【月に咲く花の如く】感想31話・32話。詠梅が布業に参戦で面白い展開に! | Dramas Note
「独孤伽羅」2020年12月30日(金)~BS12で放送スタート!記事はここから

【月に咲く花の如く】感想31話・32話。詠梅が布業に参戦で面白い展開に!

出典:www.amazon.co.jp

【月に咲く花の如く】ネタバレ感想(31話・32話)。

星移と周瑩が綿布の販売を競う中、まさかの詠梅が布業に参戦で面白すぎる展開に!

勝利を手にするのは一体誰なのでしょうか。


なお、チェン・シャオ(星移役)のインタビュー内容もお届けします。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】あらすじネタバレ31話

星移vs周瑩、どちらの綿布が売れる?

【月に咲く花の如く】最終回までの全話あらすじ。キャストも総まとめ!
【月に咲く花の如く】あらすじ全話。実在する女商人の一代記が描かれた本作は、中国で2017年の視聴率NO1(時代劇部門)に…

“呉家布業”を開業した周瑩しゅう・えいは、大量生産のために織物職人を30名ほど増やしました。

周瑩は、完成した綿布の品質の素晴らしさを喜び、職人や使用人、それから蔚武いぶたちとも“成功”を嚙みしめ合うのです。

一方の星移せいいは、開かれた沈家の月例会にて、“呉家布業”への対抗策について議論します。

そしていよいよ、“呉家布業”が綿布を売り出す日が近づいてきました。

♦両家の見通し♦

・周瑩(呉家東院)……自家生産により中途費用がゼロなので、安値で提供できる。しかし、完成した綿布が思いのほか高品質であったため安値じゃなくても売れる見込み

・星移(沈家)……おそらく値の安さでは呉家東院にかなわないが、信頼&知名度があるので、呉家東院との値段差が2割程度ならば問題なく売りさばける

両家はともに準備万端、あとは綿布を売って利益を得るだけとなりました。

ところが、両家の綿布は驚くほど売れず、周瑩の店では1ヶ月間で売れたのはたったの6反のみ。

星移の店も似たようなもので、“布業史上、最低の売れなさ”という結果になってしまったのです。

その原因は、詠梅えいばいが同時期に開いた洋布店にありました。

詠梅が布業に参戦してひとり勝ち!?

洋布とは、外国から輸入した布。

触感・見た目・色合いすべてが絹に近く、絹よりも丈夫で安値。

時は戻って数か月前。

古月薬剤店を再建しようと決めた詠梅は、再建費用のために、以前お金を貸したようと会って借金の返済を求めました。

薬屋だった楊は、不況ゆえに商売をくら替えし今は洋布を売っているとのこと。

楊は「まだ顧客が見つかっていないため借金は返せない」と言い、せめてもの詫びとして洋布の見本品を詠梅に手渡します。

そこで詠梅の使用人は、名案が思い浮かんだとばかりに顔を輝かせ、ある提案を口にするのです。

「楊さんと組んで洋布店を開いてはどうです?」

最初こそ迷いがあった詠梅ですが、憎き周瑩の布業に対抗して復讐するために洋布店を開くことを決意するのです。

現在。そうして開いた洋布店は大繁盛で、商人たちがこぞって「今日こそはうちに千反売ってくれ!」と押しかける毎日。

一方、洋布店に客をすべて取られていると知った星移と周瑩は、それぞれ洋布店を偵察しに行きました。

洋布店で鉢あった2人は軽口を言いながら品を物色し、洋布の品質の素晴らしさを目のあたりにするのです。

綿布の商いは撤退するしかない!?

高品質な洋布を目にした星移は、「綿布を今すぐに1文でたたき売り、その後は沈家も洋布にくら替えをするべきだ」と父親に話します。

1文で売れば損失が大きいと渋る父親に対し、さらに説得を続ける星移。

・綿布は、洋布の品質にはとても敵わない

・洋布が市場に出回れば、もう誰も綿布を買わなくなる

・詠梅の洋布に市場を独占させるわけにはいかない

星移に説得された父・四海は、答えをいったん保留にして杜明礼と・めいれいに相談をしに行きました。

沈家が損失を被れば、沈家の株を3割持っているベイレ様も損害をかぶってしまうと話す四海。

続けて四海は「綿布店の損害防止のため、洋布の輸入を禁止してくれませんか」と杜明礼に頼むのです。

杜明礼は、輸入の禁止はできないが別の手を打つと約束し、その場をあとにしました。

その後、詠梅のもとを訪ねた杜明礼は「少しの間だけ洋布店を休業してくれないか」と頼みます。

杜明礼は、洋布店が休業している間に沈家の綿布を売り切るつもりなのです。

詠梅は、父親を釈放してくれた杜明礼には恩を感じていると前置きした上で、周瑩への復讐を果たしたいから店を休業することはできないと答えました。

その代わり、詠梅はこれまでの恩返しとして洋布店の2割の株を杜明礼に渡すのです。

杜明礼は、今まで查坤さこんとともにベイレ様の言いつけ通りに働いてきましたが、褒美をもらったことはなく“自分の金”と言えるものはありませんでした。

いっさいの褒美も出ない中、少しでも失敗をすれば“棒打ち”という罰が待っている毎日。

そんな日々の中、初めて手にした“自分の金(株)”に言いようのない感激を覚えた杜明礼は、查坤にも1割の株を与えて共に喜びを分かち合うのです。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】あらすじネタバレ32話

5千里の旅

洋布の品質にはとても敵わないと実感した周瑩は、洋布が普及していない迪化てきか(地名)へ行きそこで綿布を売ることにします。

迪化には、呉家西院が経営する店もあるためちょうど良いという周瑩。

しかし、迪化は5千里(25万㎞)も離れた場所にあり、道のりがとても険しいため呉家の人たちは簡単には賛同しません。

それでも周瑩は「(綿布を売るために)最後にあがいてみたい」と言い、周りの反対を押し切って迪化へ行くことにするのです。

一方の星移は、周老四しゅう・ろうしから迪化で綿布を売る話を聞き、自身も迪化へ行くことに。

こうして5千里の旅を始めた周瑩と星移は、道中でお互いに小さな嫌がらせをしながら険しい道のりを進んでいくのです。

♦旅のメンバー♦

周瑩、周老四、侍女の春杏しゅんきょう、使用人の福来ふくらい、使用人

星移、星移の使用人2人

旅の途中のある日、周瑩らが泊まった宿に盗賊が押しいり、周瑩をさらおうとします。

その盗賊は、以前に間違えて呉漪ご・いをさらった(杜明礼の息がかかっている)盗賊たちでした。

周瑩らは盗賊に応戦するも、最後は周老四以外が全員つかまってしまいます。

杜明礼の手下は誰だ!?

前回の記事で考察した呉聘毒殺の件ですが、杜明礼がナツメ餅に毒を仕込ませていた場合、実際に毒を盛った人物が呉家にいるはずだとお伝えしました。

呉聘毒殺とは関係なく、単純に手下を呉家東院に忍ばせている可能性もあります。

その人物ですが、おそらく使用人の福来ではないかと推測します。

今回、周瑩は旅の途中で盗賊に襲われましたが、その盗賊は以前にも周瑩をさらおうとした(杜明礼の息がかかっている)盗賊でした。

周瑩らが泊まる宿をピンポイントで襲ったことから、周瑩に同伴した人物の中に、居場所を教えた杜明礼の手下がいるのではないかと推理します。

周瑩に同伴したメンバーは、周老四、福来、春杏。

その中で一番疑わしい福来は、呉聘が亡くなった日に呉聘のもとへナツメ餅を運んだ人物でもあります。

もしも福来が杜明礼の手先であるならば、ナツメ餅に毒を仕込んで呉聘を殺したかもしれません。

ただその場合1点だけ合点がいかないのは、呉聘は甘いものが苦手なので普段はナツメ餅を食べません。

福来ならばそれを知っているはずなので、ナツメ餅に毒を仕込んだとは考えづらいんですよね。

ちなみに、呉聘は亡くなった当日に杜明礼の屋敷を訪ねているので、その時にすでに毒を盛られていた可能性も高いです。

その場合は遅延性の毒ということになりますね、亡くなるまでにけっこうな時間が空いているので。

結論。

・呉聘が亡くなった当日、杜明礼が自分の屋敷で遅延性の毒を盛った(可能性

・あるいは、杜明礼が手下の福来に命じ、ナツメ餅に毒を仕込ませた(可能性

・今回盗賊に周瑩の居場所を教えたのは、周瑩に同伴した福来(可能性

スポンサーリンク

チェン・シャオ(星移役)のインタビュー内容

①無意識の感情、役割の変化

ご存じの通り、ドラマ序盤の星移は子どものようにわがままで多くのトラブルを引き起こしました。

前半、周瑩に対して高圧的かつ衝動的な態度で接していた星移。

演じるチェン・シャオは、そんな星移の行動を“主従関係”という星移の無意識の感情からきていると分析しているそうです。

そんな無意識な感情も後期には少しずつ変化が出てくるとのことで、チェン・シャオの見解では星移の役割は“ドラマの展開に曲線をもたらす”ことなのだとか。

②呉聘になりたいが、悪役もやりたい

呉聘役のピーター・ホーは「呉聘と星移は2人とも温かい男だが、彼らの温め方は違う」と分析。

一方のチェン・シャオは呉聘の温かい男性像を非常に高く評価しており、呉聘を演じてみたい気持ちがあると言います。

ピーター・ホーの感情表現の豊かさにも感心しているとのこと。

また、チェン・シャオは脚本を見た後に、悪役の杜明礼に興味がわいて演じたい気持ちになったことを監督に話したのだそうです。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】感想31話

まさか詠梅が布業に参戦してくるとは予想外ですし、面白すぎる展開になってきました!

綿布を扱っている周瑩と星移は、“布業史上、最低の売れなさ”となり大惨敗。

洋布を扱う詠梅のひとり勝ちとなりました。

洋布の品質は“絹”に似ていて、それでいて絹よりも丈夫で安値なので客がこぞって洋布を買い求めるのも納得です。

何よりも高級感のある見た目なので、綿よりも洋布を好む人が多いかと思われます。

周瑩の合併案も素晴らしかったのですが、あの品質の洋布が相手ではとても勝ち目はありません。

ですがこのままだと周瑩はかなりの損失を被ることになるので、何かしらの策は講じるはず。

周瑩がこのピンチをどうくぐり抜けるのかが次回の注目ポイントになりそうですね。

綿布の商いをやめて洋布にくら替えをするのか、それとも綿布の商いで挽回するのか、周瑩の決断がとても楽しみです。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】感想32話

どのようにピンチをくぐり抜けるのか楽しみにしていましたが、どうやら周瑩は、洋布が普及していない遠くの地域で綿布を売ることにしたようです。

行き先は5千里も先とのことですが、距離にすると25万㎞ほどなのでかなりの長旅になりそう。

印象的だったのは、旅の途中で本作にしては珍しいタイプの演出があったこと。

♦演出♦

・外でふざける周瑩が長い棒を降りまわす

・棒が木に当たった拍子に上から花びらが舞い散ちる

・笑顔の周瑩が花びらと共にスローモーションで映り、星移が見惚れる

上記のような演出は普通の恋愛ドラマではよくありますが、本作ではベタな演出は初めてなので驚きました。

はた目からは星移が初めから周瑩を好いていることは明白でしたが、もしかすると星移自身は気づいていなかったのかもしれません。

つまり今回の見惚れる演出は、星移が周瑩への愛を自覚した瞬間だったのかも。

星移は今回、旅の途中で周瑩に対して小さな嫌がらせを繰り返しながらも、周瑩に何かあれば真っ先に助けに行く姿が頼もしくてカッコ良かったです。

※次回の33話・34話の感想記事はこちらになります。

【月に咲く花の如く】33話・34話。趙白石役の俳優情報も!
【月に咲く花の如く】ネタバレ感想(33話・34話)。人質になってしまった周瑩たち旅のメンバーは、命に危機に瀕します。そん…

実は星移は、周瑩への思いが恋愛感情だとは気づいていませんでした。(鈍感すぎ!)

ようやく愛を自覚した星移がとった行動とは!?