『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』1話見どころと感想。竹内結子&水川あさみの最強弁護士タッグが爽快! | Dramas Note

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』1話見どころと感想。竹内結子&水川あさみの最強弁護士タッグが爽快!

2019年1月10日(木)に放送されたドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』。ドラマ6年ぶりの出演となる竹内結子主演で、水川あさみや斉藤由貴、中川大志、バカリズムが脇を固めています。今回はドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』1話の見どころを紹介します。

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』

スポンサーリンク

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』の作品概要

【放送】

2019年1月10日(木)夜10時~

【制作】

フジテレビ

【脚本】

倉光泰子、三浦駿斗

【キャスト】

竹内結子、水川あさみ、中川大志、斉藤由貴、バカリズム、泉里香、他。

【主題歌】

YUKI「やたらとシンクロニシティ」

【オープニングテーマ】

milet「inside you」

スポンサーリンク

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』1話あらすじ

氷見江(竹内結子)がリーダーを務める鈴木法律事務所・危機管理部に、ミナトテレビのディレクター深川(宇野祥平)から依頼が来ました。

国民的アイドルグループ”FOREST/フォレスト”のリーダー・白石杏里(馬場ふみか)が、途中で歌うのをやめた赤江桃子(中村ゆりか)を、冠番組内で突き飛ばしたのが原因でSNSが炎上。

局にはファンから大量のクレームが届き、フォレストに解散説や不仲説が浮上しました。

この事態を収拾させるため、12時間後に予定されている収録で謝罪会見を開こうと思った深川は、氷見らに協力を求めてきたのです。

スポンサーリンク

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』の見どころ

竹内結子6年ぶりの主演に期待!

主演の竹内結子が『ストロベリー・ナイト』依頼、6年ぶりの出演となるようで見逃せないドラマのひとつです。

役どころは弁護士という事ですが、法廷で争うなど気難しい内容ではなく、政治家や芸能界などのスキャンダルを専門に危機管理を扱っていくというもの。

相手が欲しがっている情報を元に情報を得たり、握っているネタで(?)脅迫したりと、かなりアバウトな弁護士です。

氷見江の上司や同僚も、それぞれ個性的なキャラクターばかりで見ごたえたっぷりで、彼らの面白いやり取りも見どころのひとつです。

基本は寄り添う弁護士、悪には笑顔で容赦なし!

今回は、アイドルグループのトラブルを任された氷見たち。

ただ、トラブルを回避するというのではなく、人に寄り添って回避していくという温かみのある弁護士たちでした。

ただ悪に対しては屈せず、今回の内容でいえば「彼女たちの解散を認めれば、万博の件は公表されませんよね」など、そうせざるを得ない方向に穏便に事態を収拾していきます。

冒頭では、政治家の息子がセクハラしたという出来事が起きました。

氷見は、その政治家に「息子さん、セクハラしたって噂になってますよ~」と近づきます。

政治家は「息子と自分は関係ないから公表すればいい」というものの、氷見は「テレビで見てないんですか~?子供のしでかしたことは親の責任。そうなれば、政治家生命も終わりですよね」なんて、笑顔で脅迫していました。

人に寄り添う弁護士ではあるものの、考え方や行動は至って冷静というのも魅力です。

スポンサーリンク

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』の視聴率

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』は、毎週木曜日の夜10時から放送されています。

初回視聴率は、9.3%と好発進!

”スキャンダル”と”弁護士”というタイトルタッグも魅力的ですよね。

秋ドラマの『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』も影響しているのかもしれませんが、どちらの作品も個性的で見どころ満載です。