PR

【サムバディ】(Netflix)あらすじ考察|愛した相手は連続殺人鬼だった

サムバディ,ネタバレ,考察 サスペンス
作品情報

【サムバディ】(Netflix)あらすじ考察。本作は、出会い系アプリを通じた犯罪について描く韓国発のクライムサスペンスドラマです。出会い系アプリの開発者はある事件の調査で犯人に接触しますが、思わぬ共通点を見つけ強く惹かれていきます。

PR

【サムバディ】あらすじ

©︎Netflix

出会い系アプリ”サムバディ”の開発者キム・ソム(カン・ヘリム)はアスペルガー症候群で、人の感情を読み取るのが苦手な女性です。しかし、それこそがソムの原点であり、サムバディを制作するきっかけとなりました。

ソムは人の感情を読み取るのが苦手だったが故に自らAIを搭載したチャットプログラムを制作し、それがスペクトラム社のCEOの目に留まり、サムバディを開発するまでに至りました。

ソムが作ったチャットプログラムは、AIチャットボットが発言の少ない人の意見を見つけ、その人が発言したかったことや発言前に消去したものを代弁するというものです。そのため何でも話せるチャットプログラムは、ソムにとって唯一の親友でもあります。

そんなある日、ソムはサムバディを悪用した殺人事件の調査の過程で、犯人と思しき男性にコンタクトを取ります。

PR

建築デザイナーでソン・ユノ(キム・ヨングァン)と名乗る男性に最初こそ警戒心を抱いていたソムですが、次第に人とは異なるユノに惹かれ始めていました。やがてソムはユノと恋人関係へと発展すると、自ら制作したチャットプログラムを通じてユノのもう1つの顔を知ることとなります。

ソムのチャットプログラムの仕組みである”AIチャットボットが消去したメッセージも記録する”ことを知らなかったユノが、自身の趣味は殺人でソムと共に殺人を楽しみたいとの本心を書き込んでいたのです。そんなユノの恐ろしい一面を知ったソムは怖がるどころか笑顔を浮かべ、ユノの欲求に同意します。

実際、ユノはソムと交際を始めた前にも後にもサムバディを利用して出会った女性を何人も殺害していました。ソムの友人で警察官のヨン・ギウン(キム・スヨン)もユノの被害者の1人で、サムバディでユノと出会ったギウンは殺害こそ免れたものの車椅子を捨てられ、山に置き去りにされています。

ソムはギウンの件を知ってもユノの味方をして彼を庇いましたが、ユノが犯してきた罪を考え、得意のプログラミングで答えを導き出そうとします。ところが、プログラミングではソムの求める答えは得られなかったため、ソムはこれまでの自分のルールに則ってユノ殺害を決意しました。

早速、ソムはユノが持つアジトへと向かいます。

ユノの元を訪れたソムは彼に振り向く間も与えず、ユノから貰ったカミソリで彼の両目と首を切りつけて殺害しました。

PR

ユノがソムら3人を殺害しなかったのは”特別”だったから

©︎Netflix

ユノはいわゆる連続殺人鬼ですが、何故ソムとモゴォンとギウンの3人だけは殺害しなかったのか疑問が残ります。これは、恐らくユノにとってソムたちは特別な存在だったのだと考えられます。

ユノにとってソムたちが特別だった理由は、以下の通りです。

  1. ソム:恋人かつ完璧な自分を投影できる存在
  2. モグォン:性的マイノリティという異能者同士
  3. ギウン:体は不自由ながらも母から愛された憎き存在

これらソムたちの特徴はユノの一部でもあり、ユノに欠けている部分でもあります。まさにこれこそが本作に隠されたメッセージで、“社会的弱者のソムたちVSサイコパスのユノ”の構図でありながらも、実は互いに共感し合っているという相反するメッセージが込められているのです。

PR

ユノがサイコパスになったのは母との確執か

©︎Netflix

ユノのバックグラウンドについてはほとんど明かされなかったもののユノは明らかにズレた人間であり、その原因は幼少期の家庭環境が大きく影響しているのかもしれません。それというのも、連続殺人鬼には幼少期の家庭環境に問題があることが多く、DVやネグレクトなどの問題を抱えて育ったという共通点が見られます。

これはアメリカFBIで研究された結果であり、連続殺人鬼のほとんどが家庭環境に問題があるとされています。

連続殺人鬼の研究は1970年代からアメリカFBIが始め、犯罪行動科学に基づき多くの連続殺人犯へのインタビューを経て、連続殺人犯をプロファイリングする手法を生み出した。

マインドハンター】(2017)では、その当時の様子を忠実に再現されている。

これらのことに加え、ユノはギウンの母の話に顔色を変えていることからも、ユノと母との間には何かしらの問題があったと憶測することができます。

PR

ソムがユノを殺害したのはサイコパスな一面を消すため

©︎Netflix

最終的にソムは自らユノを殺害しましたが、これはソムが自分の中のルールに則った結果だったのと同時に、自身の中にあるサイコパスな一面を消し去るためだったのでしょう。ソムはアスペルガー症候群で、世間の一般常識が理解できないこともあり、幼少期には好奇心から母を殺害しようとしたこともありました。

その時はただの好奇心でしたが、後に性的暴行に遭いそうになり思わぬ形で犯人を殺害してしまった際には、エクスタシーを感じたと明かしています。この瞬間、ソムの中に秘めていたサイコパスな一面が開花しますが、その後ソムは得意のプログラミングを使って自身とユノを解析していき、ユノ殺害を決意しました。

一見すると、ただソムが凶悪な連続殺人鬼のユノを殺害しただけに見えますが、ソムの真の目的は自分の中にあるサイコパスな一面を葬ることだったのだと考えられます。つまり、ソムはサイコパスなユノを自ら殺害することで、サイコパスという自分の一部をも殺したのです。

© Netflix
本ページの情報は2022年11月時点のものです。最新の配信状況は[Netflix]  にてご確認ください。