『ウェントワース女子刑務所』シーズン3の見どころと感想。濃いキャラ続出!サイコパスNo1はファーガソン!? | Dramas Note

『ウェントワース女子刑務所』シーズン3の見どころと感想。濃いキャラ続出!サイコパスNo1はファーガソン!?

ウェントワース女子刑務所7

© 2018 Foxtel Management Limited and FremantleMedia AUSTRALIA Pty Ltd

 オフィシャルサイト

『ウェントワース女子刑務所』シーズン3ネタバレ。

遂にウェントワース女子刑務所の”トップ・ドック(リーダー)”に上りつめたビー。

しかし、ビーの真の目的は愛娘デビーの復讐でした。

緻密な計画の元、ビーは脱獄に成功、ついにブレイデンに直接手を下すことに成功しました。

終身刑となってウェントワースに戻ってきたビーの次なる目的は?

スポンサーリンク

シーズン3からの新キャラクター

ブリジット・ウェストフォール

囚人のケアをするために送られてきたカウンセラー。フランキーにとって救世主となる存在になります。

ジェス・ワーナー

か弱い印象を皆に与えていますが、ずる賢い小悪魔的な面も持っています。

赤ちゃんに対して異常な執着心があります。

ジョディ・スピテーリ

フランキー元カノ・キムが去った後の後釜的存在で、最初はフランキーと仲よくしていますが、囚人たちのたくらみの犠牲者となり、どんどん崩壊していきます。

スポンサーリンク

『ウェントワース女子刑務所』シーズン3の見どころ

クイーン・ビーの次なる目的は?

『ウェントワース女子刑務所』全シーズンネタバレ一覧。
ウェントワース女子刑務所(出典:Amazon) 『ウェントワース女子刑務所』全シーズンネタバレ...…

ブレイデンの殺害に成功したが、仮釈放なしの終身刑となってウェントワースに戻ってきたビー・スミス。

目標は達成したものの、ビーの心は虚無感に満ちていました。

しかし、初めて収監された頃とは違い、すっかり逞しくなっています。

両サイドの髪を刈りこみツーブロックのヘアスタイルで一層ボス感を漂わせています。

この髪型にすることで、”トップ・ドック”として君臨する覚悟を決めたようにも見えました。

そして、今シーズンのビーの最大の敵は看守所長ファーガソンです。

保身のためなら、汚い手も平気で使うファーガソンにビーも翻弄されます。

いくら囚人のトップとはいえ、所詮囚人。

日ごとにサイコチックになっていくファーガソンによって、一時は精神棟に送られてしまうビーでしたが、仲間と共にファーガソンを破滅の道に追いやっていきます。

囚人もサイコだらけ!

こんなに濃いキャラばっかりなの?刑務所って!? というくらいサイコなキャラが続出です。

リズによって刑期が延びてしまったブーマーは、リズが戻ってきたことで早速復讐します。

ボッコボコにされてしまったリズ。

本人は、復讐されても仕方ないっていう感じでいますが、ブーマーにはビーからの両手をスチームで焼かれるというお仕置きがまっていました。

あの冷酷な旧ボス・ジャックス(シーズン1で死亡)でさえ、片手を焼くだけだったのに……。

ビーの恐ろしさを感じた一件でした。

ビーは、ブーマーを使って囚人たちに”ボスは私”ということを知らしめたかったようにも見えました。

ドリーンのお腹の子に異常に執着を示すジェスも謎の存在でした。

ベビーシッターをしていた頃、赤ちゃんが亡くなるという事故がおこった過去があります。

ドリーンの赤ちゃんの後見人を狙っていますが、ドリーンはリズに頼むことに。

どうしても後見人の座を自分のものにしたいジェスは、アルコール依存症のリズの部屋にこっそりお酒を置いて、リズを破滅の道に導きます。

赤ちゃんが生まれた後も、ドリーンにこっそりドラックを飲ませたりと、悪だくみに拍車がかかっていきます。

ジェスの狙いはなんなんだ!? とドキドキでしたが、最後はファーガソンの手で殺されてしまいます。

たまたまファーガソンの犠牲になっちゃったって感じの終わり方で、もっとジェスがサイコになっていくと思っていただけに、ちょっと物足りない感も残ったジェスの最後でした。

わき役としては、今回かなりの存在感を残した、レズおばさんのルーシー。

ドラックを調達できず窮地に陥ったフランキーが泣く泣く体を売った相手です。

C型肝炎であることをある種の武器にしているルーシー。

敵にするとやっかいだけど、味方にすれば超頼れるという感じの人でした。

トップ・ドックから脱落したフランキー

このドラマの中でも1,2を争う人気キャラのフランキー。

ボスの座から脱落したフランキーが必死に生き抜いていく姿にも注目です。

なんだかんだいっても、ビーより人情味のあるのがフランキーの人気が衰えないところでもあるのかなと思います。

今シーズンでは、仮釈放に向けて準備するフランキーが不安で揺れる姿が印象的でした。

カウンセラーとの新しい出会いによって変わっていくフランキー。

ブリジットがレズだとフランキーに告白したのは、カウンセラーとしてフランキーに心を開かせるための嘘かも?と思っていましたが、本当のレズでした。

無事に仮釈放が認められて刑務所を出たフランキーを門の前でまっていたブリジット。

(元カノのキムには気の毒ですが)2人にはこのまま幸せになって欲しいです。

シーズン3で起こった二つの大事件

エピソード毎に、事件はいつも起こっていますが、今回、おぉ!と息をのむ大事件が2つありました。

ひとつは、囚人たちがヴェラを人質にとって起こしたクーデター。

この事件により、ヴェラはC型肝炎に感染していまいます(目的はそれでなかったのですが、たまたま……というアクシデントで感染してしまった相変わらず不運なヴェラです)。

もうひとつは、刑務所の火事。

ビーとフランキーの決死の救出劇、そして、ファーガソンが自分を恨んでいる理由が判明したのにも関わらず、ウィルがファーガソンを助けてしまいました。

このファーガソンが一命をとりとめたことによって、ウェントワース女子刑務所が大変なことになってしまいますよ!

スポンサーリンク

『ウェントワース女子刑務所』シーズン3の感想

今回もかなり見ごたえのあるシーズンでした。

ドリーンが刑務所にいるのに妊娠しちゃったり、リズの娘が刑務所に入所してきてしまったり。

そして、ファーガソンの犠牲になってしまったジェス。

気が弱く、ビーからもファーガソンからも意地悪されて最後は精神崩壊。本当に不憫なジェスです。

そして、ファーガソンの本性もようやく世間に暴かれることに。

ファーガソン自身も、幼少期のトラウマや囚人との過去により同情することもありますが。

シーズン2で、てっきり死んでしまったと思っていた看守のフレッチャーがまだ生きていたというところもこのドラマの中で重要なカギとなっています。