【ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド】1話ネタバレと考察。シリーズの新たなスピンオフ始動。 | Dramas Note

【ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド】1話ネタバレと考察。シリーズの新たなスピンオフ始動。

出典:www.amazon.co.jp

作品紹介

【ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド】1話ネタバレと解説。アポカリプスから10年後の世界を描いた、ウォーキング・デッドのスピンオフ!今回の舞台はキャンパス・コロニー。オマハとポートランドにある市民共同体という他のコミュニティーの存在が明らかに。また、10年後ということもあって登場人物達の生活環境も【ウォーキング・デッド】に比べて目に見えて改善されているのが特徴。

© 2010-2020 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.
 公式サイト

製作

製作:2020年 アメリカ

原作: ロバート・カークマン

原案: スコット・M・ギンプル

配信:Amazon prime Video独占配信

キャスト: アレクサ・マンスール、ニコラス・カントゥ、ハル・カムストン、アリーヤー・ロイヤル、アネット・マヘンドル、ニコ・トルトレッラ、ジュリア・オーモンド

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2020年10月現在のものになります。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

予告動画
The Walking Dead: World Beyond Season 1 Comic-Con Trailer | Rotten Tomatoes TV
スポンサーリンク

キャスト

アイリス・ベネット役/アーリヤー・ロイヤル

本作の主人公で科学者を目指している黒人のポッチャリ少女。

ホープ・ベネット役/アレクサ・マンスール

アイリスの白人の妹、第1話では密造酒を製造。

フェリックス・カールッチ役/二コ・トルトレッラ

他のコミュニティーに出向いたアイリス姉妹の父親レオに代わり彼女達を見守る。

ハック役/アネット・マヘンドル

フェリックスの友人。

スポンサーリンク

ワールド・ビヨンド第1話「勇敢」あらすじ

舞台はネブラスカ州立大学を利用して作られたキャンパス・コロニーと呼ばれるコミュニティー。

キャンパス・コロニーは市民共同体と呼ばれる共同体のひとつ。

他にはポートランドとオマハのコロニーの存在が明らかにされているが、人の出入りはCRMという名称の軍事組織によって厳しく管理され、それぞれのコロニーの位置情報は明かされていない。

主人公アイリス・ホープは、生徒会長を務めるなどしてキャンパスライフを満喫している。

アイリス達の父親のレオ・ベネットは研究のために他のコミュニティーに出向いていた。

そのため、アイリスの妹ホープ・ベネットがコミュニティーで禁止されている酒を製造し、罰則として軟禁されていたのを保護者代わりのフェリックス・カールッチがサインをして彼女の軟禁を解くのだった。

またフェリックスの友人であるハックは、アイリスにゾンビの倒し方を授けた。

スポンサーリンク

ワールド・ビヨンド第1話「勇敢」ネタバレ

旅客機墜落事件

10年前に空が落ちた日(the day the sky fell)と呼ばれる日に旅客機墜落事件があった。

墜落して燃え盛る旅客機の傍らで、アイリスの母カリはパニックになったエルトンの母親に拳銃で撃ち殺された。

さらに、エルトンの母も復讐心に駆られた幼少のホープに撃たれたのだった。

エルトンの母親は妊娠していたが、胎児もまた死亡した。

レオ・ベネットが危機に。

アイリスは、父レオ・ベネットとFAXで連絡を取っていたが、その際に自分の身が危うい事を知らせてきた。

そこでアイリスは、エリザベス・クーブリックCRM中佐(Lt. Coronel)/ジュリア・オーモンドに父親の居場所を尋ねる。

エリザベスは機密を漏らした事が他に知られたら自分の立場が危うくなると言いながらも、アイリスに地図が書かれている紙切れを手渡した。

渡された地図からアイリスは、父はニューヨークにいると推測し早速ニューヨークへ向かうことにした。

ホープ、そして自分の性格を直したいというサイラス、空手を習っていたというエルトンもアイリスの父親探しの旅に着いて行く。

場面は切り替わり、最後はエリザベスが指揮を取りCRMがキャンパスコロニーに侵入した大量のエンプティーを始末するシーンで終わる。

(CRMが住民を虐殺したとも、住民を襲ったエンプティーを始末したとも取れる。)

Civic Republic (CR)市民共同体。

Civic Republic Military (CRM)字幕では単に軍。

2020年 10月2日 配信 原題”Brave”

スポンサーリンク

感想と考察。「ウォーカーではなくエンプティー」

【ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド】を観た第一印象として、【私はラブ・リーガル】(2009-2012)を想起しました。

何故ゾンビの名称がウォーカーからエンプティーになっているのか?

かって本家で総督のコミュニティーではウォーカーをバイターと呼んでいたように、単に名称が違うのか、それとも今後理由が明らかにされるのか?

また、10年後の世界ということですが、ゾンビは死に絶えているのでは?と思いきや そう、ゾンビウィルスは【ウォーキング・デッド】の世界では全員に感染しているので、ここでも死者が出る都度お馴染みの作業をやっています。

しかしながら新たに供給されるゾンビは少ないようで、ゾンビも苔が生えたりしているのが面白い。

本家でも至る所に書かれたAの下に●などの記号が話題となりましたが、今回はゾンビ達をエアブラシで青くペイントしています。

これには一体何の意味があるのか?

移動経路などを調べているのか、など気になります。

また、ガソリン、弾薬等もこちらでは、本家と違って充分に供給されているようです。

三連装の銃剣を備えたHK416と覚しき自動小銃をCRMの兵隊が装備している事を見ても、どこかで工場が稼働していると推測出来ます。

最後の最後で刺激的なシーンがありますが、第2話ではキャンパスコロニーのその後は登場せず、第3話以降に持ち越し。

CRMが、理由は不明ながらキャンパスコロニーの住民を虐殺したとするならば、エリザベスがわざと地図をアイリス達に渡して逃したと取れなくも無いのですが、3話以降どうなるか楽しみです。