【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2あらすじ感想 51話・52話 | Dramas Note

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2あらすじ感想 51話・52話

ポロスシーズン2

© One Life Studios Pvt. Ltd.

画像引用:https://www.hulu.jp/porus

【ポロス】シーズン2第51話・52話のネタバレ感想。

タクシラ軍を預かることになったプル。

しかし、パウラヴァに行くにはジェーラム川を渡らなくてはならず、その方法を見つけるのに苦戦中。


一方のハスティは、父リプダマンを殺した黒幕を知り……!?

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第51話ネタバレ

♠タクシラ♠

熊との戦いに勝ったプルは、やっとアンビ王に物申すチャンスを与えてもらいました。

「パウラヴァを攻めるために軍を貸して欲しい」

そう願い出るプルでしたが、アンビ王に断られてしまいます。

そこでプルは、アンビ王子を人質に取っていると言い、2つの選択肢を提示するのです。

①パウラヴァ侵略のために、タクシラの軍をプルに預ける

②アンビ王子の死

アンビ王は、息子が人質に取られていることを知り激昂するも、妻になだめられて落ち着きを取り戻します。

冷静になったアンビ王は、「軍を貸したとしても、ジェーラム川を渡るのは容易ではない」とプルに話しました。

続けて、こう話すアンビ王。

ジェーラム川があるせいで、パウラヴァを侵略できない

大軍がジェーラム川を渡るのは難しい

するとプルは「ジェーラム川は自分の庭だから、必ず渡る方法を見つけ出せる」と言いました。

見つけ出せなかった場合はアンビ王子を返すとも。

そこでようやく納得したアンビ王は、プルにタクシラ軍を預けることを了承するのです。

♠パウラヴァ♠

導師のお告げにより、カニシカ王子とバルシネの婚姻日が決まります。

一方で、ハスティと母プリタは、一刻も早くパウラヴァから出国するために、宮殿を足早に歩いていました。

すると、アヌスヤが現れてハスティたちの出国を止めようとします。

「出国の前に、リプダマンの死の真相を知るべきです」

真相よりも出国を優先しようとするプリタをよそ目に、アヌスヤは黒幕の正体を明かしました。

すべての黒幕はダレイオスであると。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第52話ネタバレ

プルの本当の目的とは?

♠タクシラ♠

プル、タクシラの大軍、アンビ王はジェーラム川の手前まで来ました。

アンビ王は改めて「大軍が渡るのは無理だ」と口にします。

プルは渡る方法を見つけると約束し、1人もくもくと木材を集めはじめました。

その木材を使って橋を作り、ジェーラム川の向こう側まで橋を架けるプル。

いざ兵士たちが橋を歩いてみるも、うまく渡れずみんな川に落ちてしまいます。

するとアンビ王は、「橋を架ける方法はすでに試した」と。

続けて、24時間以内に渡る方法を見つけなければ、プルとの契約(軍を貸す)はおしまいだと言うのでした。

♠ダスユ♠

人質のアンビ王子を見張るラチのもとに、プルからの手紙が届きました。

計画がうまくいっているとの文面を読みホッとするラチ。

アンビ王子に「プルの狙いが分からない」と聞かれたラチは、プルの本当の目的を教えます。

目的はインド統一だと。

パウラヴァとタクシラがいがみ合えばそれが国の弱点となり、異邦人につけこまれる。

ゆえにプルは、パウラヴァとタクシラをひとつにしようとしている。

♠パウラヴァ/秘密基地♠

ハスティは、「父リプダマンを殺した黒幕はダレイオスだ」とアヌスヤから聞かされました。

それが本当かどうか見極めるため、ダレイオスに仕えることにしたハスティ。

彼がペルシャの秘密基地へ行くと、ダレイオスが樽の中に兵士を忍ばせていました。

ハスティは、詳しい計画を知らされないまま「とにかくこの樽をパウラヴァに到着させろ」とダレイオスに命じられるのです。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第51話の感想

プルは、意外と早くアンビ王を説得できました!

ただ、人質を使って交渉するというやり方は、少しプルらしくなかった気もします。

また、シーズン2の51話にして、やっと地理的なことが分かってきました。

どうやら、パウラヴァを侵略するためには“ジェーラム川”を渡らなくてはならないとのこと。

アンビ王の口ぶりからすると、ジェーラム川を渡るのは簡単ではなさそう。

ということは、いずれアレクサンドロスがパウラヴァを攻めてきた時も、このジェーラム川が肝になるのではないかと予想しています。

一方のハスティは、命を助けてくれたアヌスヤに感謝の言葉を伝えていましたが、その言葉は本心のように見えました。

きっと彼は、父リプダマンの死の真相を知るためにパウラヴァに残るのではないかと思います。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第52話の感想

ジェーラム川を渡る方法についてですが、単純に船で渡ることはできないのでしょうか?

そのあたりの説明をもう少しして欲しかった気がします。

プルが木材の橋を架けていましたが、短時間で1人で橋を完成させるのは無理だろうとついツッコミを入れたくなりました。

しかも、橋を架け終わった後に「その方法はすでに試した」というアンビ王にも笑ってしまいました。

もっと早くに教えてあげて(笑)プル1人で頑張って作ったのに!

24時間のうちに渡る方法を見つけることになったプル。

一体どんな方法で渡るのか楽しみです。

一方のアンビ王子は、どうやらラチに惚れたようで彼女を見つめる目には熱がこもっていました。

ですが、ラチの心はプルから揺るがないと思うので、アンビ王子は切ない思いをすることになりそう。

※次回の53話・54話のネタバレ感想は以下になります。

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2あらすじ感想 53話・54話
【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第53話・54話。ジェーラム川を渡ることに成功したプル一行。まずはペルシャ人の拠…

パウラヴァ、タクシラ、ダスユ、ペルシャの全員が集結する日も近い!?