【スーパーナチュラル】シーズン15(ファイナル)第11話ネタバレ。死と背中合わせのビリヤード。 | Dramas Note

【スーパーナチュラル】シーズン15(ファイナル)第11話ネタバレ。死と背中合わせのビリヤード。

出典:www.amazon.co.jp

スパナチュファイナル視聴方法【スーパーナチュラル】ファイナルシーズンはAmazon Prime Videoで視聴できます。Amazonプライム会員は月額500円 詳しくはAmazon Primeへ

【スーパーナチュラル】シーズン15(ファイナル)11話のネタバレ。

チャックのシナリオにより運気を落としてしまったサムとディーンは、普通以下の運となりトラブルが続出。

そんな状況を打破するため、ガースから得た情報を基にアラスカへと向かった。

しかし、それは死と隣り合わせの危険なゲームへの参加だったのだ。

さらに、死んだはずのキャラがここにきて復活、チャックを倒す救世主となる!?

スポンサーリンク

【スーパーナチュラル】シーズン15第11話序章

【スーパーナチュラル】シーズン15(ファイナル)ネタバレ全エピソード一覧。随時更新!
【スーパーナチュラル】シーズン15(ファイナル)全ネタバレエピソード。魔物ハンターとして、仲間に助けられながら、しかし時…

ガースが言っていた”運気を上げられるプールバー”では、ゲームが行われており、ジョーイという中年男性が相手にチャンスを与えないまま、次々と球をポケットにいれていく。

そして最後の球をジョーイがポケットに入れて勝利を手にした。

その瞬間、ビリヤード台の上に置かれていた2つのコインが光り、そのうちのひとつは黒く変色したのだ。

負けた男は「こんなはずじゃない」と、最後の足掻きでキューでジョーイを殴ろうとしたが、店の管理人に止められ店から追い出された。

その直後、男はトラックに撥ねられて死亡する。

スポンサーリンク

【スーパーナチュラル】シーズン15第11話「The Gamblers」ネタバレ

ジャックの復活

カスティエルは、隠れ家に残されていたメモからサムとディーンがアラスカに向かったことを知る。

そんな中、FBI用の電話が鳴る。

掛けて来たオクラホマ州クッシングのエバンス保安官によると、殺人事件の容疑者がFBIの手配書にあるという。

名前はジャック・クライン。

カスティエルは耳を疑いながらも、エバンス捜査官が送って来た防犯映像に目を通して見ると、そこでは死んだはずのジャックがサリエル医師を襲っていた。

さらに、映像が2分半乱れた後、ジャックがサリエル医師の心臓を食べているのが映し出された。

カスティエルは、ジャックに何があったのかを確認するためすぐさまオクラホマ州に向かった。

現場を調べていると、被害者のロッカーからグリゴリ(堕天使)のソードが保管されているケースを発見。

そんな中、再びジャックがらみの事件が発生し、カスティエルはエバンス保安官からの連絡で現場に向かう。

「犯人は剣を持っていた」とエバンスから聞いたカスティエルは、ジャックは古い教会にいると推測した。

カスティエルの予想通り、ジャックは古い教会に捕らわれていた。

ジャックを捕えている男は、サリエル医師の仲間のグリゴリ。

実は、サリエルは医師の不利をして人間の魂を食らっていたのだ。

ジャックは”死(ビリー)”からそのことを聞き、彼らを成敗していたのだった。

そしてそこにカスティエル登場。

カスティエルは男を始末してジャックを救出し、隠れ家に連れて帰った。

プールバーの正体

アラスカに到着したサムとディーンは、立ち寄ったダイナーのウェイトレスに、ある道を尋ねた。

地図上では、その道には何もない。

女性は、その道には都市伝説のようなおかしな噂があり、道を進んだところに魔法の力が宿っているプールバーがあるという。

勝てば運気が上がるというが、現実には違うとのことだった。

ダイナーの常連だったレナードという男性は、破産寸前バーに行ったまま戻らず結局は事故で亡くなったと言うのだ。

運気を上げるために命を張るのか。

最高かもしれない。

サムとディーンの意見は2つに分かれたが、結局はビリヤードに自信のあるディーンに押し切られる形でプールバーに向かうことになる。

バーの名前は”ローレインズ”

店内には、男性客が数人とカウンターの中に女性ウェイターのエヴィがひとりいた。

ディーンがエヴィに、ビリヤードをやりに来たと伝えると、彼女はパックスという男を呼んだ。

パックスはサムとディーンに、店で行われるビリヤードのルールについて話をし、何の模様もないただの銀のコインを差し出して触れるよう言う。

ディーンがコインに触れると緑色に光り、女性の横顔が浮き上がった。

パックスによると、来店する客はそれぞれ運を持っているが、輝きからするとディーンの運は”普通”とのことだった。

ゲームの始め方は、まずコインをビリヤードの上にある専用の台にセットして相手を待ち、勝てば運を上げられる、負ければまたゲームをすればいい。

ディーンは早速コインをセットして、相手を待った。

しばらくすると、ある女性が相手に名乗り出てきた。

勝負が始まると、サムはエヴィに相手の女性のことを聞いてみた。

彼女は常連客のモイラ、昏睡中の妹がいる。回復を願ってプールバーに入り浸っている。

エヴィは他の客についても話してくれたが、どの客も勝っても帰らないことから、サムは何かおかしいと感じていた。

客は連勝して帰ればいいのに運が落ちるまで続けた。つまり勝者はいないのだ。
スポンサーリンク

【スーパーナチュラル】シーズン15第11話の結末

ディーンはモイラとの勝負で勝利し、もっと運を溜めたいという希望でもう一戦交えることになる。

今度の相手は、冒頭に登場したジョーイだった。

彼との勝負もディーンの勝利に終わったが、その瞬間ジョーイのコインから彫りが消え黒く変色する。

ジョーイは自分のコインを取ると、そのまま外に出て店先に腰かけた。

サムとディーンが彼を追って話しかける。

ジョーイはディーンの腕前を評価して笑顔を見せたが、それと同時にひどく咳き込んでしまう。

実は、彼は癌を患っており勝負に勝ち続けて命を長らえていたのだ。

今回、ディーンに敗北し運気を失くし寿命が尽きてしまったのだった。

さらに、店内にいる常連客はもとよりエヴィも店から出らない、インパラもなぜか故障していたことが判明。

悪魔か魔術が関係していると予想したサムとディーンは、その正体について突き止めることにした。

実は、どんなに勝負に勝っても運が亡くなるまで出られないのは、店(オーナー)に運気を吸い取られているのが原因だった。

店のオーナーはフォルトゥナ(幸運・運命の女神)で、最初にディーンが勝負したモイラでパックスは彼女の息子。

サムとディーンは、勝ったら客や自分たちとエヴィの運を返して開放し、店を閉めるようフォルトゥナに取引を持ち掛け、彼女はサムを指名して勝負を行った。

しかし、サムは1球も打つことなくフォルトゥナの勝利が決まる。

敗北を期したサムとディーンは、女神を殺す方法を調べて出直すつもりだったが、フォルトゥナの考えが変わった。

フォルトゥナは、サムとディーンに”絶滅したと思っていた英雄”の姿を見て店を閉めたのだ。

フォルトゥナも神に深い恨みを抱いていたため、神と戦うというサムとディーンに掛けた

エヴァはフォルトゥナからの伝言をサムとディーンに伝えた。

「彼のゲームに乗ってはダメ。自分たちのゲームをしろ」そう言って、フォルトゥナの横顔が彫られているコインを差し出した。

これにより2人は、ヘラクレス級(幸運)の力を授かったのだ。

こうして無事に隠れ家に戻った2人だったが、別の問題が彼らを待ち受けていた……。

スポンサーリンク

【スーパーナチュラル】シーズン15第11話の感想

ここにきてジャック復活という、ファイなるシーズンならではの流れでした。

チャックに殺されたとは言え、ジャックは神を倒せるかもしれない唯一の存在。

神を恨んでいる者であれば、誰もがチャックをあのままにしておくはずはありません。

誰が何のためにジャックを復活させたのか、チャックはそれに気づいていないのか。

なぜ真っ先にサムやディーン、カスティエルの元へ向かわなかったのかは次回以降に明かされると思います。

そして、普通からヘラクレス級の運を手にしたサムとディーン。

それだけではチャックに勝てるわけではありませんが、前回のような下級クラスの危ない目に陥ることもなくなったはず。

今後の流れからすると、チャックとの戦いに向けてさまざまな協力者も現れるかもしれませんね。