『イノセンス 冤罪弁護士』1話 坂口健太郎がちょっと変わった弁護士役に。不思議な空気感がいいね! | Dramas Note

『イノセンス 冤罪弁護士』1話 坂口健太郎がちょっと変わった弁護士役に。不思議な空気感がいいね!

坂口健太郎主演のドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第1話が2019年1月19日に放送されました。

被疑者のイメージを作らず、納得いくまで自分で調査をする、ちょっと変わった若手弁護士役を演じて話題になっています。

今回は『イノセンス 冤罪弁護士』1話のあらすじや見どころを解説します。

スポンサーリンク

『イノセンス 冤罪弁護士』の作品概要

【放送】

2019年1月19日より毎週土曜日22:00~

【放送局】

日本テレビ

【キャスト】

坂口健太郎、川口春奈、趣里、小市慢太郎、正名僕蔵、杉本哲太、志賀廣太郎、市川実日子、草刈正雄、藤木直人。他

スポンサーリンク

第1話あらすじ

黒川拓(坂口健太郎)は、保駿堂法律事務所で刑事事件を担当する弁護士。

3年間で5件の事件で逆転無罪を勝ち取ったことがある敏腕弁護士ではあるものの、事務所の物置に住み着いているちょっと変わった人物です。

ある日、黒川のところに”自宅放火事件”の容疑で逮捕された阿蘇重雄(吉田栄作)の妻・恵美子(中島ひろこ)から依頼が入ります。

阿蘇家に借金があることから、保険金目当てで夫自らが放火したとされていましたが、恵美子は夫がそんなことをするはずはないと涙で訴えます。

黒川は、火災の際に重雄が自宅から持ち出した物の写真から、あるフィギュアに目を向けました。

それらは5年前に10歳で亡くなった息子・幸雄が大切にしていた形見であり、2体だけが持ち出せなかったと言います。

話もほどほどに聞いた黒川は、1か月前にとある理由から保駿堂法律事務所にやってきた和倉(川口春奈)と、阿蘇重雄に接見に行くのです。

スポンサーリンク

事件のポイント

今回の事件で、検察側と被疑者側の主張、黒川が気になったポイントをまとめてみます。

検察側の主張

・借金があったため自宅に放火して保険金を得た

・重雄が自供した

・2階の子供部屋が出火元であることから、重雄が子供部屋に火を放った。

・妻が検査入院の日を見計らって火を放ったから妻も計画を知っていたはず

被疑者側の主張

・自白しないと妻も逮捕すると自供を強要された。

・大切な息子の部屋に火を放つ訳がない

・そもそも放火はしていない

黒川が気になったポイント

・計画放火ならなぜ先に子供の形見を持ち出さなかったのか

・近所で噂の”幸雄の呪い”とは?

・不可思議な”木”はどこから?

これらは冤罪を証明する上で大切なポイントでした。

検察側は、燃え方について専門家から話をきき、1階から出火したのであれば1階と2階の間にある木の底の部分が(隙間がなければ)強く焼かれているはず、しかしこの場合は、上の部分の損傷が激しいことから2階部分からの出火に間違いないと言います。

「隙間なんて通常ないですから」と、見下したように自信満々にいう専門家。

そこで黒川は、物理学科准教授の肩書を持つ科学者・秋保恭一郎(藤木直人)に頼んで出火元を忠実に再現した実験を行ってみることにしました。

『イノセンス 冤罪弁護士』全話エピソード展開!最終回までネタバレ更新。
坂口健太郎主演によるリーガルドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』。 冤罪の犠牲者となった人々を救う...…

また、阿蘇家の近所では”幸雄の呪い”という噂が広まっており、興味を持った黒川はそちらも調べてみることに。

幸雄というのは、5年前に10歳で亡くなった重雄の息子で、心臓に先天性疾患を患っていました。

ところが、亡くなったのは自宅から200mほど離れた廃工場で、友人と花火をしている最中に引火し、ひとり逃げ遅れて焼死してしまったということ。

これにより、阿蘇家の火事も子供たちの間では”幸雄の呪い”といわれていることが判明します。

ただ、火事になっただけで”幸雄の呪い”といわれているわけではなく、夜になると勝手にテレビやストーブが勝手に付くという現象が廃工場付近にある家々で起こっていたことから、そう呼ばれるようになたとのことでした。

スポンサーリンク

黒川弁護士の魅力とは?

通常の弁護士は、与えられた資料すべてに必ず目を通します。

それは、犯人が容疑者がどんな人物なのかを知るためにも必要であると考えられているし、裁判を進めていく上でも必要なはず。

しかし今回、黒川弁護士が目を通したのは”被告が持ち出した物”だけでした。

なぜ彼は他の資料に目を向けなかったのか。

それは「資料を見てその人がどんな人物なのか、自分のなかで勝手ににイメージを作ってしまう」からということだったのです。

実際に接見し、相手の態度や話し方すべてを自分の目で確かめるのが黒川流のやり方でした。

また、現場を必ず見に行くのはもちろんのこと、黒川は幸雄が亡くなったという廃工場にまで目を向けます。

一見、何も繋がりがないように思える2つの事件。

まさか!という繋がりから黒川はこの事件が冤罪だと見抜いたのです。

他人が何と言おうと、納得するまでとことん追求する。

勝てそうですか?と聞かれても、「わかりません」としか言わず、他の弁護士からすれば不安要素ばかりで、特に和倉はヤキモキさせられっぱなしでした。

ただ、黒川弁護士のことをよくわかっている人たちからは信頼度も高いようです。

資料があるという前提で調査を行うのではなく、何の先入観ももたずに真っ新の状態から調査していくやり方に、なるほど!とうなずけました。

また、ちょっと変わってるけど柔らかい印象のある弁護士役として、坂口健太郎は適役ではないかと感じました。

スポンサーリンク

『イノセンス 冤罪弁護士』1話を観た感想

冒頭で、黒川弁護士についてのインタビューを受けるというシーンで、北村弁護士がゲスト出演していました。

演技に慣れないせいか、目が泳いでいて笑えます。

また、黒川弁護士は大人しい感じで、和倉弁護士は正反対という印象を受けました。

ハッキリとものを言うのも和倉弁護士のいいところではありますが、まだ決めてかかるというクセがありますね。

ただ、黒川弁護士から何をどう学んでいくのか、成長が楽しみな一面もありますね。

今回、あらすじには書いていませんが、杉本哲太が保駿堂法律事務所の所長・別府長治役で出演しており、黒川の父親で最高検察庁の次長検事という超お偉いさん役を草刈正雄が演じています。

父親は検察の最高幹部で、息子は敏腕弁護士。

法廷でいえば敵同士ですよね。

2人の空気感から察するに、何か曰く付きのような印象も……。

近年、リーガルドラマが流行っていて様々なスタイルで制作されていますが、本作は冤罪を晴らすのが中心なので、違った意味でスッキリ感を得られました。