【リバーデイル】シーズン5/第4話ネタバレと解説。7年後のそれぞれが歩む道。 | Dramas Note

【リバーデイル】シーズン5/第4話ネタバレと解説。7年後のそれぞれが歩む道。

作品紹介

【リバーデイル】シーズン5/第4話ネタバレと解説。物語の舞台は、ついに高校卒業から7年後の世界へと突入。ひょんなことからリバーデイルへと舞い戻ってきたアーチーは、7年で変貌を遂げたリバーデイルを目撃することになるのです。かつての故郷を取り戻すべく、アーチーはジャグヘッドらを呼び戻して……。

© Netflix,lnc.|© Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.
オフィシャルサイト

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2021年2月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

*外部サイトへ移動します

関連作品

「リバーデイル」出典:www.amazon.co.jp

Amazonシーズン4までAmazonPrimeビデオで試聴可能。

「リバーデイル」を検索 ➤
スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン5/第4話あらすじ

退役軍人病院で目を覚ました軍曹のアーチーは、上官から7年間の功績を讃えられ、戦場ではなくリバーデイルへ戻るよう伝えられました。

アーチーは戦場へ戻ることに頑なでしたが、リバーデイル高校にある将校養成課程を再開させるよう命令されたのです。

その頃、バージニア州に暮らすベティはFBI訓練生として働いていました。

しかし、ベティは過去に単独で犯人を捕まえようとして失敗したうえ、自分自身も危険な目に遭ったことで大きなトラウマを抱えていました。

この重大なミスにより現場復帰が許されずにいるものの、何とか現場復帰したいという思いでトラウマを隠してカウンセリングを受けたのです。

ニューヨークに暮らしているヴェロニカは、ウォール街で働く夫のチャドウィック(クリス・メイソン)と結婚記念日を祝っていました。

チャドは、ヴェロニカと搭乗したヘリコプター墜落事故の影響から時間は有限であると思うようになり、彼女との子供を強く望んでいます。

しかし、ヴェロニカはかつて働いていたウォール街のような刺激を求めて宝石店の仕事に没頭したいため、チャドとの意見衝突が耐えませんでした。

その一方で、同じくニューヨークに暮らしているジャグヘッドは、念願の作家活動をしていました。

デビュー作は高い評価を受けて引く手数多ひくてあまただったジャグヘッドですが、一向に新作が書けず今や”見切り品”扱いされる始末。

スランプに陥ったジャグヘッドは酒に溺れ、家賃も払えず借金取りに追われるなど事態は泥沼と化していました。

アーチーは7年ぶりのリバーデイルに違和感を覚えながらも、ポップの店へやって来ました。

そこには妊婦となったトニの姿があり、今は白蛇と共同でポップの店のオーナーを務めているとのこと。

そこへ居合わせたケヴィンとファングス、スイートピーからそれぞれの近況やリバーデイルの様子を聞かされます。

しかし、詳しいことは見た方が早いとトニにリバーデイルの案内をしてもらうことに。

トニの案内を受けてアーチーが7年ぶりに見たリバーデイルはすっかり変容しており、かつての面影もないほど荒廃していました。

ハイラムの独裁によって無法地帯と化したリバーデイルを正すべく、アーチーはジャグヘッドたちを再びリバーデイルに招集するのです。

スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン5/第4話の解説

7年後のそれぞれの状況

アーチー、ヴェロニカ、ジャグヘッド、ベティの現状

  • アーチー

アーチーは陸軍軍曹となりましたが、上官から7年間に及ぶ軍での功績を讃えられて前線からは外されることに。

次の赴任先はリバーデイル高校で、休止状態にある将校養成過程を再開させること。

  • ヴェロニカ

ヴェロニカはウォール街の取引所で働くチャドウィックと結婚したものの、幸せな結婚生活とは言えない様子。

心配性で嫉妬深いチャドに悩まされ、彼とのわだかまりがまだ残っています。

  • ジャグヘッド

ジャグヘッドは作家としての活動がなかなか軌道に乗らず、スランプ状態に陥っているよう。

借金取りに追われ、家賃も払えないような自堕落な生活を送っています。

  • ベティ

ベティはFBI訓練生として働いていますが、業務中の単独行動により大失態を起こして大きなトラウマを抱えることに。

同僚のグレン(グレイストン・ホルト)と恋人関係にあります。

その他の同級生の現状

  • トニとケヴィン

トニは大学を出てリバーデイルで福祉の仕事に就くも事務所が閉鎖してしまい、たまたま空きのあったリバーデイル高校にて進路指導を担当することになりました。

ケヴィンは大学を卒業し、リバーデイル高校にて演劇の教師をしています。

  • シェリル

シェリルは何年も館に引きこもっている様子。

館の呪いから逃れようと館の改装を続けたり、祖母の言う通りに複製画を描き続けていますが、その目には涙を浮かべていました。

  • ファングスとスイートピー

ファングスとスイートピーは、共にトニが復活させた蛇の仕事をしています。

  • レジー

リバーデイルを掌握するハイラムの右腕的存在となっています。

シーズン5の放送とシーズン6へ更新決定


【リバーデイル】シーズン5は、2021年2月現在Netflixで毎週木曜日に新エピソードが配信されています。

第4話からはシーズン5の本編へ突入し、リバーデイル高校卒業から7年後の世界が描かれています。

そして【リバーデイル】は、シーズン6への更新が正式に発表されました。

スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン5/第4話の感想

物語はついに7年後へと突入し、それぞれの変化が目まぐるしくも新鮮に感じました。

高校生の時に思い描いていた通りの生活をしている者は少なく、理想とはかけ離れた生活を送っているのがまたリアルさを増幅させます。

そして何よりも気になったのは、変わり果てたリバーデイル。

この7年の間に一体何があったのか、アーチーたちはリバーデイルを掌握するハイラムからどうやって故郷を取り戻すのかに注目です。

さらに、リバーデイルで起きている新たな事件や恋愛模様も気になるところ。

結婚しているヴェロニカや恋人のいるベティがリバーデイルに戻ってくることで、アーチーとジャグヘッドと再会を果たしどんな展開が待ち受けているのかも注目したいポイントのひとつです。