チェン・ルオシュアン

チェン・ルオシュアン

俳優情報

英語表記:Chen Ruoxuan
中国名:陳若軒
生年月日:1994年10月16日
出身:中国/山東省

代表作

歴史 / 時代劇

「有翡(ゆうひ)」51話(最終話)あらすじネタバレと感想。最後の戦い

「有翡(ゆうひ)」51話(最終話)あらすじネタバレと感想。地煞山荘の大荘主の沈天庶は宿鉄法を用いた武器や防具を作らせ、柱国の兪聞止と共に天下統一を目論んでいました。そんな沈天庶の野望を打ち砕くべく、周翡たちは地煞山荘へと乗り込みます。その一方、李晟と呉費将軍の娘の呉楚楚は兪聞止の処罰を望み、中丞の元を訪れていました。
歴史 / 時代劇

「有翡(ゆうひ)」48話・49話・50話あらすじネタバレと感想。海天一色が露わに

「有翡(ゆうひ)」48話・49話・50話あらすじネタバレと感想。いよいよ劉有良が残した海天一色のありかを表す詩の場所を突き止めた周翡たちが中へと入ると、そこは斎門の禁所でした。中にはあちこちに仕掛けが施されており、周翡と謝允は落とし穴に落ちてしまいます。周翡と離れ離れになってしまった李晟たちの元へ、地煞山荘の大宗主の沈天庶が大勢の配下を連れてやって来ました。
歴史 / 時代劇

「有翡(ゆうひ)」45話・46話・47話あらすじネタバレと感想。沈天庶の目的

「有翡(ゆうひ)」45話・46話・57話ネタバレあらすじと感想。周翡たちは地煞山荘の五荘主の胡天瑛に奪われた海天一色の品を奪還を目論むも失敗に終わり、海天一色のありかとされる大薬谷を目指します。しかしそこにはすでに先入りした二宗主の谷天顕と七宗主の陸天曠の姿があり、周翡は海天一色を手に入れるため彼らに果たし状を出しました。
歴史 / 時代劇

「有翡(ゆうひ)」42話・43話・44話あらすじネタバレと感想。求婚される周翡

「有翡(ゆうひ)」42話・43話・44話あらすじネタバレと感想。四十八寨の当主の李瑾容の誕辰祝いを控え、夫の周似棠は安平軍を副将の聞煜に託して四十八寨へと向かいます。第3皇子の陳子琛も四十八寨に向かっていましたが、陳子琛には周翡を娶るという別の目的がありました。また、これに乗じて地煞と柱国は海天一色を奪おうと目論んでおり、五荘主の胡天瑛を四十八寨に送り込みます。
歴史 / 時代劇

「有翡(ゆうひ)」39話・40話・41話あらすじネタバレと感想。全て集まる海天一色

「有翡(ゆうひ)」39話・40話・41話あらすじネタバレと感想。ついに四象山の殷沛を討つべく戦いが始まり、周翡たちは武林の者と協力しながら殷沛を追い詰めます。そこへ山川剣の鞘を狙う地煞山荘の六荘主の童天仰も現れ、周翡たちは童天仰の相手をせざるを得なくなりました。童天仰に追い詰められた周翡を、殷沛は身を挺して守ります。
歴史 / 時代劇

「有翡(ゆうひ)」36話・37話・38話あらすじネタバレと感想。周翡と謝允の再会

有翡(ゆうひ)36話・37話・38話あらすじネタバレと感想。李晟の妹の李妍たちの協力もあり、無事に朱明草を手に入れた周翡は謝允が待つ蓬莱へと急ぎます。李晟は斎門道長の沖霄までも殺害した四象山の殷沛に我慢の限界を迎え、江湖の達人らと手を組んで殷沛を討つことにしました。
歴史 / 時代劇

【有翡(ゆうひ)】33話・34話・35話あらすじネタバレと感想。海天一色の正体

有翡(ゆうひ)33話・34話・35話あらすじネタバレと感想。謝允を救うための薬材を集める周翡は、途中で地煞山荘の七荘主の陸天曠や四象山の木小喬などに絡まれながらも何とか火蓮の花を手に入れます。次なる薬材を求めて擎雲溝を目指す周翡の後を、五荘主の胡天瑛が追います。一方、李晟の妹の李妍は思わぬ形で海天一色が隠される場所を知るのでした。
歴史 / 時代劇

【有翡(ゆうひ)】30話・31話・32話あらすじネタバレと感想。謝允と大薬谷に纏わる過去

【有翡】30話・31話・32話あらすじネタバレと感想。霍家堡の堡主の霍連涛による滅煞大会が始まり、63の門派の盟主が一堂に会するも霍連涛が裏で地煞と結託していることが判明したうえ、周囲の林に火がつけられようとしていると場内は大騒ぎになります。そんな中、謝允は因縁の相手である地煞山荘の四荘主の楚天瑜と遭遇し、命を懸けて決着をつけることを決意しました。
歴史 / 時代劇

【有翡(ゆうひ)】27話・28話・29話あらすじネタバレと感想。滅煞大会

【有翡】27話・28話・29話あらすじネタバレと感想。霍家堡の堡主の霍連涛は打倒・地煞を掲げ、武林の者を集めた滅煞大会の開催を決めます。招待状は四十八寨にも届き、四十八寨からは復興作業に追われる当主に代わり李晟が参加を決めます。周翡は大会に参加こそしないものの、招待状に水波紋の印があったことから謝允も現れると踏んで開催地へと向かうことにしました。
歴史 / 時代劇

【有翡(ゆうひ)】24話・25話・26話あらすじネタバレと感想。四十八寨と地煞の死闘

【有翡】24話・25話・26話あらすじネタバレと感想。周翡と謝允は柱国の兪聞止を捕らえに春回鎮へと向かい、李晟を始めとする残された者たちで地煞を迎え撃ちます。何とか兪聞止を捕らえた周翡と謝允でしたが、四十八寨の門前では死闘が繰り広げられており、窮地に立たされた謝允は思いがけぬ行動に出ます。
歴史 / 時代劇

【有翡(ゆうひ)】21話・22話・23話あらすじネタバレと感想。四十八寨の裏切り者

【有翡】21話・22話・23話あらすじネタバレと感想。祖父の刀を手に四十八寨へと戻った周翡を、地煞山荘の谷天顕と鳴風楼の寇丹が出迎えます。寇丹は四十八寨を裏切り門派を再興すべく戦いを起こし、その横では谷天顕が海天一色の品を差し出すよう迫っていました。
歴史 / 時代劇

【有翡(ゆうひ)】18話・19話・20話あらすじネタバレと感想。名声にとらわれる若者たち

【有翡】18話・19話・20話あらすじネタバレと感想。羽衣班の霓裳夫人のおかげで命の危機を脱した周翡は、擎雲溝の掌門の楊瑾という男から勝負を挑まれます。一方、李晟は呉費将軍の娘の呉楚楚を連れて四十八寨を目指しますが、地煞の使いや悪党に追われていました。
歴史 / 時代劇

【有翡】15話・16話・17話あらすじネタバレと感想。光り輝く謝允の左腕

【有翡】15話・16話・17話あらすじネタバレと感想。四象山の青龍主の鄭羅生との戦いを余儀なくされた周翡は紀雲沈から伝授された北刀の断水纏絲で時間稼ぎをし、その間に紀雲沈は鄭羅生を倒すための力を取り戻す術を自らに施していました。何とかその場を切り抜けた一同でしたが、枯栄手の気が暴れ出した周翡は命の危機に瀕します。
歴史 / 時代劇

【有翡(ゆうひ)】12話・13話・14話あらすじネタバレと感想。開花する李晟の才能

【有翡】12話・13話・14話あらすじネタバレと感想。周翡と謝允が客舎で県令の妻妾の段九娘の到着を待っていると、そこへ青龍主の配下がやって来ました。配下の横柄な態度は反感を買い、周翡と青龍主の配下の戦いが始まります。一方、李晟は斎門道長の沖霄にすっかり気に入られ、斎門の全てを伝授してもらえることになりました。
歴史 / 時代劇

【有翡(ゆうひ)】9話・10話・11話あらすじネタバレと感想。枯栄手の継承者となった周翡

【有翡】9話・10話・11話あらすじネタバレと感想。周翡は県令の妻妾の段九娘により強制的に枯栄手の気を注入され、あまりの衝撃の強さに寝込んでしまいます。そんな中、ようやく謝允は周翡たちと合流し、目を覚ました周翡を連れて華容からの脱出を図ります。一方、四十八寨の李晟は父を殺害した因縁の相手と鉢合わせ、昂る気持ちを抑えきれずに刀を抜いてしまいました。
歴史 / 時代劇

【有翡(ゆうひ)】6話・7話・8話あらすじネタバレと感想。謝允の正体が明らかに

【有翡】6話・7話・8話あらすじネタバレと感想。ようやく華容へと辿り着いた周翡たちを、地煞山荘の大荘主の沈天庶と三荘主の仇天晋が街を封鎖して捜し回ります。四十八寨の拠点の客舎は燃やされ、張晨飛は捕らわれてしまいました。周翡と謝允はそれぞれ別の用で外に出ていたため無事でしたが、2人は離れ離れになってしまいます。
歴史 / 時代劇

【有翡(ゆうひ)】3話・4話・5話あらすじネタバレと感想。外の世界を知る周翡と李晟

【有翡】3話・4話・5話あらすじネタバレと感想。周翡と李晟は秀山堂の試験に合格し、正式に四十八寨の外へと出ることを許されます。2人が託された任務は呉費将軍の子供たちを迎えに行った王夫人の孫の張晨飛を捜しに行くというもので、王夫人と共に四十八寨と親しい関係にある霍家堡を目指します。しかし周翡に遅れをとった李晟が単独行動に走ってしまい、後を追った周翡は霍家堡の罠にはまってしまいました。
歴史 / 時代劇

有翡(ゆうひ)あらすじを最終回まで全話紹介

有翡(ゆうひ)のあらすじネタバレと感想を最終回の結末までまとめました。
キャスト / アジア

有翡(ゆうひ)キャスト総まとめ!画像つきで詳しく紹介!

【有翡(ゆうひ) -Legend of Love-】のキャストと相関図を総まとめ。主演キャストは【楚喬伝】 のチャオ・リーインと【陳情令】で一躍トップスターとなった王一博が務めます。
叙事詩

最終回【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】55話・56話(最終話)ネタバレ感想 阿蘇勒の選ぶ道

最終回【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】55話・56話あらすじ。阿蘇勒は辰月の雷碧城を討ち、ついに朔北部との戦いの日を迎えます。朔北部の軍勢が阿蘇勒たちを待ち構える中、大勢の兵を率いて現れたのは姫野でした。この記事では、ネタバレ感想をお届けします。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】52話・53話・54話ネタバレ感想 来る新たな時代

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】52話・53話・54話あらすじ。ついに青陽部と朔北部による戦いの火蓋が切られます。阿蘇勒は"青銅の血"と蒼雲古歯剣を用いて狼主に挑みますが、とうてい太刀打ちできませんでした。一方、天啓城に辿り着いた白舟月は自分こそが新たな皇帝だと宣言します。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】49話・50話・51話ネタバレ感想 死す者と存命だった者

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】49話・50話・51話あらすじ。阿蘇勒の処刑は波乱の展開を生み、下唐国の国主の殺害から将軍の殺害にまで発展します。姫野と白舟月の助けを得て何とか下唐国から脱出した阿蘇勒ですが、久しぶりに帰郷した青陽部は崩壊寸前へと追いやられていました。この記事では、ネタバレ感想をお届けします。
華流

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】46話・47話・48話ネタバレ感想 阿蘇勒たちが背負う宿命

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】46話・47話・48話あらすじ。姫武神だと判明した羽然はひとり青州に残ることを決意し、阿蘇勒は白舟月を救うべく下唐国を目指しますが、姫野はもう少し羽然の傍にいたいと青州に残ることにしました。下唐国に戻った阿蘇勒は父の死と、それに伴う宿命を押し付けられます。そんな中、殤陽関での争いで死亡したと思われた雷碧城は北陸に姿を現します。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】43話・44話・45話ネタバレ感想 青州の過去

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】43話・44話・45話のあらすじ。目を覚ました阿蘇勒は全ての記憶を取り戻し、姫野の後を追って青州へと向かいますが、その裏では阿蘇勒を巡る取引が行われていました。一方、青州に着いた羽然は自身の置かれた立場や父に関する残酷な真相を知らされ、後を追って来た宮羽衣は衝撃の決断を下します。この記事では、ネタバレ感想をお届けします。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】40話・41話・42話ネタバレ感想 阿蘇勒と辰月の決着

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】40話・41話・42話のあらすじ。いよいよ離国軍と連合軍の戦いが幕を開け、互いに一歩も譲らぬ熾烈な争いが繰り広げられます。やがて辰月の雷碧城が大勢の赤牙を連れて殤陽関に現れると、記憶が戻った阿蘇勒は卒倒してしまいます。一方、翼天瞻に連れられ青州を目指す羽然はようやく青州へと辿り着きますが、そこはかつての面影などない荒廃した街でした。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】37話・38話・39話ネタバレ感想 羽然の正体

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】37話・38話・39話のあらすじ。阿蘇勒たちの山中での穏やかな暮らしは長くは続かず、馬賊の襲来によって状況は一変します。羽然は馬賊に連れ去られ、その後を追う姫野たちは偶然出会した離国軍に連行されてしまいました。離国軍は連合軍との戦いを目前に控えており、連行された姫野は離国軍としての出撃を余儀なくされます。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】34話・35話・36話ネタバレ感想 激しさを増す乱世

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】34話・35話・36話のあらすじ。皇帝は自ら退位を表明する宴を開催し、これまで目の敵にしてきた嬴無翳と大臣らを天啓城に招きます。しかしこの宴こそ皇帝の最後の計画であり、罠に嵌められた嬴無翳は炎に包まれる太清閣に置き去りにされてしまいました。天啓城では死闘が繰り広げられ、怒りを制御できない阿蘇勒までもが剣を手にしてしまいます。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】31話・32話・33話ネタバレ感想 蘇る阿蘇勒

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】31話・32話・33話のあらすじ。阿蘇勒は皇帝と天駆武士団の翼天瞻に裏切られ、羽然と姫野の目の前で息絶えます。皇帝は自ら阿蘇勒を殺めたにもかかわらず、友のためとして阿蘇勒の葬儀を異例の国葬で執り行います。しかし、その裏では辰月の雷碧城が阿蘇勒を蘇らせるための儀式を行なっていました。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】28話・29話・30話ネタバレ感想 絶えぬ友情と絶える関係

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】28話・29話・30話のあらすじ。戦争孤児の面倒を見るなど心優しき皇帝を信じ切る阿蘇勒はついに皇帝の本性を目の当たりにし、自身の立ち位置に悩み始めます。そんな阿蘇勒を心配するのは天駆武士団でも友でもなく、敵対する離国の国主の嬴無翳でした。この記事では、ネタバレ感想をお届けします。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】25話・26話・27話ネタバレ感想 友との対立と新たな時代の幕開け

阿蘇勒と羽然が婚姻に至った本当の理由を知る由もない姫野は嬴玉の元で捕われの身となり、ついには母の復讐として自ら手を汚してしまいます。ようやく姫野は阿蘇勒と羽然とも再会を果たすことになりましたが、そこは決戦の場でした。この記事では、ネタバレ感想をお届けします。