【リバーデイル】シーズン5/第2話ネタバレと解説。チャールズには裏の顔があった。 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン5/第2話ネタバレと解説。チャールズには裏の顔があった。

作品紹介

【リバーデイル】シーズン5/第2話ネタバレと解説。リバーデイル高校の卒業を1週間後に控えるアーチーたちですが、様々な問題が浮き彫りとなります。アーチーの父のひき逃げ犯の裁判や、ベティとジャグヘッドの周辺で相次ぐ死、ヴェロニカやシェリルの家族の問題など。また、ついに謎のビデオテープの作成者と殺人事件の犯人が明らかとなりましたが、それは”衝撃の人物”だったのです。

© Netflix,lnc.|© Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.
オフィシャルサイト ➤

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2021年1月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

*外部サイトへ移動します

関連作品

「リバーデイル」出典:www.amazon.co.jp

Amazonシーズン4までAmazonPrimeビデオで試聴可能。

 

「リバーデイル」を検索 ➤
スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン5/第2話あらすじ

ある日の真夜中、ベティの元に刑務所にいるブレットから極秘情報を入手したと電話がかかってきます。

ベティは情報を入手するため、身を案じたブレットの独房への移動という要求を受け入れ、明日の面会を約束して電話を切りました。

ところが、翌日ベティとジャグヘッドがブレットの面会に訪れるとブレットは既に死亡。

その直後には、ブレット殺害に関わっていると思われたブルーベルベットの店主デヴィッドも死体で発見されます。

ベティとジャグヘッドは、犯人がこれまで自分たちの極秘情報を入手していることから、盗撮だけでなく盗聴までしているのではと、チャールズを疑います。

チャールズを呼び出して問い詰めると、あっさりとジョーンとブレット、デヴィッドの殺害を認め、他の殺害も仄めかし”自分が連続殺人犯である”と打ち明けました。

しかし、チャールズはビデオテープの件については認めず、「君たちならすぐにわかる」と不敵な笑みを浮かべます。

アーチーは父フレッドをひき逃げした犯人の裁判が始まるとのことで、まだ未成年の犯人のために情状酌量の手紙を書くよう加害者の家族から頼まれます。

ただでさえ、上手くいかない人生へのフラストレーションを感じているアーチーは爆発寸前で、母メアリーに「あなたが怖い」と言われるほど荒れていました。

その一方で、ヴェロニカは母と姉と結託して暴力行為に溺れる父ハイラムを、事業から撤退させることを画策します。

見事に、ハイラムを事業から撤退させることができた母ハーマイオニーは、彼はもう必要ないと離婚を切り出したのです。

シェリルはトニとの関係を彼女の祖母に認めてもらうため、トニの祖母が嫌う穢れたブロッサム家をクリーンに立て直すべく、親戚一同にメープル事業の再開を提案します。

ところが、親戚一同は過去の因縁を理由にシェリルの頼みを聞き入れようともしません。

そこで、シェリルが母ペネロピに相談を持ちかけると、親戚一同は「昔から忌々しい存在だ」と、アリバイ作りのためにしばらく町から出るようにシェリルに告げたのです。

【リバーデイル】シーズン5/第2話の解説

チャールズは連続殺人犯だった

ベティとジャグヘッドの周辺で続々と起きていた殺人事件の犯人が、チャールズだったことが判明しました。

チャールズは、ストーンウォール高校のジョーンとブレット、ブルーベルベット(ビデオ店)の店主デヴィッドの殺害について自供。

真相を突きつけられたチャールズは驚くわけでもなく、至って平然だったのが連続殺人鬼そのもので恐怖を感じます。

さらに、チャールズは連続殺人を犯しているのにも関わらず”愛する人を守るため”と言い張り、罪の意識がないのも恐ろしい。

チャールズはFBIという立場上、殺人現場にいても何ら不思議はないため、これまで疑われることもなかったのでしょう。

シーズン5の放送

【リバーデイル】シーズン5は、2021年1月現在、Netflixにて毎週木曜日に新エピソードが配信されています。

なお、シーズン4に収録される予定だったのは残り3話分なので、次回3話にてシーズン4のエピソードが終了することになります。

そのため、4話以降から7年後の世界が描かれることになるようです。

【リバーデイル】シーズン5/第2話の感想

ついに様々な謎が明らかとなった【リバーデイル】シーズン5の第2話。

ベティとジャグヘッドの周辺で起きていた殺人事件の犯人がチャールズだったことには驚きました。

チャールズがあそこまで平然としていられるのはFBIの人間だからなのか、生まれ持った連続殺人鬼のDNAによるものなのか。

自分の信念を貫き罪悪感を感じていない様子だったのは、まさに連続殺人鬼の特徴そのものでした。

そんなチャールズと同じDNAを持つベティは、とても複雑な思いを感じたことに違いないでしょう。

また、ビデオテープの作成者はチャールズではなく別の人物で、その人物もベティとジャグヘッドのごく身近な人物だったことにも衝撃を受けました。

そして、ついにベティたちはリバーデイル高校の卒業まで1週間、次回3話ではやっと卒業式が見れそうです。