【夢織姫】11話・12話・13話のネタバレ感想|命を盾にした求婚 | Dramas Note
スポンサーリンク

【夢織姫】11話・12話・13話のネタバレ感想|命を盾にした求婚

華流
©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

【夢織姫~秘密の貴公子に恋をして~】11話・12話・13話のあらすじとネタバレ感想。班婳は、容瑕が心に秘密を抱えているのを感じ取り、「いつか、心の殻をやぶって打ち明けてほしい」告げます。しかし、容瑕は……。

スポンサーリンク

11話のあらすじネタバレ

全45話の完全版で紹介します(BSは全40話)

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

黒服を着た何者かが、大長公主の屋敷から虎符を盗み出そうとしました。

そこに、別の黒服の男(容瑕の配下)が現れ虎符を奪おうとしたものの、班家の侍女が駆けつけたため、虎符を奪えないまま立ち去ります。

一方、大長公主の誕辰宴は大いに盛り上がり、外では花火が打ち上げられました。

容瑕の横で花火を見上げる班婳は、これまでの容瑕の言動から、彼が心にいつくもの秘密を抱えているのを感じ取っていました。

「いつか、心の殻をやぶってほしい。私の前では秘密や肩の荷を降ろしてほしいの」

しかし、大長公主から「これ以上 班婳に近づくな」と忠告された容瑕は壁を作ってしまいます。

そんな彼に班婳は、「私にとってあなたは唯一無二の存在、気になる人よ」と告げました。

帰宅後、ふと“胸の傷”のことを思い出した班婳は、使用人を総動員させて第2皇子に水をぶっかけ、着替えさせるという名目で衣を剝ぎ取り胸の傷を確かめさせます。

しかし、彼の胸に傷はありませんでした。

上裸のまま放置された第2皇子は激怒し、屋敷に帰ってからも怒りは収まりません。

そこへ、謝家の長男・謝重錦が訪ねてきました。

「権謀術数は私に任せてください」

そう言って立ち去った謝重錦は容瑕を訪ね、両親の死は厳家が黒幕だと言い1通の文書を渡しました。

その文書には、左相国 厳暉げんきの筆跡で「今夜、容家を消す」と書かれていました。

スポンサーリンク

班婳は大長公主に毒を盛った張医師を追っていました。

すると、同じく毒を調べていたという容瑕に遭遇。

容瑕が張医師を見つけたものの、張医師は謝重錦に口封じされてしまいました。

張医師が死に際に「2……2…」というのを聞いた班婳は、「第2皇子に命じられたのね!」と激怒し家族に報告しに戻ります。

すると、ひとまず大長公主は無事だったことだし、助けてくれた容瑕にお礼をしに行くべきだと促されました。

後日。

お礼をしに容瑕を訪ねた班婳は、それとなく容瑕の気持ちを探ったものの、彼がはっきりしないため、つい「好きか嫌いかはっきりして!」と迫ってしまいます。

そこへ、厳家が班婳との縁談を申し込みに来たという知らせが届きました。

家に戻った班婳は「相思相愛の相手じゃなければ嫁がない」と縁談を断ります。

スポンサーリンク

11話の感想

結局、虎符は班家にあったのでしょうか?そもそも、虎符がなぜそんなに重要なのか、なぜ皆が探しているのか、まだ全貌が見えてきません。

それにしても、思わず告白っぽいことを言ってしまった班婳が可愛かったです。

普段は気性が激しいけれど、容瑕に伝えた「いつか心の殻をやぶってほしい。私の前では秘密や肩の荷を降ろしてほしいの」という言葉は優しさで溢れていました。

そのあと、「好きか嫌いかはっきりして!」と迫ったのも、彼女らしくてキュートでした。

スポンサーリンク

12話のあらすじネタバレ

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

石府で開かれた宴では、容瑕、石飛仙、皇太子夫妻が歓談していました。

その席で皇太子夫妻は、容瑕にそれとなく石飛仙を結婚相手に勧めます。

すると、「会話が回りくどい!」と乱入してきた班婳が、単刀直入に石飛仙を娶る気はあるのかと容瑕に尋ねました。

容瑕は、政務を優先したいから婚姻は考えていないと答えます。

そこに今度は、厳暉の息子である厳甄げんしんがやってきて班婳に求婚しました。

班婳はきっぱり断ったものの、その後も厳家は諦めずに縁談を申し込み、家にまで押しかけてくる始末。

見かねた大長公主は、厳夫人に「厳家に班婳は嫁がせない!」と宣言して追い払いました。

すると今度は、厳家は噂を広め始めます。

その噂は、“班婳を娶るために厳暉が絶食をしている、もしも亡くなれば班婳のせいだ”というものでした。

それに対抗するため、容瑕は「この国に必要なのは厳相国だ」という別の噂を流します。

その噂を耳にした皇帝は激怒し、噂を広めた者を捕らえるよう命じました。

噂が収束すると、皇帝は、何度も班婳を助けた容瑕に「班婳が好きなのか」と尋ねます。

容瑕は自分には高嶺の花だと答えました。

スポンサーリンク

12話の感想

班恒と謝婉瑜はいつも好みが一緒ですね。ある意味 気が合うということなので、キッカケさえあれば親しくなれる気がしますし、カップルとしてもお似合いな気がします。

ただこのままいくと、彼女は第2皇子に嫁ぐことになってしまうのでしょうか。

謝婉瑜は1話の印象こそイマイチでしたが、裏表のない素直な性格だと分かってきましたし、ちょっとした言動が可愛らしい女性なので幸せになってもらいたいです。

スポンサーリンク

13話のあらすじネタバレ

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

厳暉の不正の証拠(売官により私腹を肥やした)を容瑕に渡した謝重錦は、容瑕を第2皇子派に引き入れようとするも拒まれます。

容瑕と入れ違いで現れた第2皇子は「あいつを味方にできるのか?」と謝重錦に尋ねました。

すると謝重錦は、厳家を倒せば容瑕の次の敵は大長公主となり、そうなれば我々と手を組むはずだと答えます。


宮中。

皇帝は容瑕がいる前で、わざと石晋に「班婳に気があるのか?思うままにせよ」と意味深なことを言います。

そのせいで、班婳との縁談を賜ったと勘違いした石晋は容瑕に、班婳には近づかないようにと警告しました。しかし、容瑕は引き下がりませんでした。


班府。

厳夫人は憔悴した厳甄を引き連れて班家に押しかけました。

さらに、2つの棺まで用意してきた彼女は、「厳甄は命も顧みず求婚している、それなのに求婚を拒むのなら、私も厳甄も棺に入れてくれ」と迫ります。

同じころ、宮中でも厳暉が、息子の厳甄に班婳を娶らせてほしいと皇帝に懇願していました。

すると容瑕は、命を盾に求婚するなど罰するべきだと主張します。

そして、厳家に追い打ちをかけるべく、今度は班淮が、厳暉が売官により私腹を肥やした証拠を提出。

実はこの証拠は、あらかじめ容瑕が渡していたものでした。

激怒した皇帝は厳暉を投獄しろと命じ、二度と班家に求婚するなと聖旨を出します。

一方、またしても予知夢を見た班婳は、胸に傷のある男は石晋かもしれないと思い始めます。

スポンサーリンク

13話の感想

今回も第2皇子のおバカっぽさは健在でした。彼にはずっとこのままでいて欲しい!

ところで、陛下はかなり紛らわしいことを石晋に言いましたね。あの言い方では、石晋が班婳との結婚を賜ったと勘違いするのも無理ありません。

その上、班婳がいきなり急接近するものだから、ますます石晋は彼女を好きになってしまうのでは?

ただおそらく、班婳が石晋に近づいたのは胸の傷を確かめるためでしょう。

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
本ページの情報は2022年11月のものです。最新の情報は公式ページまたは動画配信サービスにてご確認ください。