netflix【スイートトゥース】1話・2話。壮絶ながらも心温まる冒険譚に見入る! | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

netflix【スイートトゥース】1話・2話。壮絶ながらも心温まる冒険譚に見入る!

© Netflix. All Rights Reserved.

Writer:kino
Introduction

【スイートトゥース:鹿の角を持つ少年】1話と2話のあらすじ・ネタバレ・感想。本作は、人間とシカのハイブリットである少年ガスの冒険譚を描くnetflixオリジナルドラマ。壮絶ながらも心温まるストーリーと可愛すぎる少年ガスから目が離せない!

© Netflix. All Rights Reserved.
公式サイト

Production

製作:2021年 アメリカ

原題:sweettooth

監督:トア・フレイザー ジム・ミックル ロビン・グレース

キャスト:クリスチャン・コンベリー、ノンソー・アノジー、ウィル・フォーテ、アリザ・ヴェラーニ、ステファニア・オーウェン、ニール・サンディランズ

スポンサーリンク

【スイートトゥース】1話のあらすじ

ハイブリットの少年

世界は謎のウイルスにより疫病が蔓延し、多数の死者が出て大混乱に陥った。

ウイルスとの因果関係は不明だが、ほぼ同時期に人間と動物のハイブリットが誕生した。

主人公のガス(クリスチャン・コンベリー)もそのひとりだ。

彼の父親は、ハイブリットを殺そうとする人間たちからガスを守るため、人里離れた森の中でガスを育てることにし、いかに外の世界や人間が危険であるかを教え込んだ。

どうして森の外へ出たらダメなのか。

ガスはそんな疑問を持ちながらも、父親の言いつけを守り9年の月日を森の中で過ごした。

そんなある日、住処がマークされたことに気づいた父親は、ガスを床下に隠して外へと出ていった。

戻ってきた彼は、疫病に冒されており数日後に死亡する。

ジェパードとの出会い

10才になったガスは1人の生活に慣れ、生えているシカの角も大きくなった。

ある日 父親が遺した地図に気づいたガスは、地図の示す場所へと向かい土を掘り起こした。

そこにはケースが埋まっており、中にお金やキャッシュカード、そして母親バーディの写真が入っている。

ガスは、写真にコロラド(ハイブリットの避難所)の案内状が添えられていたことから、コロラドに行けば母親に会えるに違いないと推測し旅にでることにした。

ところが、昼間に火を起こしたせいで2人組の男に居場所を知られてしまい捕らわれる。

そんなガスを助けてくれたのが、ジェパード(ノンソー・アノジー)という大男だった。

ガスはジェパードの後を追い「コロラドに連れていってほしい」と頼む。

【スイートトゥース】2話のあらすじ

束の間の穏やかな時間

拒まれながらもジェパードの後をついて回るガスは、ジェパードが眠っている間に食糧をすべて食べてしまったため、建物に侵入して食糧を手に入れることにした。

侵入したガスは罠にかかり捕まってしまったものの、この建物に住んでいる家族(父・母・少年)は悪い人ではなく、ガスとジェパードに料理をふるまってくれた。

外の世界との接触を断って暮らしている彼らは、初めはハイブリットのガスを物珍しそうに見ていたが、危害を加えないと知ると警戒を解く。

ガスの母親の写真を見た女性は、写っている場所が“レッドロックス”だと教えてくれた。

少年とも打ち解け穏やかな時間を過ごすガスだったが、それも束の間だった。

夜になると、居場所を突き止めた人間たちがガスを捕らえにやってきたのだ。

ジェパードはガスをここに残して1人で去るつもりだったが、人間たちを一掃してガスを助けた。

ここに住む家族は、今回のようにまた人間たちに襲われることを怖れてガスを引き取ることを断る。

ガスは少年に「死体の山でごめん」と謝りハグを交わしたあと、ジェパードと共にこの建物を去った。

疫病の治療薬

元医者のシン博士は、10年前から疫病を患っている妻ラニに注射を打って病気を食い止めていた。

この薬はシンの同僚であるベル医師が作りだしたものだが、まだ完全な治療薬とは言えない。

薬のストックが無くなりそうになったシンが薬をもらいに行くと、ベル医師から薬の資料を渡される。

彼女は末期がんを患ってしまったため、自分の代わりに疫病の治療薬を作る使命をシンに託したのだ。

一方、外の世界と決別した元カウンセラーのエイミーは、エセックス動物園で1人で暮らしていた。

そんなある日、彼女は動物園の外で捨てられていた豚のハイブリットを拾う。

ガス役の可愛すぎる少年は誰?


名前:クリスチャン・コンベリー(christian convery)

生年月日:2009年11月10日

出身国:カナダ

代表作:【My Christmas Dream】(2016)、【スイートトゥース:鹿の角を持つ少年】(2021)

SNS:→インスタグラム

  • 6歳で映画デビューを果たした彼は、9歳から現在に至るまでノンストップで様々な作品に出演。
  • 仕事上のものも含め 世界を旅することが大好きで、これまでに訪れたお気に入りの場所はフランスのマルティニーク島。
  • ソーシャルメディアアカウントは母親によって管理されている。
  • 犬と遊んだりギターを弾くことが好き。
  • スキューバダイバーとジュニアライフガードの認定も受けている。

【役柄】

シカと人間のハイブリット。

父親とともに森の中で隠れるようにして暮らしているが、外の世界に興味を持つ。

原作はDCコミック

原作名:Sweet Tooth

作者:カナダのジェフ・レミア

出版社:Vertigo

巻数:7巻/完結済

DCコミックスのVertigoによって出版されたアメコミ限定シリーズ。

物語はアメリカのネブラスカが舞台となっているが、風景は作者レミアの故郷に触発されているとのこと。

壮絶だけど心温まる冒険譚!

本作は少年ガスの冒険譚を軸に描かれていますが、そんな中でもいくつかの謎が織り交ぜられているため面白く視聴できました。

ジェパードは何者なのか、人間たちは何の目的で動物人間(ハイブリット)を捕まえようとしているのか。

他にも、ガスの母親は生きているのかといった疑問も尽きません。

また、ガス以外にもシン博士やエイミー視点での物語が展開されており、今はそれぞれが独立したストーリーのように見えますが、いつかは全員のストーリーが交わるのではないかと期待大。

そして、何と言ってもガスを演じるクリスチャン・コンベリーが素晴らしいです。

好奇心旺盛で元気はつらつな少年を自然に演じているのは勿論のこと、ちょっとしたアクションもこなしていてまさに天才子役という感じでした。

キャラクターのほうは、ハイブリットのガスには何か特別な能力があるかと思いきや、今のところ聴力や視力が優れているぐらいで超人的な力はありません。

ほとんど人間と変わらないガスが、これからどのような冒険譚を繰り広げていくのか期待が膨らみます。

謎の人間たちに追われたり人がたくさん死んだりと壮絶な旅ではあるけれど、そんな中でも優しい人との出会いも描かれているため心温まるストーリーとなっています。