【双花伝】24話・25話・26話のネタバレ感想|国璽と遺詔の奪還 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【双花伝】24話・25話・26話のネタバレ感想|国璽と遺詔の奪還

双花伝~運命を分かつ姉妹~,ネタバレアジアドラマ
©︎Jetsen Huashi Wangju(Changzhou) Cultural Media Co., Ltd © 2007-2022 Nippon BS Broadcasting Corporation. AllRights Reserved.

解説

【双花伝~運命を分かつ姉妹~】24話・25話・26話のあらすじ。原青江は苦労の末に玉璽を手に入れ西庭の皇帝に捧げました。ところが、皇帝は国璽を手に入れるやいなや、もう用済みとばかりに原家を押さえつけ始めたのです。この記事ではネタバレ感想をお届けします。

「双花伝」オフィシャルサイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

24話のあらすじネタバレ

©Jetsen Huashi Wangju(Changzhou) Cultural Media Co., Ltd.

*一部、シーンが前後しています。

肱月。花木槿のフリをしたまま皇太子妃となった姚碧瑩ようへきえいは、原非珏げんひかくの愛を一身に受けながら思った。

“花木槿。あなたはこれほど思われているのよ。なのに私に毒を盛る卑怯者だったなんてね”

姚碧瑩は、果爾仁か・じじんから聞いた“花木槿に毒を盛られ続けていた”という話をすっかり信じているのだ。確かに毒は盛られていたが、犯人は花木槿ではない。けれどそれを知らない姚碧瑩は、花木槿に恨みを募らせる。

姚碧瑩の部屋に入ってきた女帝は、新しく仕立てた服に着替えさせた。すると、姚碧瑩の背中に「ダリア」の花模様が刻まれていることに気づく。


原府。連夫人は寵愛されている花錦繍を妬み、憂さ晴らしのために花錦繍と親しい初画しょかくを虐げることにする。そのせいで初画は周りの兵士からひどい扱いを受けてしまうが、于飛燕う・ひえんが助けてくれた。2人は次第に親交を深める。


原家ととう家は、それぞれ玉璽と遺詔を探していた。それらを先帝から託され所持している宦官の張は、隠れ家のような場所に罠を仕掛けて身を隠し、奪いにくる者たちを待ち伏せていた。

その隠れ家にやってきたのは、原府の陳玉嬌と、竇家の宣姜だった。2人は張の放った吹き矢で気を失い、柱にはりつけにされ、玉璽と遺詔がそれぞれの体に結びつけられた。 誰かが2人を救出、あるいは玉璽と遺詔を奪おうとすれば、仕掛けた地雷が爆発する仕組みになっている。

一方の原清江も、遺詔と玉璽の回収のため兵を連れて付近まで来ていた。ところが、道中に立ち寄った食事処で毒を盛られて殺されそうになる。間一髪のところで、宋明磊そうめいらいと非煙が助けに駆けつけた。

しかし、この功績をもってしても、原清江は宋明磊を許さなかった。それどころか、2人が夫婦になったと聞き 顔が険しくなる。 原清江は「非煙を出世の道具にするな」と宋明磊を追い返した。

食事処を出た原清江の一行は、陳玉嬌が残した目印を頼りに隠れ家に到着する。ほぼ同時に、竇英華も到着した。彼らは はりつけにされている2人を助けつつ、玉璽と遺詔を手に入れようとする。

乱闘になる中、ここでも宋明磊が助けに現れる。結果的に、玉璽も遺詔も原清江の手に渡ったが、遺詔に関しては真っ二つに斬られてしまったため効力を失った。

原府の者が散り散りになる中、宋明磊と原清江は一緒に逃げた。そこへ、明家の残党を率いる明鳳慶めいほうけいが現れ宋明磊に命じる

「陽児、殺せ」

宋明磊の本名(陽児)を知った原清江は、宋明磊こそが自分がずっと探していた妹の息子(つまり甥)なのだと気づいた。原清江は穏やかな顔つきになり、宋明磊に「非煙を頼む」と告げる。

原家の隠密が近くまで迫っていると報告を受けた明鳳慶は撤退する。


花木槿と段月容は、廃墟のような場所で拾った赤子とともに棲城へと向かった。

24話の感想

“小五義”それぞれの運命が少しずつ見え始めてきました。これまで浮いた話のなかった于飛燕は、初画とのロマンスが始まりそうな予感。

他の小五義は何かしらの悲運を背負っているけれど、于飛燕の前途は明るい気がします。初画とのロマンスも、今のところ癒しです❣️

ただ他の小五義”は、徐々に関係にひびが入り始めている気がします。姚碧瑩は花木槿が自分に毒を盛ったと思い込んでいるし、花錦繍と宋明磊もまだケンカ中。

あれほど固い絆で結ばれていた彼らが、いつか和解できることを祈ります。

原青江の変化もとても興味深かったです。彼にとって宋明磊はずっと探していた甥だったから、非煙との結婚はむしろ喜ばしいものになったということでしょうね。ただ冷静に考えると、宋明磊と非煙は親戚?まぁこの時代は、親戚同士の結婚もよくあることかもしれません。

原青江は彼の両親を死なせてしまった負い目もあるでしょうから、これからは宋明磊を可愛がるのではないでしょうか。

25話のあらすじネタバレ

原青江は手に入れた玉璽を西庭の皇帝に捧げる。

皇帝は、こたびの功労者である花錦繍には金塊と称号を与えた。同じく功労者の宋明磊は、望みを聞かれて「忘れられない婚儀を挙げたい」と答えた。

宋明磊は非煙と婚礼を挙げ 初夜を迎える。両親が死んだ日の光景が蘇ったものの、それを打ち消し「本物の夫婦になれた」と非煙に笑顔を向けた。

一方、赤子を連れて南国へ向かう花木槿と段月容は、厳しい検問をくぐり抜けるために変装することにする。段月容は女装を、花木槿は男装をした。

ところが、南下するにつれて検問の目はどんどん厳しくなり、これ以上進めなくなってしまう。


肱月。原非珏に届けられた上奏文はどれも、砂漠化を危惧するものばかりだった。確かにこのままでは、十数年後には国土が砂漠化してしまう。

姚碧瑩はふと、「砂漠化を止められる植物がある」と言っていた花木槿の言葉を思い出した。姚碧瑩はその植物を探しに行くことにする。


于飛燕と初画は心を通わせるが、于飛燕は辺境の地へ行くことになってしまった。出発前に2人だけの婚礼を挙げ、愛を確かめ合う。

実は于飛燕が辺境の地へ行かされるのは、西庭の皇帝の意向であった。さらに皇帝は、原青江を原府に帰した。

これについて原青江は、皇帝が明らかに原家を抑え込もうとしていると感じる。玉璽が手に入ったから原家はもう用済みなのだと。そこで重役たちを集め、どうするべきか議論した。

議論の場では、宋明磊が皇帝の評判を落とす流言策を進言し 原青江に褒められる。すると非清は、さすがは俺の知己(意訳)というような得意げな視線を宋明磊に送った。

その後、宋明磊はひとりになると、花木槿を思い出して涙を流しながら彼女の名を呟いた。それを偶然目にした原青江は、配下に「宋明磊には花木槿が死んだと伝えろ」と命じる。

25話の感想

今回は驚きが2つありました。

まずは1つ目。非清は突然「カワセミを妹の非煙に譲った」という昔話をしましたが、それってもしかして遠回しに「宋明磊のことも非煙に譲った」と言ってる??

しかも「知己」発言まで飛び出したものだから、宋明磊への遠回しの告白かと思ってしまいました。

5/22追記

なんと!中国の【捜狐】というサイトでも同じことが書かれていました!
以下、抜粋します。

『カワセミの話を聞いた宋明磊は、非清が自分に非煙を大切にしてほしいと思っているのだと思った。
しかし、非清が実際に言いたかったのは、宋明磊がカワセミであり、非清が再び、自分の愛するカワセミを妹に譲ったということであった』

本国でも同じ解釈がされていたなんて、何だかテンションが上がってしまいました!

追記ここまで。

非清が実際に宋明磊をどう思っているのかという真相はともかくとして、舞台裏の2人はとても仲が良さそうです。(メイキング動画の後半でイチャイチャしてます)

もう1点驚いたのは、宋明磊が花木槿に思いを馳せていたっぽいこと。……やはりあの時、心の中で「彼女・・を裏切らない」と誓っていたのは花木槿のことだったのか??だとしたら叙述トリックすぎる。

この驚きで色々なことが頭から吹っ飛びましたが、今回は段月容の女装姿も見どころでした。男性にしては体の線が細いので、遠目だと美しい女性に見えなくもないです💕

彼らは赤子を連れ歩いていますが、もしかすると麗貴妃の子(本孝皇子)ではないでしょうか。

26話のあらすじネタバレ

©Jetsen Huashi Wangju(Changzhou) Cultural Media Co., Ltd.

山中で気を失った花木槿と段月容が目覚めると、知らない村にいた。どうやら村人が助けてくれたらしい。2人は赤子とともに、この村でしばらく世話になることにした。

3人には住む場所も与えられた。部屋に飾られた梅の花を目にした花木槿は、非白のことを思い出して切なくなる。

タダでは泊まらせないと言われたので、男装中の花木槿が労働をすることになった。

一方で村長は、手配書に描かれている似顔絵が段月容だと気づいたようだ。


辺境行きになった于飛燕が出発しようとすると、花錦繍が見送りにくる。少し遅れて宋明磊もやってきた。

宋明磊と花錦繍は言い争うが、于飛燕は2人を止め かつての“小五義”の誓いを思い出させた。

于飛燕が去ると、宋明磊は花錦繍に「進む道が違うから協力は無理だ。互いに干渉はよそう」と告げて去っていく。


宋明磊は両親を供養しながら原家への復讐を誓う。だが同時に、非煙と非清には手を下せないとも思った。

そこに明鳳卿が現れたので、宋明磊は「原府で高みに登りつめ、原家の者同士を殺し合わせたい」と話す。

26話の感想

段月容は女性の仕草が板についてきました。絶妙なわざとらしさが面白いです。

それと、赤子の出演シーンがけっこう多く ほっこりさせられます。段月容の髪の毛をにぎにぎする姿が可愛かった❣️

この赤子は麗貴妃の皇子かと思いましたが、女の子なら違いますね。段月容が「将来はちゃんとした男に嫁げ」と話しかけているシーンがあったので女の子なのでしょう。

それにしても、相変わらず宋明磊の内面は複雑そうです。非清たちへの情と復讐心は果たして両立できるものなのか!?

本ページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況は[U-NEXT] にてご確認ください。

©Jetsen Huashi Wangju(Changzhou) Cultural Media Co., Ltd.