【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2あらすじ感想 61話・62話 | Dramas Note

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2あらすじ感想 61話・62話

ポロスシーズン2

© One Life Studios Pvt. Ltd.

画像引用:https://www.hulu.jp/porus

【ポロス】シーズン2第61話・62話。

シーズン2も終了間近となりました!

インド統一を提唱するプルの演説は必聴。

インドの王たちは、遺恨を捨てて手を取り合うことができるのか?


この記事では、ネタバレ感想のほかユーザーの反応もまとめています。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第61話ネタバレ

♠パウラヴァ宮殿内♠

ペルシャのバルシネ王女は、ラチとプリタとカディカ王妃を部屋に招いて「ここは安全です」と伝えます。

ラチは感謝を述べたあと、プルを助けるために部屋を後にしました。

バルシネは、プリタとカディカに部屋から出ないように言い、自身は大事な用があるからと部屋を出るのです。

♠パウラヴァ宮殿/外♠

ハスティは弟のプルを助け、これまでの行いを謝罪すると共にチャンスが欲しいと言いました。

すると、プルは「兄がいれば百人力だ」と言ってハスティと手を取り合うのです。

すぐ後にラチが到着。

ラチとプルは顔を合わせるなり微笑み合い、どちらが敵を多く倒せるか勝負しようと軽口モード。

その後、プルと離れたラチは武器を落としてしまい、敵にとどめを刺されそうに……。

その時、ダスユの王妃(ラチの母)たちが現れました!

王妃に助けられたラチは、ダスユの加勢を喜び「共に戦いましょう!」と意気ごみますが王妃に止められてしまいます。

王妃たちがここに来たのは参戦するためではなく、娘のラチを連れ戻すためだったのです。

その頃、アンビ王と戦うバムニ王は、ピンチに陥り斬られそうに……。

そこにプルが現れてバムニをかばいますが、邪魔だとばかりにアンビに体を押され倒れ込みました。

その拍子に、プルは見えたのです。

何もせず、ただ戦いを見ているだけのダレイオスを……。

“このまま同胞が争ったところで、ダレイオスが利を得るだけ”と気づくプル。

実際にダレイオスは、インド人たちが戦うのを見て漁夫の利を狙っていました。

そのことに気づいたプルは、皆の注目をひくために柱の頂上にのぼり、そして声を挙げました。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第62話ネタバレ

♠パウラヴァ宮殿/外♠

柱の頂上に登ったプルは皆の注意をひきつけ、演説を始めます。

「我々が今していることは同胞どうしの争いであり、自分たちの首を絞める愚かな行為だ。利を得るのはダレイオスのみ」

続けてプルは、バムニ王、アンビ王、ダスユ王妃に向かって挑発するのです。

「どうぞ、戦いを再開してください。ダレイオスの(漁夫の利の)願いを叶えてあげましょう」と。

一方のダレイオスは、手を組んでいるアンビ王に「演説に聞き入っている場合ではなく、遺恨を晴らすべきだ」とけしかけます。

巨大な帝国は、屍の上に築かれるものだとも。

対するプルは「国は愛と敬意の上に築かれる」と反論し、まだ動かぬ王たちにインドが団結をするべき時だと主張します。

「我々インド人は、客として来たを歓迎する。

聖人を装っていたとしても追い払うことはない。それは異邦人を尊重しているからだ。

しかしどうです、自国の民には愛も敬意も持たないのですか。

見て下さい、同胞たちのこの多くの亡骸を……。

我々は、法も文化も価値観も同じではありませんか」

プルはひと息でそこまで言うと、高らかに叫びました。

「共にペルシャを駆逐しよう!インドに勝利を!」

プルの言葉に、1番初めに賛同したのはバムニ王でした。

次にアンビ王子が賛同し、インド統一のためにプルと一緒に戦うことを宣言するのです。

スポンサーリンク

ユーザーの反応

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第61話の感想

ついに、メインキャストたちが集結しました!

パウラヴァ、タクシラ、ダスユというインド勢の3国が集まるだけでも胸熱ですが、ペルシャのダレイオスも居るので本当に豪華。

プルは、ダレイオスが漁夫の利を狙っていることに気づいたので、次回は同胞どうしの戦いを止めるのだろうと思います。

あとは、3国の王たちを説得できるかどうか、3国が力を合わせられるかどうか。

それが、シーズン2の最後の見どころになると思われます。

それにしても、プルとラチはまーた戦のど真ん中で軽口を言いあっていました。

どんな状況でも、プルとラチのラブシーンが始まると敵の時が止まるようです(笑)

また、プルとハスティのやりとりにホロリ……。

今まで2人の溝が深すぎただけに、兄弟の絆を取り戻した2人の姿は胸にくるものがあります。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第62話の感想

今回の62話はほとんどがプルの演説でしたが、すっかり聞き入ってしまいました。

バムニ王がプルに賛同するのは想定内でしたが、まさかアンビ王子もプルを支持してくれるとは!

若い世代の人たちが国を担おうとする勇士は、やはり見ていて胸が熱くなります。

予告を見ると、インドのキャストたちが手を取り合っていて、その中にはアンビ王もいました。

きっと、アンビ王子がアンビ王を説得するのでしょう。

でもこのままだと、シーズン2はとてもいいところ(インドが団結したところ)で終わってしまいそう!

できれば、シーズン2のうちにダレイオスがどうなるのかを見届けたいです。

※次回63話・64話のネタバレ感想はこちら。

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第63話・最終話(64話)
【ポロス】シーズン2第63話・最終回(64話)のネタバレ感想。ついに、シーズン2が終了してしまいました!敵は追放、身内は…

次回はついに、シーズン2最終回です!