【リバーデイル】シーズン6第5話ネタバレと解説。【リバーデイル】シーズン6第5話ネタバレと解説。リバーベイルの黒幕⁉︎ 後半配信情報も! | Dramas Note
スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン6第5話ネタバレと解説。リバーベイルの黒幕⁉︎ 後半配信情報も!

海外ドラマ
© 2021 The CW Network, LLC. All Rights Reserved. / © Netflix. All Rights Reserved.

【リバーデイル】シーズン6第5話ネタバレと解説。ジャグヘッドの死体が発見されたことからリバーベイルが並行世界であることが判明したものの、それは想像以上に闇深いものでした。2つの世界は互いを侵食し、破滅に向かっていたのです。世界の破滅を止めるべく奔走するジャグヘッド。しかし、まさかの人物が邪魔に入ってきて…。

©2021 The CW Network, LLC. All Rights Reserved. / © Netflix. All Rights Reserved.

動画配信[Netflix]

「リバーデイル」の記事一覧

スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン6第5話あらすじ

ロンリー・ハイウェイにあるリバーベイルの看板の前に横たわる死体がありました。

ジャグヘッドによれば、これは架空の物語ではなく実話であるとのこと。

さらに、死んだはずのアーチーやトニが生き返っており、彼らはこれまで自身の身に起きたことを悪夢だと捉えているようでした。

そして、リバーベイル高校の新学期が始まります。

ジャグヘッドも教師の仕事に復帰しますが、状況を把握していないどころか酷く混乱していました。

リバーベイル高校でも奇妙なことは続き、ガーゴイル・キングに身を捧げて死んだはずのベンまでもが生きています。

完全に理解の範疇を超えた現実に戸惑いを隠せないジャグヘッド。

しかし、そこに”ジャグヘッドの遺体が上がった“との一報が入ります。

ジャグヘッドはすぐさま検視官の元を訪れ、例の遺体を見せてもらうと……それは間違いなくジャグヘッドだったのです。

死んだジャグヘッドの所持品を受け取ったジャグヘッドは、遺体の発見場所であるロンリー・ハイウェイへと急ぎます。

リバーベイルの看板前に到着したジャグヘッドがふと看板裏に回ってみると、そこには”リバーデイル“と書かれていました。

また、死んだジャグヘッドの所持品から出てきた1冊のコミックには、”リバーベイル:ジャグヘッドはパラドックス”とのタイトルが書かれていたのです。

謎が深まる中、ジャグヘッドの部屋からは死んだジャグヘッドが持っていたコミックと酷似した大量のコミックが発見され、そのタイトルには”リバーデイル“と書かれており、これまでリバーデイルで起きた物語が描かれているようでした。

スポンサーリンク

 リバーベイルは並行世界⁉︎

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rivervale(@thecwriverdale)がシェアした投稿

”リバーデイル”とタイトルのついたコミックを1号から読み始めたジャグヘッドは、自分が並行世界にいると結論づけます。

コミックでは95号まではリバーデイルの出来事で、その後リバーデイルで爆発が起きてリバーベイルに変わっていました。

これらのことから、リバーベイルはリバーデイルの並行世界(パラレルワールド)だと考えたジャグヘッドは、タバサを始めとするアーチーなど友人たちにもその事実を伝えていきます。

タバサはジャグヘッド同様にコミックに描かれたリバーデイルでの出来事に覚えがありましたが、ヴェロニカやシェリルには覚えがありません。

あまつさえ、ヴェロニカの父ハイラムは彼女が15歳の時に亡くなっており、シェリルの双子の兄ジェイソンは生きていました。

ジャグヘッドは自分がリバーベイルが並行世界だと気付いたのには意味があるはずだとして、並行世界の法則を調べることにします。

そんな中、リバーベイルでもブラックフッドを名乗る人物がジェイソンをさらう事件が発生。

かつてリバーデイルでも起きた事件であるため、結末を知るジャグヘッドが事件を未然に防ぎましたが、これにより生まれた歪みのせいか今度はシェリルが何者かに殺害されてしまいます。

それは、結合する2つの世界が膨張しながら互いを侵食しているからでした。

このままでは2つの世界とも破滅に向かってしまうものの、世界を救う方法が1つだけありました。

スポンサーリンク

 救える世界は1つだけ?全ての黒幕はアーチー⁉︎

世界を救う方法とは、リバーベイルが生まれたとされる爆発をもう1度再現するというもの。

ところが、これで救えるのはリバーデイルだけであり、リバーベイルは消滅する運命でした。

これに気付いたジャグヘッドは迷うこともなくヴェロニカの元を訪れ、世界を救うために協力して欲しいと伝えます。

リバーベイルはアーチーの家で起きた爆破をきっかけに誕生しており、その状況を忠実に再現するにはジャグヘッドとかつて愛し合っていたヴェロニカの協力が必須だった。

ジャグヘッドから説明を受けたヴェロニカは二つ返事で快諾し、世界を救うことを誓います。

ジャグヘッドたちが爆破を再現するのは、アーチーとベティの結婚式の日。

この日ならアーチーたちも家を空けているため、すんなりと爆破の再現が出来るはずでしたが、そこへ姿を現したのはヴェロニカではなくアーチーでした。

そして、アーチーはヴェロニカは来ない事を告げます。

何故ならヴェロニカは自分が殺したからと……。

スポンサーリンク

 【リバーデイル】シーズン6の放送とキャスト情報

【リバーデイル】シーズン6は、第1話から5話までがスペシャルイベントとなっており、これより休止期間に入ります。

シーズン6の第6話の配信は2022年3月6日(現地時間)で、第6話からは毎週日曜日(現地時間)の配信へと変更になります。

これまで通り世界同時配信であれば、日本時間2022年3月7日から配信が開始され、毎週月曜日の配信となるでしょう。

第7話が配信される3月13日からは、アメリカがサマータイムを迎えるため配信時間にも変化が起きます。

現時点では今後の内容については判明していないものの、第7話でハーマイオニー・ロッジ役のマリソル・ニコルズが復帰することが分かっています。

また、Deadlineによれば【YOU ー君がすべてー】(2018)のアンドリュー役を務めるクリストファー・オシェイが、リバーデイルの新たな住民として登場するそうです。