーに伝えると、感情的になってフィヨルを責めるグリーに対し、巨人の目に変えて「君よりも大事なことがある」と彼女を追い払いました。

【ラグナロク】シーズン2/第3話・第4話の考察

  • マグネの父も神族なのか

マグネの父はこれまで写真しか登場していませんが、その写真を見る限り100kgは優に超えていそうな大柄な男性であることが見て取れます。

写真に映るその父は、横に並ぶマグネの母と比べてもかなりの体格差があるうえ、5・6歳であろうマグネを片手で軽々と持ち上げています。

現時点では、それ以外 父親の情報は出てきていませんが、大柄で力持ちというマグネとの共通点があることから、父親も神族である可能性が考えられるのです。

それを裏付ける理由として考えられるのは、マグネは工具を扱うことを禁じられてたこと。

恐らくマグネは幼い頃からすでに人間離れした怪力を持っていたうえに気性が荒いことから、問題を起こさないように工具を扱うことを禁じられたのでしょうが、それらの要素を父から受け継いでいたとすれば……。

マグネと同じ要素を持つ父が神族だと考えても何ら不思議はないでしょう。

  • ヴォータンの施設の職員はトールの武器に欠かせない存在⁉︎

オーディンであるヴォータンが暮らす施設の職員であり、ヴォータンから闇の妖精だと言われていた男性。

かなり小柄な体格をした彼が”闇の妖精”だとするならば、トールの武器ミョルニルを手にするためのキーパーソンとなるでしょう。

北欧神話での闇の妖精とは原初の巨人ユミルの死体から生じ、しばしば神々と対立するものの対価に応じて神々の象徴となる魔力のある武器や宝の製作をする

このように神話に基づくのであれば、彼が何らかの形でトールの武器を手にするべく手を貸すはず。

  • フィヨルに語りかけるのは原初の巨人”ユミル”か

ヴィダルの葬儀にて、フィヨルに語りかけていた謎の声。

「息子よ、戦に戻れ」との発言からフィヨルの父の声と思われますが、これはヴィダルではなく”原初の巨人ユミル”の声ではないかと推測します。

ヒント

ユミルとは霜の巨人であり、巨人を増やしていった巨人族の祖先で王。後に巨人達の暴虐を理由に、巨人の祖先であるユミルはオーディン、ヴィリ、ヴェーによって殺害される。

それというのもヨーツル家は本当の家族ではなく、時代に合わせて家族役を演じているだけなので、実際には対等な立場であり家族ではありません。

そのためフィヨルに対して息子と呼ぶのであれば、巨人族の祖先であるユミルの可能性が最も高いでしょう。

実際にヨーツル家は、ギンヌンガカプ山の自然を大事にしており、ヴィダルはそれらは我らの一部だと話していました。

北欧神話でもギンヌンガ・カップにてユミルが作られたとしており、彼らがそれらを大事にするのはユミルへの敬意であり、故にフィヨルを息子と呼ぶのがユミルだと推測できるのです。

オーディンらに殺害されたユミルは体を解体され、その体のパーツごとに大地や山脈、海などの世界を作ったとされている。