【月に咲く花の如く】感想25話・26話。王世均の俳優情報と撮影の裏話も! | Dramas Note

【月に咲く花の如く】感想25話・26話。王世均の俳優情報と撮影の裏話も!

出典:www.amazon.co.jp

【月に咲く花の如く】ネタバレ感想(25話・26話)。

鬼畜すぎる悪女・柳婉児にいよいよ制裁が下る!?

今回は、繰り広げられる愛憎劇に引き込まれること間違いなしです!


なお、王世均役(リー・ザーフォン)の俳優情報についてもお届けします。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】あらすじネタバレ25話

疑心暗鬼になる孫番頭

【月に咲く花の如く】最終回までの全話あらすじ。キャストも総まとめ!
【月に咲く花の如く】あらすじ全話。実在する女商人の一代記が描かれた本作は、中国で2017年の視聴率NO1(時代劇部門)に…

孫番頭は、帳簿などの証拠を隠滅するため、柳婉児りゅう・えんじの指示で三原質屋を燃やしました。

その後、孫番頭は隣町の宿へと逃げ込むも、覆面をした何者かに捕らえられ命を狙われます。

実は覆面の男は学徒房の生徒で、周瑩の指示で孫番頭の様子をずっと探っていたのです。孫番頭を襲ったのも、おそらく周瑩の指示でしょう。

覆面男は「柳婉児の指示でお前を殺す」と嘘をつき、孫番頭に柳婉児を疑わせようとします。

そこへ呉家東院の鴻伍こうごが現れて、命を狙われている孫番頭を助けました。(これも周瑩の計画)

覆面男が去った後、鴻伍は隠れ家に孫番頭を連れて行きかくまってあげます。

そして、鴻伍は孫番頭を助けるフリをしながら、孫番頭が柳婉児を疑うよう会話を誘導していくのです。

周瑩たちの狙いどおり、孫番頭は少しずつ疑心暗鬼に陥りますが、それでもまだ柳婉児を信じる気持ちのほうが大きいようです。

孫番頭の決断

孫番頭は、“柳婉児の付き人である林に会って真実を知りたい”と鴻伍に話します。

鴻伍は、探したけれど林の姿はなかったと言い「それより柳婉児はまだ屋敷にいましたよ」と報告。

孫番頭と柳婉児が立てた計画では、柳婉児は3日以内に屋敷を出て孫番頭と駆け落ちする予定でした。

それなのにまだ屋敷にいるということは、夫の蔚双に脅されたり軟禁されているのではないか?

と心配になった孫番頭は、柳婉児の様子を確認するために、変装をして呉家南院に忍び込むことにするのです。

しかし、孫番頭が呉家南院で目にしたものは、蔚双に脅されているどころか蔚双と仲睦まじく過ごす柳婉児の姿でした。

あまりにも仲睦まじい2人を見た孫番頭は、そこで初めて自分は柳婉児に利用されていたのだと確信するのです。

柳婉児に20年間のすべてを捧げ、尽くしてきた孫番頭。

それが全て”無意味”なものになってしまった今、孫番頭は柳婉児の罪を告発する決意をするのです。

その後、孫番頭は周瑩を呼び出してすべての真相(柳婉児が黒幕であること)を伝え、そして役人の趙白石ちょうはくせきにもすべてを話します。

悪事の終わり

その頃、呉家南院では呉家一同を招き、蔚双の誕生日を盛大に祝っていました。

そんな中、役人の趙白石が現れて柳婉児を捕らえようとします。

罪状は東院の財産を盗み、呉聘の命を奪った罪

柳婉児は当然のようにシラを切ろうとするも、どうやら趙白石には確証があるようです。

趙白石は、証人として連れてきた孫番頭にすべての真相を証言させました。

・柳婉児の指示で20年間“三原質屋”の金を横領していたこと

・金がたまったら2人で駆け落ちをする予定だったこと

・三原質屋の不正を隠すために柳婉児が呉聘を毒殺したこと

全てを証言した孫番頭は、それでもまだ柳婉児を愛する気持ちが残っているのか目に涙をためています。

一方、柳婉児と孫番頭が長年密通していたことを知った蔚双は、怒りと憎しみのあまり柳婉児を刺し殺してしまうのです。

そして蔚双は自らも命を断ち、1人残された息子の呉遇ご・ぐうは泣き崩れるのでした。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】あらすじネタバレ26話

星移の正義感

沈家が営む薬剤店に、役人のしゃが現れて膏薬偽装の疑いで調査をすると言います。

ちょうど居合わせた杜明礼と・めいれいは、何とか言いくるめて調査を阻止しようとしますが謝は一歩も引きません。

すると星移は剣で自分の腕を切り、膏薬が正しい性能(止血)を持っていることを証明するのです。

膏薬の効果で星移の傷が止血されるのを見た役人たちは、おとなしく引き下がりました。

実は、星移は独断で、止血効果のあるトケン花を膏薬の材料に加えていたのです。

星移の父・四海は「膏薬を偽造しているのになぜ血が止まったのか、どんなトリックを使ったのか」と星移に尋ねます。

星移は、高額な“血けつ”の代わりに、同じ止血効果のある“トケン花”を膏薬の材料に加えたと答えました。

とは言え、本来は“血けつ”を使わなくてはいけないので、トケン花の代用も厳密には偽造になります。

ゆえに星移は、高額であっても血けつを使用するべきだと主張し、さらに杜明礼とも手を切るよう四海に進言するのです。

星移の言葉が響いたのか、四海は杜明礼と手を切るつもりで彼のもとへ赴きました。

ところが、ベイレ様の計らいにより“星移と大奥様の位が昇格した”と知り、結局四海はこれからも杜明礼と手を組むことにするのです。

まだまだガサツな周瑩

いまだ礼儀作法がなっていない周瑩は、呉家東院の奥様にそれとなく注意されてしまいます。

行儀よくしたところでお金が入ってくるわけでもないし、蔚文の冤罪が晴れるわけでもないと言葉を返す周瑩。

それでも奥様は納得できないようで、せめて外では行儀よく振るまうよう周瑩に約束させるのでした。

その後は呉家南院の話になり、奥様が言うには、柳婉児と蔚双を亡くした呉遇ご・ぐうは、南院の財産をすべて持ち逃げして呉家を去ったとのこと。

別の日には、呉家西院の呉漪ご・いが周瑩のもとにやって来て、色々なものを差し入れしてくれます。

蔚武からは援助金、西院の奥様からは高額な薬剤、呉漪本人からは手作りの料理をもらう周瑩。

その後周瑩は、西院の奥様からもらった薬剤を持ってとくの奥さんを見舞うことにしました。

徳さんとは、炊き出しの時に出会った災害難民のこと。

ところが、周瑩が訪ねるとすでに奥さんは亡くなっていたのです。

スポンサーリンク

王世均(おう・せいきん)役の俳優は誰?

名前:李泽锋(リー・ザーフォン)

生年月日:1983年6月22日

身長:180cm

国籍:中国

代表作:【乱世丽人行】(2017)、【伏击】(2016)、【一代枭雄】(2014)など
(代表作は原題での記載となります)

王世均は、出番やセリフは少ないながらも、周瑩の数少ない味方であり安心できる登場人物のひとり。

20話あたりから存在感を放ち始め、23話で“永遠の忠誠”を誓うシーンは王世均の見せ場だったと言えます。

♦撮影の裏話♦

21話で王世均が床に額を打ちつけるシーンがありましたが、熱演するあまり実際に彼の額が擦りむけてしまったのだとか。

演じるリー・ザーフォンは、中国版ツイッターで擦りむけた額の画像を投稿しているそうです。

そんなエピソードからはリー・ザーフォンの演技に対する本気度が窺えますし、実際に中国でも彼の演技力は評価されています。

「王世均を演じるのはリー・ザーフォンでなければならなかった」と監督に言わしめたほど。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】感想25話

蔚双の誕生日祭で繰り広げられた愛憎劇は非常に見ごたえがありました。

柳婉児が主犯だとは言え、彼女に従っていた孫番頭も決して許せない存在だけれど、それでも孫番頭の名演技にはついウルっときてしまいました。

最後の最後まで柳婉児を信じようとしたけど結局信じ切れず、柳婉児の罪を証言した孫番頭。

その時の表情はまさに愛憎といった感じで、迫真の演技に引き込まれました。

悪の根源である柳婉児は死亡しましたが、まだスカッとする感覚はなく、どちらかというと虚無感が残っています。

あっけなく死にすぎて、これが本当に“報い”といえるのかどうか、正直わかりません。

柳婉児には、もっとちゃんとした報い(罰)を受けて欲しかった気がしなくもないです。

何にせよ、最後は蔚双が柳婉児を殺して自らの命も絶つという、なんとも壮絶な幕の下り方でした。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】感想26話

ここのところ、正義感の強い星移が見られてうれしい限りです。

星移は膏薬の偽装が許せず、偽造を指示した杜明礼とは手を切るべきだと父親に主張しました。

仕事にも真面目に取り組んでいるようですし、星移は少しずつ成長しています。

一方、趙白石ちょう・はくせきは公正で清廉潔白な役人ですが、それゆえに目上の人から怒りを買ってしまうことも。

今回もベイレ様の怒りを買い、四品から七品へと降格させられてしまった趙白石。

逆に星移は五品に昇格し、趙白石よりも一気に位が高くなりました。

わざわざ趙白石に見せびらかして嫌味を言う星移がお子様すぎますが、そこが可愛くもあります。

五品は役人にひざまづかなくてもいいという説明があったことと、五品の星移が着ている衣が上等だったことから、きっとそれなりに高い位なのでしょうね。

※次回の27話・28話の感想記事はこちらです。

【月に咲く花の如く】感想27話・28話。星移と周瑩の駆け引きに顔がほころぶ。
【月に咲く花の如く】あらすじとネタバレ感想(27話・28話)。収入源がゼロになってしまった周瑩は、巧妙な策を用いて利益を…

アヘン中毒による悲劇を目にした周瑩は畑をすべて焼き払い、そのため収入源がゼロになってしまうのです……。