【解憂(かいゆう)】17話・18話・19話・20話のネタバレ感想。翁帰が辺境行きに!? | Dramas Note
スポンサーリンク

【解憂(かいゆう)】17話・18話・19話・20話のネタバレ感想。翁帰が辺境行きに!?

解憂あらすじ全話とネタバレ感想キャストアジアドラマ
© Central Studio of News Reels Production

【解憂(かいゆう)~西域に嫁いだ姫君~】17話・18話・19話・20話のあらすじ。翁帰は辺境行きを志願し、都には2度と戻ってこないことを誓います。ところが、いざ辺境行きが決まりかけると、翁帰の体調が急変してしまい……。この記事ではネタバレ感想をお届けします。

「解憂(かいゆう)~西域に嫁いだ姫君~」オフィシャルサイト

© Central Studio of News Reels Production

全話一覧 前回の記事

スポンサーリンク

【解憂】17話のあらすじネタバレ

©︎ Central Studio of News Reels Production

解憂は長山の妹である阿伊臘あいろうに頼み、細君公主がよく足を運んでいたという洞窟へ連れていってもらいます。

そこで細君公主の侍女だった西女を見つけた解憂は宮中に連れ帰りました。

一方、静養中の翁帰おうきを訪ねた父親の大禄は、辺境行きは良い機会だったのになぜ無駄にしたと叱責します。

大禄は解憂との仲にも気づいており、女子のために前途を台無しにするなと忠告し、もしも背けば解憂の命はないと言い渡しました。

翁帰の知り合い女性から「翁帰が飲んだくれている」と聞いた解憂は心配になり、王の代理という名目で見舞いに行きました。

解憂が来たことに気づいた翁帰は、去ろうとする彼女の手を握り「そばにいてくれ」と頼みます。

一方で匈奴派の長山は、辺境を守る将軍を同じ派閥の者にすげ替えようと画策していました。

それを父親から聞いた翁帰は、自分が辺境将軍になると決意します。

スポンサーリンク

【解憂】17話の感想

解憂のこととなるとすぐに衝動的に動いてしまう淮天沙将軍ですが、今回しれっと「解憂」と名前呼び・・・・をしていたのには萌えました。

普段は従者として常にわきまわえている彼だからこそ、この名前呼びのギャップにやられます。

一方の解憂はかなり頻繁に翁帰を見舞っているようですが、もう少し控えたほうが良いのではないかと。

鳥孫国王(昆弥)はあまり顔には出しませんが、すでに嫉妬しはじめているように見えました。

そのうち翁帰との関係が火種になってしまいそうな予感……。

スポンサーリンク

【解憂】18話のあらすじネタバレ

©︎ Central Studio of News Reels Production

誰を辺境将軍に任命するかで悩んでいる鳥孫国王(昆弥こんび)は太后に相談をします。

すると太后は、匈奴派でも漢派でもない雲古特うんことく(昆弥の第一夫人)の弟にしたらどうかと助言しました。

そこへ解憂がやってくると、昆弥は「そなたは翁帰の看病で忙しいはずだろう」と嫌味をいいます。

解憂は翁帰を見舞っていたのは表向きで、実際は淮天沙わいてんさ将軍に翁帰の屋敷を警護させていたのだと取り繕い、昆弥にも見舞いを勧めました。

昆弥が翁帰を見舞いにいくと、翁帰は辺境へ行くと申し出ます。

ところが後日、翁帰の体調が急変してしまいました。

その知らせを受けた解憂は誰よりも早く翁帰の屋敷に飛んでいき、続いて昆弥と大禄も到着します。

長山に懐柔されている侍医の仙谷によれば、翁帰の飲んだ薬(金丛蓉きんじゅよう)に毒が含まれているとのことでした。

その薬を煎じた義妁ぎしゃく医官が太后からもらった薬だ」というと、昆弥は「太后に罪をなすりつける気か」と激怒して義妁を投獄します。

また大禄は、本来なら後継者だったはずの翁帰を妨害した昆弥と太后が、こたびも翁帰に毒を盛ったに違いないと暴言を吐き投獄されました。

その後、解憂が鍼を打ったことで翁帰の脈は戻ったものの、完全に回復したわけではありませんでした。

宮中に戻った解憂は、残っていた金丛蓉きんじゅようを口に入れてみると特におかしな点はありませんでしたが、同じものを口に入れた淮天沙だけが強い胸痛を感じます。

さらに詳しく調べるため、淮天沙は馮嫽ふうりょうに会いにいき「金丛蓉を入手できないか」と依頼しました。

スポンサーリンク

【解憂】18話の感想

淮天沙の「翁帰とは距離を置くべきだ」という助言は正しいのに、解憂に一喝されてしまい不憫でした。

それにしても、なぜ翁帰は急変したのか。

金丛蓉を飲んだことが原因だとしても、太后が賜ったものなのに長山がどうやって手を加えることができたのかが謎です。

長山はあまり聡明なイメージがありませんでしたが、意外と智謀に長けているのかもしれません。

スポンサーリンク

【解憂】19話のあらすじネタバレ

©︎ Central Studio of News Reels Production

*シーンが前後している部分があります。

淮天沙と馮嫽は、闇市の商人から金丛蓉(薬)に関する話を聞きます。

商人によれば、1人の男が金丛蓉を買い占めたとのことでした。

さらに詳しく話を聞いた淮天沙は、翁帰が飲んだ金丛蓉には“負傷者だけに効く毒”が仕込まれていたのだろうと推理します。

買い占めた男が、毒入りの金丛蓉を各国にばら撒く

その金丛蓉が太后の手に渡る

太后は毒入りだとは知らずに翁帰に賜る

服用した翁帰が急変

買い占めた男の特徴を聞くと、首の後ろにアザがあるとのことでした。

馮嫽はその男は長山だと淮天沙に教えました。

(馮嫽は長山に個人的な恨みがあるらしく、長山の首にアザがあることも知っているようです)

淮将軍は宮中に戻り、長山の仕業であろうことや金丛蓉に仕込まれていた毒について解憂に報告します。

解憂もすでに長山が犯人であることに気づいていましたが、確かな証拠をつかむまでは動くことはできません。

ともあれ、翁帰を治療するためには、毒の入っていない金丛蓉を探さなくてはいけませんでした。

ちょうど現れた阿伊臘は、兄の長山が燃やし尽くす前に確保しておいた金丛蓉があると言います。

それを飲んだ翁帰は目覚め、危機を脱しました。

鳥孫国王(昆弥)に謁見した解憂は、鍼と金丛蓉で翁帰が回復したことを報告し、投獄されている2人の命乞いをします。

しかし、取り合ってもらえなかったため「応じてくれるまで跪く」と宣言し、翌日になってもまだ跪いていました。

宮中を訪れた翁帰は跪くのをやめさせようとしましたが、解憂は「今ここでやめれば、翁帰が来たからやめたのだと怪しまれてしまう」と言って跪くのをやめませんでした。

その足で昆弥に謁見した翁帰は父親の大禄が暴言を吐いてしまったことを謝罪し、詫びのために父子5年分の税収を辺境の将軍たちに贈ると申し出ます。

結果、投獄されていた大禄と義妁医官は2人とも解放されました。

後日。

昆弥は臣下たちの前で辺境将軍の後任を発表しましたが、選ばれたのは翁帰ではなく雲古特の弟でした。

一方、長山に個人的な恨みがある馮嫽は、長山への復讐を果たすために宮中にとどまることにし、解憂の侍女にしてくれないかと頼みます。

スポンサーリンク

【解憂】19話の感想

あれだけの情報で真相にたどり着く淮天沙の推理が見事でした。

おそらく、長山のしたこと(負傷者だけ・・に効く毒を生薬に仕込む)はもともとは国のためで、外敵を排除するための策なのではないかと。

そう考えると、彼は悪役キャラではあるものの 私欲のためではなく国のために動いているのかもしれません。

その長山は、馮嫽に恨まれているようです。

馮嫽は以前にテントの外で長山の話を盗み聞きしていたことがありましたが、今思えば、あの盗み聞きは長山のことを探っていたのでしょう。

一方、解憂と翁帰はまだお互いのことを忘れられないようです。

引き裂かれてしまった状況は切なくはあるのですが、解憂が鳥孫国王に嫁いだ以上はもう翁帰との恋は応援しづらいのも事実。

2人が宮中で手を握り合ったシーンは、切なさよりも誰かに見られるのではないかとヒヤヒヤさせられました。

スポンサーリンク

【解憂】20話のあらすじネタバレ

©︎ Central Studio of News Reels Production

*一部のシーンが前後していています。

自由な心

解憂は翁帰よりも昆弥のほうが自由なのではないかと自分の考えを話します。

昆弥はそれを否定し「憎んでいる相手でも国のために寵愛しなくてはならないこともあれば、逆に愛する人を突き放すこともある」と、自由にできない己の心を打ち明けました。

その後。

解憂が外で散策をしていると、辺境行きが叶わなかった翁帰が現れて「こうなったのもまた運命だ」と言って彼女を抱きしめました。

秋の狩り

匈奴の君主から“秋の狩り”に招待された昆弥は、匈奴との勝負に勝って草原を取り戻すため、招待に応じることにしました。

その夜、昆弥は翁帰と話している席に解憂を呼びつけ隣に座らせます。

そして、かつて自分が翁帰に贈ったはずの短刀を、なぜ解憂が持っているのかと翁帰を問いただしました。

翁帰は「匈奴に襲われた際に護身用として解憂に渡した」と答えて切り抜けます。

昆弥一同は“秋の狩り”のために草原へ出かけました。両夫人の解憂と胡姑ここ、それから翁帰も同行しています。

合流した匈奴君主の提案により、両夫人は馬術を披露することになりました。

草原育ちの胡姑は自信満々でしたが、勝利したのは解憂でした。

勝負の後、解憂が散策をしていると翁帰に連れ去られ「落馬も恐れずに全力で戦ったのは昆弥のためか」と嫉妬されます。

翁帰は「他の男のために戦うな」と言うなり強引に口づけをしました。

解憂は一瞬だけ受け入れたものの体を引き剝がしてビンタをかまし、翁帰を置いてこの場を去ります。

一方で胡姑は、父親の匈奴君主から昆弥を殺すつもりだと聞かされます。

スポンサーリンク

【解憂】20話の感想

急に解憂が昆弥の世話をし始めたのは、翁帰との仲を疑われたからでしょうね。

ただ昆弥はそれすらも見抜いているのか、「会いに来たのは“解憂”としてか?」と聞いていました。

解憂が正直に「右夫人としてです」と答えたのは彼女らしいですし、何だかんだこの2人は“夫婦”としてうまくやっていけそうな気がします。

ただその後、解憂は翁帰に強引なキスをされてしまいました!!

翁帰からの一方的なキスだったとはいえ、解憂も一瞬は受け入れていたように見えます。

まさか、2人が一線を越えてしまうとは予想していなかったので驚かされました。

泥沼の恋愛模様は果たしてこの先どうなってしまうのか……まったく予想できません。