【月に咲く花の如く】感想27話・28話。星移と周瑩の駆け引きに顔がほころぶ。 | Dramas Note
アジア ヒューマン 実話を基にしたドラマ 恋愛ドラマ 歴史ドラマ

【月に咲く花の如く】感想27話・28話。星移と周瑩の駆け引きに顔がほころぶ。

出典:www.amazon.co.jp

【月に咲く花の如く】あらすじとネタバレ感想(27話・28話)。

収入源がゼロになってしまった周瑩は、巧妙な策を用いて利益を得ようとします。

星移を唸らせたその巧妙な策とは?


一方、罪悪感に苦しむ胡志存は思いがけない行動に出るのです。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】あらすじネタバレ27話

新たな商売のために

【月に咲く花の如く】最終回までの全話あらすじ。キャストも総まとめ!
【月に咲く花の如く】あらすじ全話。実在する女商人の一代記が描かれた本作は、中国で2017年の視聴率NO1(時代劇部門)に…

とくさん夫妻はアヘン中毒の悲劇により亡くなってしまいました。

悲劇を目の当たりにした周瑩は、アヘンを根絶するために収入源であったケシ(=アヘン)の畑をすべて焼き払います。

一方、火事の知らせを聞いて駆けつける趙白石ちょう・はくせき

周瑩は、以前にケシの栽培をやめるよう趙白石に言われた時、薬として使用するから問題ないと言って趙白石を追い払いました。

しかし、今になって趙白石が正しかったと分かった周瑩は、以前に失礼な態度を取ってしまったことを謝罪するのです。

数日後。ケシの畑がなくなり、いよいよ収入源がゼロになってしまった周瑩は、新たな商売を始める準備をします。

奥様が老後のために蓄えていた2千両を拝借し、綿花を買えるだけ買う周瑩。

一方の星移せいいは、仕事ぶりが父親に認められ綿花店の副番頭となるのです。

胡月薬剤店の行く末

杜明礼と・めいれいの計らいにより釈放された胡志存こ・しそんは、胡月薬剤店に帰ってきました。

娘の詠梅えいばいは胡志存の帰宅を喜び、釈放の力添えをしてくれた杜明礼をぜひとも食事に招きたいと話します。

ところが、杜明礼の本性を知る胡志存は大反対で、杜明礼には今後いっさい関わるなと詠梅にきつく言いつけるのです。

後日、胡月薬剤店の前を通りすがった杜明礼は、店の看板をたたもうとしているのを見て心配になったのか、店に顔を出しました。

詠梅の話では、胡志存の精神状態が良くないため店を畳むことにしたとのこと。

それを聞いた杜明礼は、親身な様子であれこれと詠梅に提案をするのです。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】あらすじネタバレ28話

胡志存の後悔

【月に咲く花の如く】感想25話・26話。王世均の俳優情報と撮影の裏話も!
【月に咲く花の如く】ネタバレ感想(25話・26話)。鬼畜すぎる悪女・柳婉児にいよいよ制裁が下る!? 今回は、繰り広げられ…

牢屋から出て帰宅した胡志存こ・しそんですが、気持ちはまったく晴れず、むしろ陰鬱な思いが募るばかり。

その理由は、杜明礼と・めいれいにだまされて友人の蔚文いぶん(呉家当主)に無実の罪を着せてしまったから。

その結果、蔚文は膏薬偽造の件で捕まり命も落としました。

罪の意識にさいなまれ続けた胡志存は、ある日突然、ひとり娘の詠梅えいばいを残して自害してしまうのです。

彼が自害した日の前日、周瑩は蔚文の墓の前で胡志存が懺悔している姿を目撃しました。

周瑩が問い詰めると、胡志存は“蔚文を嵌めるための嘘の証言”を何者かに指示されていたことを匂わせます。

そのことを思い出した周瑩は、役人の趙白石に膏薬事件の再調査を依頼するのでした。

周瑩の策

綿花店の副番頭となった星移は、「農民が綿花を売りにくる時期のはずですが、まだ1人も来ません」という報告を受けます。

使用人に詳しく調べさせると、どうやら3か月ほど前から周瑩が綿花の畑を買い占めているとのこと。

それを知った星移は呉家東院へ赴き、“商人”として周瑩と対峙。

星「大量の綿花を抱えていると聞いたが、危険すぎるぞ」

周「あら、そうなの?」

星「力になるよ♥」

周「助かるわ、どうすればいい?」

星「俺に全部売れ」

周「ありがとう! 1斤120文でよろしく♥」

相場は1斤60文、それを1斤120文で買えと言われた星移はたまったものじゃありません。

ちなみに、周瑩が抱えている綿花は80万斤

初めは平静を装って値下げ交渉をしていた星移ですが、ビタ1文もまけない周瑩にだんだん苛立ちを覚え、最後には“いつもの”星移に戻り捨てゼリフを吐くのです。

「綿花を持ってるのはお前だけじゃないんだからな!」

その後星移は、綿花の畑を持つ農民に会いに行きますが、全員が口を揃えて「呉家東院に納品するから他の人には売れない」と言うのです。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】感想27話

呉聘が亡くなってから12話が過ぎましたが、呉聘の話が出てくるといまだに悲しくて仕方ありません。

悪の根源である柳婉児は死亡しましたが、だからと言って呉聘が戻ってくるわけでもないのでどうしても虚無感があるのです。

ただ周瑩はこのところ笑顔も増えてきて、以前のように豪快で粗暴な彼女に戻りつつあります。

周瑩は綿花の商売を始めるようですが、ちょうど星移も綿花店の副番頭になったばかり。

今後は周瑩と星移の2人が、商いの面で支え合っていくことになるのでしょうか。

今回、奥様の侍女である張さんがいい味を出していました。

昔は周瑩のことをしょっちゅう奥様に告げ口していた張さんですが、周瑩の手腕と人柄を知った今は良き味方です。

これからも周瑩の味方が増えていくと良いですね。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】感想28話

綿花を大量に買った周瑩と、綿花店の副番頭になった星移。

てっきり2人は協力関係になっていくのかと思いきや、予想外にも周瑩が星移に綿花を高額で売りつけました。

実は周瑩は綿花を買い占めていたんですね、額を吹っかけて利益を得るために。

相場は1斤60文なのに120文で売ろうとしているので、星移からしたらシャレにならないはず。

交渉している時に、星移の表情がめまぐるしく変わるので目が離せませんでした。

中でも、「助けるよ♥」と言った時の表情にドキリ。

他にも、2人が”商人”として対峙するシーンは、ほっこりする駆け引きがたくさんあって顔がほころびました。

白々しく言ってみたり、優しさを全面に出して言いくるめようとしたり、情に訴えて値切ってみたりと、多彩なやり方で商いの主導権を握ろうとする2人のやりとりが面白いです。

一方、役人の趙白石もこのところ存在感を放ち始めています。

前回、周瑩を公正に厳しく裁きながらも、裏では罰を受けた周瑩の身を案じていた趙白石。

至るところで人の良さが滲んでいる趙白石ですが、本作のファンによると彼は“不憫”というあだ名がつくほど不憫になっていくのだとか。

※次回の29話・30話の感想&考察記事はこちら。

【月に咲く花の如く】感想と考察(29話・30話)。呉家が合併して開業!?
【月に咲く花の如く】ネタバレ感想(29話・30話)。買い占めからの相場操作という流れで大儲けしようとする周瑩でしたが、星…

いやいや嘘でしょ、呉聘を毒殺したのは柳婉児ではなかった!?

だとしたら犯人は誰なのか、次の記事で考察しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Dramas Note