『ウォーキング・デッド』シーズン9後半。フラッシュバックで語られる内容とは? | Dramas Note

『ウォーキング・デッド』シーズン9後半。フラッシュバックで語られる内容とは?

ウォーキング・デッド シーズン9(出典:Amazon)

『ウォーキング・デッド』シーズン9後半予想。前半では、リック役のアンドリュー・リンカーンの降板に伴い、これまで死亡したキャラクターがリックの幻で登場するなど、彼の最後にふさわしい形で幕を閉じました。

そして2019年2月11日のシーズン後半では新たな局面に突入するとのこと。

今回は『ウォーキング・デッド』シーズン9後半の情報についてお届けします。

スポンサーリンク

『ウォーキング・デッド』シーズン9の行方は?

ショウランナー(現場責任者)であるアンジェラ・カンが明かしたところによると、『ウォーキング・デッド』シーズン9ではフラッシュバックのシーンを多用するとのこと。

シーズン9前半では、アレクサンドリア、ヒルトップ、聖域、王国などが独立したコミュニティーとして成り立っていました。

しかし、それぞれの中で巻き起こる出来事や確執などが浮き彫りになり、ニーガンの生死を巡り、かつての仲間との間に溝が生じています。

また、ストーリーはリックが去ってから6年後となっており、マギーも不在となる中で新たな敵ウィスパラーズが出現し予想外の展開に……。

スポンサーリンク

空白の6年はどう描かれるのか!?

アンジェラ・カンは、シーズン9前半の間に起きたタイムジャンプを埋めるべく、後半では特定のシーンでフラッシュバックを多用し、その間に起きたことを伝えていくと言います。

内容を理解していくのはもちろん、彼らがなぜそこにいるのかを理解していく上でも、最も効果的な方法であるとのこと。

空白の6年を補充するというフラッシュバック効果は、ファンの期待に沿うことができるのでしょうか。

スポンサーリンク

ニーガンにも大きな進展がある?

シーズン9第8話では、ゲイブリエルが牢屋の鍵を閉め忘れたのが原因で、ニーガンがついに牢屋の外に出てしまいました。

アンジェラによると、シーズン9後半ではニーガンにも大きな進展があると語っています。

ニーガンに何が起こったのか明確に伝えるとのことで、牢屋を出た後のエピソードに自信を持っているようです。

ニーガンが牢屋を出た後のことはもとより、前半で”ルシール”への異常なまでの執着心から、かつてニーガンの過去をより一層深く掘り下げていくのかにも期待が高まります。

スポンサーリンク

シーズン9後半はウィスパラーズとの激闘!

すでに前半では、ウィスパラーズとの戦いでジーザスが死亡し、さらなる脅威を目の当たりにしています。

今後は、ダリル(ノーマン・リーダス)やミショーン(ダナイ・グリラ)、キャロル(メリッサ・マクブライド)が中心となって物語が進むようです。

ウォーカーの顔を被ったウィスパラーズの詳細は明らかにされていませんが、アレクサンドリアやヒルトップなどにとっても、最強の敵となることには間違いないでしょう。