【リバーデイル】シーズン5第14話ネタバレと考察・解説。それぞれが抱える心の闇。 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン5第14話ネタバレと考察・解説。それぞれが抱える心の闇。

© Warner Bros. Entertainment Inc. & CBS Studios Inc. All rights reserved.

Writer: Ojikan

【リバーデイル】シーズン5第14話ネタバレと解説。PTSDに悩まされるアーチーは治療を開始するも、度重なるフラッシュバックに正気を失いカウンセラーを責め立てます。ベティはついにハイウェイ・キラーを捕らえましたが、男は何を聞いてもまともに答えないどころか驚きの行動に出たのです。また、グループセミナーに参加していたジャグヘッドは自身の身に起きた悪夢の原因について語り出しました。

© Warner Bros. Entertainment Inc. & CBS Studios Inc. All rights reserved.|© Netflix. All Rights Reserved.

「リバーデイル」の記事一覧

スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン5第14話あらすじ

アーチーは、ジャクソンと共にPTSDを乗り越えるべく治療を受けることを決意します。

そんな中、シェリルからメープル林にあるパラジウムの最大鉱脈を、ハイラムより先に採掘して欲しいとの依頼を受けました。

採掘経験のあるアーチーの叔父を筆頭に、アンドリュース建設として採掘の依頼を引き受けケヴィンやファングス、レジーも採掘に加わります。

しかし、採掘を始めてまもなく、狭くて暗い採掘場のせいでアーチーはフラッシュバックを起こし、その場から逃げ出してしまいました。

これまで薬物治療に難色を示していたアーチーもこれを機に投薬を始め、症状が落ち着き始めました……が、安心したのも束の間、アーチーは再びフラッシュバックに襲われてしまいます。

正気を失ったアーチーはそのままカウンセラーの元を訪ね、全ては投薬のせいだと責め立てました。

ハイウェイ・キラーと思しき人物を捕らえたベティは、FBIには渡さずに自分自身で尋問を行うことに。

FBIから盗んだ資料や写真を基に、行方不明の女性たちについて問いただしますが、男はまともに取り合おうともしません。

それどころか男に罪の意識はなく、”殺人は家族で狩りをするのと変わらない”と言ってのけたのでした。

依存症のグループセラピーに顔を出していたジャグヘッドは、悪夢の原因について語り出します。

念願叶ってアイオワ大の作家コースに入りましたが、思いのほか楽しめず執筆活動に精を出しました。

出来上がった作品をNYのエージェント100人に送り、有名なエージェントの1人と契約が決まります。

作家となったジャグヘッドはNYに移り住んで執筆活動に専念するも、かつてないほどの大スランプへと陥ってしまいます。

それでも酒とクスリに頼りながら何とか書き上げた新作は、エージェントから太鼓判を押されるほどの出来でした。

本の出版も決定し恋人ジェシカとの同棲も始まり、ジャグヘッドに幸せな生活が待ち受けていると思われましたが、彼の心にはまだベティへの未練が残っていました。

そこでジャグヘッドは、出版パーティーにベティを招くことにします。

ところが、当日になってベティが来られないことを知ったジャグヘッドは、ショックのあまり大量の酒を煽りながらベティに暴言混じりの留守電を残した後、闇へと飲み込まれていきました。

 ベティが捕らえた男はポリーを殺害したのか

ベティが捕らえた男ですが、本当にポリーを殺害したのかについては疑問が残ります。

男は頑なにポリーの居場所を教えようとはしないうえ、ポリーを殺害したとは1度も言っていません。

しかし、ポリーのタトゥーや彼女がパティと名乗っていたことは知っていました。

これらのことから考えられるのは、この男はポリー殺害に深く関わっているものの殺害はしておらず、別の誰かがポリーを殺害したのではないか、ということ。

そして、男はポリーを殺害した真犯人を庇っていたため、頑なにポリーの居場所については口を割らなかったと考えられます。

男が自ら命を賭けてまで守りたかった真犯人とは、恐らく”家族”でしょう。

実際に、男が殺人は家族で狩りをするのと変わらないと答えていることから、ベティも家族ぐるみの犯行だと疑いの目を向けています。

したがって、ポリー殺害犯はこの男の家族であると考えてよさそうですが、男が話す家族が本当の家族のことなのか、もしくは彼の仲間のことを家族呼ばわりしているのかは現時点では定かではありません。

いずれにせよ、ハイウェイ・キラーは複数人いることが判明したので、ポリー失踪事件が解決するのはもう少し先になりそうです。

 アーチーたちを悩ませるフラッシュバック

今回、アーチーとベティとジャグヘッドが悩まされているフラッシュバックの原因が判明しました。

  • アーチー:部下10人を失った最終任務
  • ベティ:連続殺人鬼に捕まった事件
  • ジャグヘッド:孤独

このように、フラッシュバックや悪夢を引き起こしている原因はそれぞれ異なります。

アーチーやベティのような惨忍な出来事に関する場合は原因が明らかであるため、簡単ではありませんが比較的治療も行いやすいとのこと。

ところが、ジャグヘッドのように長年感じていた孤独が原因となると、孤独感を取り除くための治療も難しくなるようです。

孤独を感じているうえにアルコール依存症ともなれば誰かの助けは必須であり、さらに信頼できる人間関係を築く必要があります。

しかし、今のジャグヘッドには心から頼れる存在がいません。

唯一頼れる可能性があるとすればアーチーですが、アーチー自身もPTSDを抱えながら元部下ジャクソンの面倒も見ているので、ジャグヘッドの面倒まで見れるかは難しいところです。

とはいうものの、今のジャグヘッドに助けが必須であることに変わりはなく、誰が彼に手を差し伸べるのかも注目したいところです。