【リバーデイル】シーズン5/第5話ネタバレと解説。“リバーデイル”は消滅か⁉︎ | Dramas Note

【リバーデイル】シーズン5/第5話ネタバレと解説。“リバーデイルは”消滅か⁉︎

作品紹介

【リバーデイル】シーズン5/第5話ネタバレと解説。7年という月日はリバーデイルをすっかり変容させ、かつての面影などなく無法地帯と化していました。全てはハイラムの独裁によるもので、リバーデイルは静かに終わりを遂げようとしていました。そんな故郷を救うべくアーチーらが下した決断とは⁉︎

© Netflix,lnc.|© Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.
オフィシャルサイト

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2021年2月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

*外部サイトへ移動します

関連作品
Amazon.co.jp: リバーデイル <シーズン4> (吹替版)を観る | Prime Video
アーチーの父フレッド・アンドリュースの突然の悲報。悲しみに暮れるなか、リバーデイル高校には秩序、規律、罰則を重んじるハニ…

「リバーデイル」を検索 ➤
スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン5/第5話あらすじ

アーチーからの連絡を受けてヴェロニカ、ジャグヘッド、ベティもリバーデイルに戻ってきました。

今もなおリバーデイル市長を務めるハイラムの独裁は続き、近隣の町へと続く有料道路を建設するためリバーデイルを潰そうと画策しています。

荒廃した故郷を救いたいアーチーに対し、自分の人生を最優先したいヴェロニカたちとの間には温度差が生じていました。

事実それぞれが問題を抱えており、ヴェロニカは夫のチャドとの関係、ジャグヘッドはスランプ、ベティはトラウマを抱えています。

そのため、ヴェロニカたちは故郷を救おうとするアーチーを手伝うのではなく、ポップの退職祝いが終わり次第リバーデイルを後にすると決めたのです。

リバーデイル高校は、町の施設同様ハイラムの圧力を受けて予算が出ていないことから存続の危機を迎えていました。

将校養成課程を再開させたいアーチーは、リバーデイル高校の現状や今後のことを聞くべく校長の元を訪れます。

高校で働くトニやケヴィン、PTAのアリスも集まり、リバーデイル高校では予算と共に教員も不足している現状を知らされます。

教員免許が必要となるため教員の確保がネックに思われたものの、トニは私立校にすれば教員免許が不要になると提案し、必要となる予算は何とかすると得意な様子を見せたのです。

予算も教員も不足して存続は不可能に思われたリバーデイル高校でしたが、トニやアーチーたちが思わぬ機転を働かせて無事に存続が決定しました。

ところが、ハイラムによって提案された”リバーデイルを非法人化する”案は可決されてしまうことに。

これによってリバーデイルは非法人化となり、州からの助成金もなくなったため自治体ではなくなってしまいました。

これこそがまさに、ハイラムが待ち望んでいたリバーデイルの死だったのです。

ついに自治体ですらなくなったリバーデイルはどうなってしまうのか、さらにリバーデイル高校存続のためトニやアーチーが思いついた突飛な考えとは⁉︎

スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン5/第5話の解説

リバーデイル高校の存続危機

ハイラムの加速する独裁政治により、存続の危機を迎えていたリバーデイル高校でしたが、トニの機転によって私立化することで不足する予算も教員も確保しやすくなりました。

トニは出資者になってくれるようシェリルを説得し、最初こそ難色を示していたシェリルもトニのためにと協力してくれることに。

一方で、アーチーは私立化で教員免許が不要になったことから、ヴェロニカたちに共にリバーデイル高校の教員にならないかと打診しました。

ヴェロニカとジャグヘッドは、「NYでの生活がある」といい顔をしないものの、ベティはしばらく実家に残りたいこともあってアーチーへ協力する意思を示したのです。

”リバーデイル”は消滅

リバーデイル高校は授業料無償の私立化へと生まれ変わり、存続が決まりましたが、”リバーデイルを非法人化する”案は賛成多数で可決されてしまいました。

リバーデイルが非法人化すると州からの助成金もなくなるため、これまでのように公共サービスが維持できなくなります。

それは自治体でなくなることを指しており、あまつさえハイラムの独裁が加速することとなるでしょう。

すでに無法地帯と化したリバーデイルがこれによりどうなってしまうのか、今後のリバーデイルの行く末が気になります。

シーズン5の放送

【リバーデイル】シーズン5は、2021年2月現在、Netflixで毎週木曜日に新エピソードが配信されています。

スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン5/第5話の感想

7年もの月日は、かつての親友との関係にも溝を生んでしまうものなのかと、アーチーたちを見ていて少し切なくなりました。

互いの人生があるため仕方ないことでもありますが、ヴェロニカとジャグヘッドは最優先したい自身の人生にも納得できていないようで、葛藤している様子が伺えます。

そんな彼女らの姿はまさにリアルな20代そのものでとても現実味を感じましたが、高校生の頃のように仲の良い4人の姿がまた見たいものです。

それにしても、未経験にもかかわらず母校を救うためなら教員になることも躊躇わないアーチーの行動力には驚かされました。

アーチーたちが教員とは全く想像がつきませんが、一体どんな教員になるのかとても楽しみです。

そして、ついに自治体ですらなくなったリバーデイルですが、ただでさえ治安が悪そうだったのにこれからどうなってしまうのかも気になります。

これによりハイラムはより権力を持つことなるでしょうし、完全な無法地帯となったリバーデイルではさらなる事件や問題が増えることになるでしょう。

そんなハイラムとどう戦うのか、故郷を取り戻したいアーチーがどんな活躍を見せるのか期待したいです。