【ユニークライフ】シーズン2ネタバレと見どころ。涙必至の卒業式! | Dramas Note

【ユニークライフ】シーズン2ネタバレと見どころ。涙必至の卒業式!

作品紹介

【ユニークライフ】シーズン2ネタバレと見どころ。サムはカウンセラーのジュリアに告白をしたことでカウンセラーの変更を余儀なくされますが、なかなか新しいカウンセラーが見つからず苛立ちを隠せません。そんな中、サムは高校3年生という大事な時期に差し掛かり、卒業後の進路について考えることに。母エルサはサムのことを考え短大への進学を決めていたものの、サムは大学に行きたいと言い出して⁉︎

©1997-2020 Netflix,lnc.
 Netflix公式サイト

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2020年10月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

関連記事

【アグリー・ベティ】
【グッドプレイス】

スポンサーリンク

【ユニークライフ】シーズン2ネタバレ

高校卒業後の進路について考え始めたサムは、母エルサの考えていた短大という選択肢ではなく大学に行きたいと思うようになりました。

そこでサムは、父ダグの勧めもあって自閉症スペクトラム症向けのグループに参加。

同じ障がいを抱える子達も様々なことに挑戦しているとを知ったサムは、グループでの影響もあって大学進学を決意しました。

しかし、大学となると新たな環境で過ごさなければならないうえ、何事にも自分で対処しなければならないことから、まず初めてのお泊まりに挑戦することにします。

友人ザヒードの家に万全の準備をしてお泊まりに行ったサムでしたが、想定外の悲劇に見舞われることに!?

一方で、サムの母エルサはバーテンダーとの不倫が家族にバレてしまい、しばらく家から出ていくよう言い渡されます。

今までサムの面倒を見ることを生きがいにしてきただけに、サムに関わらずに過ごさなければならない状況に戸惑うエルサ。

しかし、今までのように我慢するのではなく素直に生きると決めたエルサはどこか生き生きしていて、思ったことを何でも口にするように。

そんなエルサの変化にも不倫についてもなかなか受け入れられないダグに、エルサは罪悪感を感じている故に関係修復を急ぎます。

果たして噛み合わないダグとエルサの関係は修復できるのか……⁉︎

転校した私立高校はお金持ちが多く通う学校でなかなか馴染めず、友達もできずにひとりで過ごしていたサムの妹ケイシー。

ところが、ひょんなことから同じ陸上部のイジー(ファイベル・スチュワート)と仲良くなり、いつしか2人は親友になります。

そんな矢先、イジーの彼氏の行動を巡って2人の関係に溝が生じ……。

スポンサーリンク

【ユニークライフ】シーズン2見どころ

大学進学に向けた練習

金銭管理

自らの意思で大学進学を決めたサムは、身の回りのことを全て自分でこなさなければならない大学生活を想定して自立を始めます。

そのためにまず、お金の管理お泊まりに慣れる必要があると考え、父ダグの付き添いで銀行口座を作り、友人ザヒートの家に人生初のお泊りを体験することに。

ところが、サムがお金の管理を始めた直後、クラスメイトからパーティの寄付を頼まれてしまいます。

サムは、”寄付”という言葉に警戒したものの、自分の好きなペンギンをテーマにしたパーティにすると言われ700ドルの寄付をしました。

ペンギンのパーティーに大喜びのサムからそのことを報告されたエルサは、学校のイベントなのに連絡がないのはおかしいと、クラスメイトの親に確認をします。

実はそのパーティーは学校のイベントではなく、親の留守を狙った子供たちによる秘密のパーティーだった。

これによりパーティーは中止。

サムはクラスメイトから非難を受けて突き飛ばされ、パニックを起こしてしまったのです。

お泊まりの練習

大学生活を想定したサムの人生初のお泊まりの日。

友人ザヒードの家では、サムの好きなメニューを用意していてくれたりと家族揃って迎え入れてくれました。

サムは、慣れない環境でも問題なく過ごせているように見えましたが、就寝となった途端 部屋のあらゆる音が気になり落ち着かなくなってしまいます。

ついにはその音に我慢できず、ザヒードの家を飛び出してしまいました。

ところが、独り言を言いながら夜道を歩いている所にパトロール中の警察官がやってきて、”会話が出来ない”ことから薬物中毒者と勘違いされ警察署に連行されてしまったのです。

その直後、後を追ってきたザヒードも警察署に向かい、軽いパニックを起こしているサムを気遣いながらも自分の体験談を交え「1回の失敗で諦めるな、誰でも挫折はするものだ」と、挑戦し続けることの大切さを優しく伝えました。

ザヒードの体験談とは、実は看護師になりたいという夢があったが高校の先生に負け犬扱いされ、将来性のない仕事をする運命だと言われたことが忘れられずに看護学校に申し込みすらできないでいること。

それを聞いたサムは、「負け犬扱いされた先生の年齢を考えたらもう死んでいる」と、ザヒードにアドバイスをしたのです。

サムの進路

サムは、肝心の進学先の決め方がわからずに困っていました。

周囲に聞いてみるもピンとこないため、元カノのペイジに言われるがまま同じ大学にしようと考えます。

そんなある日、進路相談の先生からサムの得意な絵を生かせる美大があるという話を聞き、美大への進学を考え始めました。

しかし、その大学は家から遠いこともあり、通うことになれば家を出て独立しなければなりません。

全てが新たな環境となることに恐れを感じたサムは、美大を諦めて地元の大学に進学することを決めたのです。

最終的な決め手となったのは、その大学には海洋生物と美術が学べるというサムの好きなものが揃ったコースがあったからでした。

家族に生まれた溝

エルサはバーテンダーのニックとの不倫が家族にバレてしまい、一時的に家を出ていくことになります。

家族を取り戻したいという一心から、これまで通り家のことを手伝おうとしますがダグは頑なに拒否。

ところが、ダグは仕事に加えて慣れない家事に追われついに過労で倒れてしまいました。

これを機に再び家に戻ってきたエルサですが、家族との関係はなかなか修復できずにいたのです。

特に夫であるダグが受けたショックは大きく、周りの者がエルサの不倫相手のニックに見えてしまうほどに追い詰められていきます。

早く関係を修復したいエルサと、どんどん症状が悪化していくダグ。

家族の絆を再び取り戻すことはできるのか?が、今後の注目ポイントです。

スポンサーリンク

【ユニークライフ】シーズン2の感想

前シーズンではサムの恋人探しに焦点を置いたストーリーでしたが、シーズン2では大学進学を控えたサムの自立についてフォーカスして描かれていました。

大学に向けて自立を始めて全て自分でこなそうとするサムでしたが、慣れないことや苦手なことに失敗することも。

そんな時は、無理せずに助けを求めて人を頼ってもいいということを学んだシーズンでもありました。

サムは、シーズン1に比べると格段に成長し、周囲への配慮もできるようになっています。

また、妹ケイシーを支える兄らしい姿や卒業式でペイジの代わりにスピーチを読む姿にはとても感動しました。

卒業式でペイジが声が枯れてスピーチができなくなってしまったのが、実はサムの卒業アルバムに悪口を書いた人物に向けて大声を張り上げて叱りつけていたからだった、と分かった時には涙が止まりませんでした。

人との繋がりや思いやりの大切さやを1番知ることができたシーズンで、【ユニークライフ】の中でとても好きなシーズンとなりました。

サムはどんな大学生活を送ることになるのか、シーズン3も楽しみです!