【慶余年】35話と36話のあらすじ。なぜ肖恩を逃がしたのか?ネタバレ考察 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【慶余年】35話と36話のあらすじ。なぜ肖恩を逃がしたのか?ネタバレ考察

アジアドラマ
©Tencent Pictures Culture Media Company Limited/©New Classics Television Entertainment Investment Co., Ltd.

Writer:kino

解説

【慶余年~麒麟児、現る~】35話と36話。范閑はあえて肖恩を逃がして再び捕らえます。そんな中、海棠朶朶が登場。さらに、上杉虎や燕小乙といった猛者たちも次々に現れ、カオスな状況に……。この記事ではネタバレ感想をお届けします。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【慶余年】35話のネタバレ解説

范閑は肖恩をあえて逃がして再び捕らえると、確実に殺せるという状況下を作り出しました。

(その状況下なら、殺されたくない肖恩が「秘密」を白状すると踏んだ?)

そこへ、海棠朶朶が登場。

彼女は師の苦荷から肖恩を殺せと命じられていましたが、「殺すのを譲るわ」と范閑に押しつけます。

しかし、もともと肖恩を殺す気などなかった范閑は、話をそらすかのように海棠朶朶に1対1の戦いを挑みました。

2人が戦いはじめると、燕小乙が現れ范閑の命を狙います。

さらに、郭保坤や上杉虎までもが到着しカオスな状況に……。

状況まとめ

海棠朶朶・・肖恩を殺しにきた。

上杉虎・・・義父の肖恩を救出しにきた。

燕小乙・・・長公主の命令で范閑を殺しに。

郭保坤・・・范閑を殺しにきたが傍観中。

乱戦が繰り広げられる中、それぞれが傷を負い、結局最後はほぼ全員が撤退します。

ところが、海棠朶朶だけが諦めなかったので、范閑は惚れ薬(に見せかけた薬)を使って海棠朶朶を追い払いました。

肖恩も北斉行きの馬車に戻り、なんとか事態は収拾がつきました。

そんななか、范閑は呆然としている郭保坤に声をかけます。

郭保坤の父親を助けるかわりに、燕小乙が襲ってきたことを証言してほしいと提案すると、郭保坤はそれに応じました。

再出発の間際。

燕小乙がふたたび現れて、弓矢で范閑の命を狙ってきました。

ちょうど范閑と話をしていた司理理は、それに気づいて身を挺してかばい深手を負います。

医術の心得がある范閑は、北斉行きの馬車のなかで司理理の手当てをしました。

ほどなくすると、海棠朶朶が馬車を阻んで解毒剤を要求してきたので、范閑は「使ったのは惚れ薬ではない」と教えます。

【慶余年】35話の感想と考察

アクション盛り盛りでとても面白い回でした。

猛者たちが次々と登場してカオスだったにもかかわらず、見ていて混乱しない作りになっているのが凄いです。

“農民風情の男たちが、実は強かった”というオチも見事。

范閑のアクションも、勢いがあってカッコ良かったです。

ストーリーの面で胸熱だったのは、郭保坤と范閑が和解したこと。

郭保坤は思慮は浅いけれど、父親のためになりふり構わず行動するような純粋な一面もあるキャラクターなので、ただのかませ犬で終わらなくて良かったです。

敵対していた相手が味方になるというような、少年漫画チックな展開に思わず胸が熱くなりました。

よく分からないのが、范閑はなぜ肖恩を逃がしたのか?ということ。

これは予想ですが、“肖恩を確実に殺せる状況下”を作り出して「母親との関係」を聞き出すことが目的だったのではないかと。

あの状況下であれば、殺されたくない肖恩が白状すると考えたのかもしれません。

もう1つの可能性は、院長の黒騎が助けにくるかどうかを確かめるため?

范閑の真意がどうであれ、今回のカオス展開はめちゃくちゃ面白かったです。

【慶余年】36話のネタバレ

范閑は海棠朶朶が皇太后一派だと推理し「協力しよう」と話を持ちかけました。

しかし、海棠朶朶は「肖恩を殺してみせる」と言って立ち去ります。

司理理の馬車に戻った范閑は、実は毒を盛っていたことを白状して解毒剤を渡しました。

北斉に到着すると、出迎えた沈重という男がやけに低姿勢な態度で范閑に接します。

しかし、へりくだっていたのは范閑の前だけで、肖恩が自分の手に渡るやいなや、肖恩の両足を折って檻まで引きずりました。

それを見て苦言を呈した侍女のことも始末した沈重は、范閑の極秘任務をすべて言い当て北斉の皇帝に会うよう促します。

夜になると、范閑一行が休んでいた野営テントに刺客(海棠朶朶)が現れ、肖恩を殺そうとするも失敗。

范閑は傍観していましたが、海棠朶朶がこちらに逃げてきたので自分の天幕に隠れさせました。

刺客を探しにきた沈重は天幕の中までは確かめなかったものの、なぜか居座ろとするので范閑は「肖恩を拷問しているようだが、何を聞き出そうとしてるんだ?」と探りを入れます。

すると沈重は、自分もよく分からないが皇帝や皇太后が肖恩から「ある秘密」を聞き出そうとしているのだと答えました。

かつては鑑査院長も、その秘密を知ろうとしていたのだと……。

沈重が去った後、范閑は郭保坤に「ある店」にいくよう指示をします。

翌朝。

一行が都に入ると、民衆が范閑をバッシングしながら野菜を投げつけてきました。

【慶余年】36話の感想と考察

沈重はずいぶんフレンドリーに接してきたかと思えば、平気で残酷なことをする二面性のある人物でした。

この男が范閑の敵になるのだとしたら、かなり手ごわそうです。

それにしても、みんなが肖恩から聞き出そうとしている「秘密」とは、もしかしたら葉軽眉に関することでしょうか。

肖恩がその秘密を何十年も黙秘し続けている理由も気になります。

これまでの肖恩の反応から推測するに、実は葉軽眉の味方寄りの人物なのでは?

もう1点 気になるのは、肖恩は以前に「不思議な力」を使って毒を排出していましたが、もしやあの力は「真気」でしょうか。

この世界に存在しないはずの真気を使っているのだとすれば、同じく真気を使える范閑と同類だということ??

考えれば考えるほど分からなくなってきますが、相変わらずストーリーが面白いです。

*次回37話と38話のネタバレ感想はこちら