【斗羅大陸】14話・15話・16話のネタバレ感想|無法地帯の森へ | Dramas Note
スポンサーリンク

【斗羅大陸】14話・15話・16話のネタバレ感想|無法地帯の森へ

アジアドラマ
©New Classics Television 2021

【斗羅大陸~7つの光と武魂の謎~】14話・15話・16話のネタバレ感想。唐三と小舞は不楽の居場所を突き止めたものの、小舞が毒におかされてしまいます。解毒のために無法地帯の森へ行くことになり……。この記事ではネタバレ感想をお届けします。

「斗羅大陸」オフィシャルサイト

視聴可能サイト:[Prime Video][U-NEXT][dTV]

FOD

スポンサーリンク

【斗羅大陸】14話のあらすじネタバレ

©New Classics Television 2021

唐三と小舞は、不楽の居場所を突き止めたものの小舞が毒に侵されてしまった。

解毒できる男に会うため、唐三たちは危険な無法地帯といわれている「星斗鎮」へ行くことにした。ほかの史蘭客学苑の生徒も総出である。

しかし、解毒が目的だと知るのは学苑長と大師だけで、表向きは 魂環を得るために魂獣を狩ることになっている。

唐三、小舞、大師の3人は先に星斗鎮に到着した。すると、葉知秋イエ・ジーチウという黒づくめの男が話しかけてきた。解毒できる唯一の男だ。

男は「解毒してほしければ、独孤雁という魂師の前でこの瓶を割れ。額に花の飾りがある女だ」と指示する。独孤雁は明日、3つ目の魂環を得るためにに入るらしい。

ところが、大師によれば瓶の中身は猛毒で、割ったら周囲の人間も死ぬとのこと。それでも、唐三は小舞を救うためには誰かを犠牲にせざるを得ないと思い始める。

ともあれ、独孤雁に会うことにし一同は森へと向かった。

スポンサーリンク

14話の感想と考察

小舞は「もしも私が魂師に殺されそうになったら……」と不安そうに話していましたが、彼女の口ぶりからすると、もしや彼女の正体は魂獣ではないでしょうか?

もしも小舞が魂獣ならば、魂獣を殺さずに魂環を得られる方法を探していたことも納得がいきます。さらに、むやみに魂獣を殺さなかった唐三になつくのも納得。他にも、魂獣の気配が分かることや魂獣に詳しいこと、最初の学苑では誰かと入れ替わっていたことも、すべて合点がいくのです。

第1話では、10万年 生きた魂獣は人の姿にもなれると説明がありました。とすれば、小舞が魂獣ならば、10万年以上の魂獣ということですね。

彼女のキャラクターはヒロインとしては好みがわかれる独特な雰囲気があるのですが、魂獣ゆえだとすると合点がいきますし、急に可愛く思えてきました。

スポンサーリンク

15話のあらすじネタバレ

©New Classics Television 2021

生徒たちは森に向かう途中で疲れてしまった。すると、学苑長が欧思客オウ・スーコ―に回復アイテムを出させる。

欧思客は珍しい器物タイプの武魂で、全身コックのような姿に変わった。さらに珍しいことに、彼の回復アイテム(ソーセージ)は体力だけでなく魂力も回復させるシロモノだった。

© 2009-2022 营业执照

大師は用心のために鼻の利く羅三炮を召喚した。すると、羅三炮が、素雲濤スー・ユンタオが近くにいることを嗅ぎつける。

(素雲濤は1話で唐三の覚醒を手伝った武魂殿の者。胡列娜の護衛でもある)

大師は1人で素雲濤を探しに行った。すると、素雲濤が黒い影に殺されるのが見えた。

一方の学苑長たちは、欧思客の武魂にピッタリな魂獣を仕留めた。欧思客は魂環をゲットし、第三魂環に昇格。新しい魂技を試してみると、飛行できるアイテムが出てきた。

その後、一行の前に百獣といわれる大猿が出現し小舞を連れ去った。学苑長でさえ一撃でやられてしまい、人間ではとても太刀打ちできない。

それでも、唐三は小舞を助けに向かった。すると途中で、1話で遭遇した巨大クモが現れる。唐三は左手の武魂で戦うが……。

スポンサーリンク

15話の感想

欧思客の第1魂技がソーセージなのは笑いましたが、体力も魂力も同時に回復するなんて凄い性能です。しかも「全力回復」だと言っていたから、全快するのでしょうか。

武魂殿の胡列娜が何度もスカウトするぐらいだから、欧思客の武魂はかなり強いのでしょう。確かに、HPもMPも全回復するのだと考えたらチート級のアイテムです。

小舞は大猿に連れ去られましたが、おそらく友達(仲間)だから近づいただけで、きっと危害は加えないはず。

スポンサーリンク

16話のあらすじネタバレ

©New Classics Television 2021

巨大クモを倒した唐三は魂環を取り込もうとする。しかし、駆けつけた大師に、強すぎる巨大クモの力を取り込めば唐三の命が危ないと止められる。

そこへ、老夫婦が独孤雁を連れてやってくる。唐三は独孤雁の額の花飾りを見て、葉知秋から受けた命令(毒瓶を割れ)を思い出した。

老夫婦は「死骸を譲ってくれ」と言ってきたが、すぐにでも小舞を助けるための力を得たい唐三は、その申し出を拒否して魂環を取り込んだ。

ところが、無理に取り込んだせいで巨大クモに体を乗っ取られてしまう。唐三の背中からは4本の巨大な脚が生えた。

唐三はこのままでは死んでしまう。助けるには体に生えた脚を抜くしかないが、そうすれば唐三は一生昇格できなくなる。つまり、一生「三魂」止まりとなるのだ。

その頃、小舞は大猿と親しげにしていた。小舞は大猿から魂力を吸い取り、また会う約束をして去るが、猿はいつまでも後をついてくる。

そこへ、巨大クモに乗っ取られた唐三が現れる。大師から事情を聞いた小舞は、唐三から過剰な魂力を吸い取った。唐三はやっと正気に戻る。

目覚めると、唐三は無事に第三魂環に昇格していた。 唐三はふと、葉知秋からもらった毒瓶が割れてしまい自分の体内に入り込んだことを思い出す。

一方、胡列娜は戴沐白ダイ・ムーバイを不思議な力で操り 一族の話を聞き出そうとする。しかし、朱竹清ジュー・ジューチンがそれを阻止した。

スポンサーリンク

16話の感想と考察

栄栄は令嬢ならではの高飛車な一面もありますが、根は仲間思いですし情熱もあります。それに、欧思客の風変わりな武魂を見ても笑わずに誉めたりと、純粋さも感じられました。

逆に胡列娜は現実主義でドライ。大猿相手には撤退するべきだという判断も冷静でした。チームには1人ぐらい冷静な人間がいたほうが良いので、これもやはり良いバランスです。

謎なのは、魂力を吸い取る小舞の能力。同じ魂獣同士だから吸い取ることができるのでしょうか。

小舞は「魂獣を殺さずに魂環を得る方法」を探しているはずですが、すでに達成できていますよね。それなのに 吸い取る力を秘密・・にしているのは、それが魂師としての能力ではなく魂獣としての能力だからではないでしょうか。

そしてもう1点。大師が2魂環止まりなのは、今回の唐三のように魂環の取り込みに失敗した過去があるからではないかと予想します。

©New Classics Television 2021

本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトまたは、各動画配信サービス公式ページでご確認ください。