『タイムレス』シーズン2最終話のネタバレと感想。全てはハッピーエンド。そしてシーズン1に繋がる! | Dramas Note

『タイムレス』シーズン2最終話のネタバレと感想。全てはハッピーエンド。そしてシーズン1に繋がる!

『タイムレス』シーズン2最終話。

北朝鮮でエマの手先に狙われたチームでしたが、ワイアットの機転で助けられました。

シーズン2の結末はハッピーエンド!?

フリン再登場はやはり”あの場面”!

シーズン1へと続く伏線がシーズンの2結末にあった!

『タイムレス』

スポンサーリンク

シーズン2最終話「クリスマスの奇跡 part2」

北朝鮮でエマの手先となったアメリカ兵パイロットに命を狙われたルーシーたち。しかし、ワイアットが機転を利かせ、チームの窮地を救います。

エマの狙いが自分たちであると分かったルーシーたちは、現代に戻るためマシンのある場所へと引き返すことに……。目前まで迫る中国軍にマシンを見つかれば最悪な事態になる、それより中国軍と出くわす方が危険だと、途中で軍が放置した車に乗り換えることにしました。

しかしエンジンがかからず、ワイアットとルーファスが修理している間、ルーシーとジアは近くの教会で待機します。教会内に入ると、お腹の大きいヨンヒという女性から「密告者がいるから気を付けて」と忠告を受けたルーシーたち。

車の修理が終わると同時に、密告者が中国軍兵士を連れてきました。ルーシーは、妊婦をこのまま置いていけない、彼女は忠告してくれたからとヨンヒも車に乗せて港に向かいます。

ところが、港までもうすぐという所でヨンヒが産気づき、ルーシーとルーファスが1.5km先の港まで医者を呼びに行っている間に、ワイアットが赤ん坊を取り上げました。

その後ヨンヒは、離ればなれになっていた夫と息子と港で再会して船に乗り、ルーシーたちは再び救命艇のある場所へと向かったのですが、中国軍の勢いは強く囲まれてしまいピンチに……。

スポンサーリンク

『タイムレス』シーズン2最終話のネタバレと感想

チーム救出作戦!

現代。ルーシーたち4人が”ウンサリ虐殺事件”で殺されるという歴史を目にしたデニース捜査官は、事件前に4人を救出することにしました。

しかし救命艇は過去に行ったまま……するとデニース捜査官は、「母船はリッテンハウスにある」として、ルーシーの父で拘留されていたケイヒルを釈放し、エマの元に向かわせます。

エマはケイヒルを見て動揺し、ケイヒルはエマは身勝手だと叱責。ケイヒルは、リッテンハウスを裏切る形となったものの「何より娘が大事だ。私も身勝手だ」とエマの逮捕に協力したのです。

デニース捜査官はエマに手錠をかけ、母船でチームのいる1950年の北朝鮮にタイムスリップ。エマを拘留して母船を奪い、操縦はメイソンに任せるのかと思ったら、手錠を掛けたエマとデニース捜査官だけが乗り込んでいました。

エマ。過去で死亡か?

海外ドラマ『タイムレス』シーズン2全話ネタバレエピソード一覧。歴史を辿るファンタジードラマの金字塔!
海外ドラマ『タイムレス』開発されたタイムマシンで過去をさかのぼり、歴史を変えんとする謎の組織リッテン...…

デニース捜査官は、エマを過去に置き去りにしようとしたのかは不明ですが、もしそうであれば現代にも大きな影響を与えるはず。エマはただでは死なないと思うので、どんな時代でも生き延びて悪事を働く可能性は大きいです。

手錠を外して逃げ出そうとしたところ、ワイアットとデニース捜査官に銃口を向けられたエマ。逃げるのに失敗しました。

さらに、ルーシーに命乞いまでする始末。「エイミー(ルーシーの消えた妹)を取り戻すわ。今まであなたの母の言うなりになっていただけ。私を信じて」と。

これまでのことを考えても、エマを信じるという選択はありません。ルーシーの目には涙が浮かび「信じない」と一言。

その瞬間、エマは近くまで来た中国軍兵士に撃たれ倒れてしまいました。エマが死亡したのかどうかハッキリしませんが、その時まだ息があったとしても中国軍兵士にトドメを刺されたことに間違いないでしょう。

エマの最期は1950年の北朝鮮で幕を閉じました。

2023年12月21日

世界を救ったチームの最後の日の夜を迎えてから数年後。母船は解体されたものの、メイソンの忠告通り救命艇は”万が一”の場合のことを考えて保存されていました。

ワイアットはデニース捜査官の下で働き、ル-シーは大学の教壇に立ち歴史学を教えています。

2人は結婚して双子の娘たちを授かっていました。2人の娘はフリンエイミーと名づけられ、4人家族として幸せな日々を送っていたのです。

ルーファスとジアは会社を立ち上げ、新聞や雑誌に取り上げられるほど有名になります。メイソンも金儲けではなく”政府の仕事”を務め満足そうな生活を送っていました。

すべてがハッピーエンド。しかし、彼らにはまだやり残していたことがあったのです。行かなければこの現実は消える……最後のタイムトラベルでした。

2014年12月24日

ブラジル・サンパウロ。

ここでは、家族を失ったフリンが憔悴しバーで酒浸りになっていました。

ルーシーは、この時代のフリンに自分の”日記”を手渡しに行ったのです。あなたはテロリストと呼ばれることになる、でも世界を救ってほしいと。

ルーシーはフリンに、2023年から来たことを伝えるとフリンは「やはりメイソンはタイムマシンを完成させてたのか」と驚きます。

それでもルーシーは、この先あなたの家族が戻ることはない。と涙を流しながら伝え、フリンの頬にキスをして立ち去ったのです。

シーズン1で、フリンがルーシーに日記を貰ったこと、いずれは仲間になるとも話していたことがここで繋がりました。

すべてはここから始まったのか、それとも未来から始まったのか……。

フリン再登場はやはり、ルーシーが日記を渡すという場面でした。そしてシーズン1に繋がります。

永遠のループにも感じましたが、フリンに日記を渡すというシーンで幕を閉じるのは、最高の結末でした。

ルーシーとフリンの間にも、ワイアットとは違う”愛”がありましたし、亡きフリンに再会できたことはルーシーにとって深く思うところがあったでしょう。