【瓔珞(エイラク)紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃】ネタバレ9話・10話 | Dramas Note

【瓔珞(エイラク)紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃】ネタバレ9話・10話

出典:www.amazon.co.jp


【瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~】ネタバレ感想9話・10話。

今回は、高貴妃vs瓔珞の対決が大きな見どころです。

さらに、瓔珞が傅恒に色仕掛け作戦を開始!?

瓔珞の殺意を恋ごころだと誤解する、傅恒の可愛さにも要注目です!

スポンサーリンク

【瓔珞(エイラク)紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃】ネタバレ9話

嫻妃が誰にもすがりたくない理由とは?

【瓔珞(エイラク)】あらすじ全話。キャストも総まとめ!
【瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~】あらすじ全話。本作は、2018年のグーグルで最も検索された超人気ドラマ!…

かん妃は、「陛下に弟の命乞いをしてほしい」と母親に頼まれるも断ります。

悪いことをしたのだからたとえ斬首になるとしても仕方がないと言うと、母は「斬首になったら自分も後を追う」と言い捨ててこの場を去りました。

その後、純妃がやってきます。

嫻妃の本心を察した純妃は、弟を助けたいのならば皇后に頼んではどうかと提案。

しかし嫻妃は、誰かに頼れば派閥争いに巻き込まれるから誰にもすがりたくないと拒むのです。

何より、陛下に仕える妃は私情を挟むべきではないし、自分の心に誠実でありたいと嫻妃は言いました。

高貴妃を論破する瓔珞

♦永和宮(愉貴人の住まい)♦

瓔珞は、皇后の使いとして懐妊中の貴人を見舞いに行きました。

部屋から誰かの苦しむ声が聞こえて覗いてみると、なんと、太監が愉貴人の首をしめて殺そうとしていたのです。

瓔珞は何とか愉貴人を助けますが、太監ともみ合いに……。

ここで殺されるわけにはいかない瓔珞は、花瓶を太監の頭にたたきつけたり、かんざしを太監の首に突き刺したりと必死にやり合います。

どうにか太監の気を失わせたところで、瓔珞は助けを呼びました。

ところが、現れたのは高貴妃で、瓔珞を見るなり「捕らえよ」と侍衛たちに命じます。

このままでは犯人に仕立て上げられてしまうと判断した瓔珞は、現場の部屋に戻って鍵をかけて立てこもり、火事ので助けを呼ぶことにしたのです。

高貴妃が扉を破って中に入るのとほぼ同時に、を見て駆けつけた傅恒ふこうが現れました。

高貴妃は案の定、「瓔珞が愉貴人を襲った犯人」だと主張。

瓔珞は、太監を起こして真相を聞くべきだと傅恒に訴えます。

傅恒が太監を目覚めさせて追及すると、太監は「皇后の命令で愉貴人を襲った」と自白しました。

ちょうどそこへ皇后が現れるも、太監は皇后の命令だったと主張を変えません。

皇后の罪は明白だ、という高貴妃。

それに対し瓔珞は、皇后が黒幕ならばなぜわざわざ自分を見舞いにこさせたのですかと反論します。

高貴妃は太監と瓔珞の共謀説をとなえますが、瓔珞はこれを論破。

太監に負わせた傷を見せ、太監と自分は共謀しているどころか太監にケガをさせて殺害の邪魔をしていると矛盾をついたのです。

高貴妃が反論できなくなったところで、今度は瓔珞が高貴妃を問いただしました。

「私は見舞い品を持参しましたが、高貴妃は何をお持ちに?」

大勢の太監を連れて手ぶらでやってきた高貴妃は、瓔珞の質問に黙り込みます。

そんな高貴妃に追い打ちをかけるように、皇后を犯人だと決めつけた無礼を謝罪するべきだと瓔珞は言いました。

高貴妃はその場では謝罪したものの、自分の宮に戻った途端に怒りを爆発させるのでした。

瓔珞の直感

阿満……瓔珞の姉が宮中で使っていた名前

瓔珞が長春宮に戻ると、傅恒がやってきて傷薬をくれました。

傅恒は女性の体を直視できないという理由から、彼女が傷口に薬を塗っている間ずっと目をそむけ続けます。

瓔珞は、傅恒の去り際に呼び止めて「阿満という名を知っていますか」と尋ねました。

知らないと返ってくるも、瓔珞は彼の表情から“本当は知っているようだ”と直感します。

その後、繍坊の張女官のもとを訪れた瓔珞は、やはり傅恒こそが姉の仇かもしれないと話すのでした。

スポンサーリンク

【瓔珞(エイラク)紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃】ネタバレ10話

乾隆帝と瓔珞

♦長春宮(皇后の住まい)♦

瓔珞が皇后にお茶を持っていくと、墨をすってほしいと皇后に頼まれました。

ますます気に入られた様子の瓔珞を見てイラつく名玉。

皇后に愉貴人の様子を聞かれた名玉は、事件後は精神不安定で陛下も見舞っていないようだと答えました。

それを聞いた皇后は、「愉貴人はドンゴ妃ではないものね……」と心を痛めた様子です。

ドンゴ妃とは、順治帝に寵愛された妃のこと。

ドンゴ妃を亡くしてからの順治帝の気落ちぶりは尋常ではなく、彼の純愛は後世で語り継がれているほど。

【皇貴妃の宮廷】(2015)というドラマにもなっています。

“順治帝の純愛”をうらやむ皇后と名玉に、瓔珞は別の見方もあると言って自分の見解を述べました。

順治帝はドンゴ妃の死後、失意のあまり30名に死を賜ったが、その者たちには家族がいたはずだ

また、順治帝が失意のあまり世を顧みなかったため、無情な皇帝が望まれるようになった

ちょうど現れた乾隆けんりゅう帝(陛下)は、祖先を侮辱したともとれる瓔珞の話に激怒し、万死に値すると言います。

即座に皇后がかばい、罰から逃れる瓔珞。

乾隆帝が“無情な皇帝を望む”ことの真意を問うと、瓔珞はこう答えました。

「陛下は政務に勤しんでおられ、そのあまりの忙しさから妃たちのところには足をお運びになりません。天下と民を思い、妃に無情なのが名君でありましょう」

瓔珞の声が霊柏(木)を傷つけた者と同じだと気づいた乾隆帝は、再び怒りがこみ上げるも皇后になだめられます。

乾隆帝は去り際に、皇后に免じて許しはするが、言葉うまみに策を弄したら首をとると瓔珞に忠告をしました。

殺意を恋ごころだと勘違い!?

傅恒を姉の仇だと思い込んでいる瓔珞は、転んだフリをして傅恒に抱きついたり、なにかとボディタッチをして彼を惑わせます。(色仕掛け作戦?)

そして、豚の膀胱で作ったという湯たんぽを傅恒に手渡しました。

さっそく湯たんぽで体を温めていると、友人の海蘭察ハイランチャが貸してくれと無理やり奪い、その拍子に豚の膀胱が破裂してしまいます。

豚の膀胱には熱湯が仕込まれていたらしく、海蘭察は火傷を……。

海蘭察は、火傷のことはともかく、膀胱の湯たんぽを作るのには最低でも2日は徹夜したはず、お前に好意があるに違いないと傅恒を冷やかしました。

その後 傅恒は、故意に火傷をさせるつもりだったのかを確かめるために瓔珞を呼び出します。

瓔珞の気配を感じた傅恒が振り向いた拍子にバランスを崩した2人は、抱き合う形になりそのまま転倒。

瓔珞は豚の膀胱についてはシラを切り通し、傅恒が去った後「悪運の強い男ね」と呟きました。

瓔珞のこの発言から、本当は故意に傅恒を火傷させるつもりだったと思われます。

高貴妃の圧

嫻妃は、牢で病にかかった弟のためにお金を工面するよう母親から頼まれました。

しかし、俸禄の大半はすでに家族に渡しているため手持ちのお金がありません。

嫻妃は仕方なく私物を売ることにしました。

太監に私物の装飾品などを手渡し、宮中の外で売ってもらう算段です。

それを聞きつけた高貴妃は、嫻妃が太監に私物を渡した瞬間の現場をおさえ、

「宮中のものを外に持ち出したり売ることは大罪だ」と嫻妃を咎めます。

宮中のものではなく私物です、それに弟のためにどうしてもお金が必要だったと許しを請う嫻妃。

本当に許してほしいならば態度で示せという高貴妃に、嫻妃は膝をついて懇願するのでした。

スポンサーリンク

【瓔珞(エイラク)】感想9話

今回は、嫻妃の清廉潔白な性格が際立つ回でした。

弟の命乞いをして陛下を困らせたくないという気持ちも分かりますが、それにしても家族が死ぬかもしれないというのに、「命は乞わない」とあそこまで頑なになれるのも凄い。

後宮という場所で、嫻妃がどこまで孤高な生き方を貫けるのかとても興味深いです。

そして今回の見どころは、やはり瓔珞が高貴妃を言い負かした一幕でしょう!

瓔珞を犯人に仕立てようとする高貴妃の矛盾をつきまくり、皇后を侮辱したことも謝らせるなんて、瓔珞の口の巧さは脱帽ものです。

瓔珞は繍坊を出てすっかり皇后の侍女となりましたが、いまも張女官と付き合いがある模様。

孤高に見える瓔珞にも、張女官のように頼れる人がいるようで安心しました。

スポンサーリンク

【瓔珞(エイラク)】感想10話

今回、本作で初めてロマンスっぽいシーンが描かれました!

と言っても、実のところ瓔珞は傅恒を殺そうとしているだけなのですが(笑)

傅恒は殺意に気づいているのかどうか分かりませんが、瓔珞のペースに飲み込まれていることは間違いない気がします。

また、瓔珞に嘘アプローチをされた時の、傅恒の反応のひとつひとつが純で可愛くもあります。

そのうち2人の関係は恋愛に発展していくのでしょうか。

初めは仇を討つつもりだったのに徐々に愛が芽生えてしまうという展開はとても面白そうです。

とはいえ、史実上の瓔珞は皇后となる人物なので、それを加味して考えると傅恒とは結ばれないのかも……?という気もします。

※次回11話・12話のネタバレ感想はこちらです。

【瓔珞(エイラク)紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃】ネタバレ11話・12話
【瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~】11話・12話。懐妊中の愉貴人を陥れたい嘉嬪は、あれこれと策を弄して愉貴…

記事内画像:公式サイト